Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「NATOがヨーロッパで行ってきたこと、それは民間人の命を無視するということ」

Photo 出典元 © AFP 2022 / DOD

ロシア時間03月24日08時00分 RIAノーボスチ
by アンドレイ・コッツ
Andrey Kots

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。

2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

日本語解説:WAU

「NATOがヨーロッパで行ってきたこと、それは民間人の命を無視するということ」

「23年前、NATOはユーゴスラビアへの空爆を開始した。その後、何千人もの民間人が殺され、都市が破壊され、インフラが破壊され、国が荒廃した。

アメリカとその同盟国は78日間の空爆作戦で弾薬を惜しまず、軍事・民間の両方のターゲットを攻撃し、大規模な人道的危機を引き起こした。

多くの人が家、仕事、生活を失った。」

と、この記事の執筆者、アンドレイ・コッツ氏は言い、以下にその非情さの詳細を語りました。

民間人も攻撃の対象

「当時、NATOの作戦は、コソボ・メトヒヤ自治州に範囲を限定していたが、徐々に国土全体に広げていった。

ベルギー政府では、ユーゴスラビア軍の破壊と戦意喪失が目的であることを隠すことはなかった。

攻撃機を中心に650機近くがNATO同盟12カ国の59基地に集中した。甲板機は、米仏の航空母艦USSエンタープライズフォッシュをベースにしたものである。

ベオグラードプリシュティナノビサドクラグジェバツパンセボポドゴリツァなどの都市が大規模な攻撃にさらされた。

NATOの戦略家たちは、あからさまなテロ行為である住宅地爆撃の道を選んだ。

NATOは、何百人もの民間人の死を、『巻き添え被害』と呼び、この軍事行動は人道法に違反しないとあっけらかんと宣言した。


写真は、1999年5月、ユーゴスラビアのノビサドでNATOの空爆により破壊された橋 © AP Photo / Darko Vojinovic

Photo 出典元

パンチェヴォ地区では、窒素工場、石油精製所、石油化学コンビナートが被災し、有害な化学物質や化合物が大気、水、土壌に放出されました。

爆発したタンクから出た油はドナウ川にあふれ、スカダル湖とアドリア海を汚染した。

当時、セルビアのレポスラバ・ミリチェビッチ保健相は、

『ヒトラーでさえセルビアの化学工場を爆撃したことはない』

と発言している。

NATO軍は、強力な劣化ウラン弾という放射性兵器を使うことをためらわなかった。特にコソボは大きな打撃を受けた。

このような砲弾によって破壊された都市の痕跡を現在に至るまで見ることができるように、各自治体も撤去しないし、放射能から領土を守るための複雑な一掃作業を語る必要はないのです。

一方、そこではがんの発生率が上昇しており、1990年代後半に生まれた人たちの間で多くのがんが診断されています。」

戦争の原因

1999年3月24日から6月10日の間に、400人近い子どもを含む1700人以上の民間人が殺害されたのです。

負傷者は1万人以上。100万人が水を失い、50万人が失業し、数万人が住居を失った。

この砲撃により、89の工場とプラント、128のその他の産業とサービス施設、120の電力工学施設、14の飛行場、48の病院、118のラジオとテレビの翻訳機、82の橋、61の道路接合部とトンネル、25の郵便局と電信、70の学校、18の幼稚園、9の大学学部と4つの寮、35の教会と29の修道院が破壊または被害を受けました。


写真は、1999年、NATOによるベオグラード空爆 © AP Photo / Dimitri Messinis

Photo 出典元

欧米諸国は、1998年2月にコソボ・アルバニア人が起こした事実上の分離独立のための反乱であるコソボ戦争への介入を行いました。

1999年1月、NATO同盟国のユーゴスラビア政府はコソボのレチャック村を急襲し、45人の武装勢力を殺害したが、EU委員会は即座に実行犯を民間人によるものだと発表しました。

レッチャク事件は、NATOの詭弁のようなものだった。アメリカの最後通告は、セルビア政府に対し、係争中の州をアルバニア人に譲渡し、流血を止めるよう要求しました。

当時、セルビアのミロシェビッチ大統領はこれを拒否し、ベルギー政府はコソボを武力で引き剥がすことを決定した。

注目すべきは、国連は軍隊の使用することを許可してなく、国際法上、西側諸国による軍事作戦は違法であったのです。

しかし、アナン国連事務総長は、なんと、

『武力行使が正当化されることもある』

と外交的に述べるにとどめ、やむを得ず受け入れざるを得なかったのです。」

国際的な対応

ユーゴスラビアの空爆は、ロシアと西側諸国、特にアメリカとの関係を急激に冷え込ませることになった。

1999年3月24日、エフゲニー・プリマコフ首相は、ワシントンを訪問する途中で、飛行機を大西洋に向け旋回させ、モスクワに戻りました。

『これは、現時点で、この訪問によって、自分が攻撃性を助長する必要がないと考えている男性にとって、完全に正常な行動です。私は、普通の総理大臣が果たすべき機能を果たしただけです。今日、私たちは正しい行動を取ったとしっかりと言えると思います』

と後に説明しました。

同日、ロシア政府は国連安全保障理事会に対し、

『ユーゴスラビア連邦共和国に対する武力行使の即時停止』

を要求するロシア、ベラルーシ、インドの共同決議案を提出した。

しかし、安保理15カ国のうち、賛成したのは提案国の3カ国のみであった。

その他西側諸国全体が反対した。


写真は、1999年3月29日、ペク市からの避難民がモンテネグロの国境に向かって移動している様子© AP Photo / Stringer

Photo 出典元

爆弾投下20周年に発表されたロシア外務省の公式発表には、

『結果に対する責任の重さは、ユーゴスラビアへの侵略に参加した同盟とその加盟国の指導者にある』

『この恥ずべき汚点は、NATOの名声に永遠に残るだろう。同盟に地域諸国が引きずり込まれ、バルカン半島の分断線と社会の矛盾が深まることによっても、それは洗い流されることはないだろう。

NATOにはこのような行動を正当化する理由はなく、国連憲章ヘルシンキ最終文書に記された国際法の基本原則や、加盟国の国際的義務に著しく違反している』

と書かれている。

セルビア政府を支持した数少ない政治家の一人が、リビアのムアンマル・カダフィである。

カダフィー氏は、2009年の国連総会で、爆弾投下と、それ以前のグレナダパナマへの米国の侵攻を強く非難しました。

セルビア人は、2011年の第一次リビア内戦の際、NATOのリビア介入と自分たちの悲惨な経験との類似性を指摘し、リビア政権と連帯していました。」

====

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシア側のニュースソースを全面的に解説しています。

以上。

スポンサー広告
自家焙煎珈琲所【Croaster Select coffee】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてください。

下のコメント欄から、お気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。