ABOUT WAU MEDIA

WAU MEDIAについて

正式サイト名:Will As Upswing Media(ウィル・アズ・アップスイング・メディア)
サイトURL:https://willasupswing.com/
サイト運営者:三尾谷 駿(みおや しゅん)

WAU MEDIAは、「あなたの知るべきニュースでは?」と称して、世界から保守派から発信される最新のニュースを「日本語解説」を付けて毎日更新しています。

2020年以降、世界が急激に変化しています。あなたの普段の生活にも、今までに経験したことがない「ポリティカル」な動きが実感できる人は少なくないと思います。

このサイトは、現在、世界的に「言論統制」が行われていることに対し、「言論の自由を奨励し、世界で繰り広げられている活発な議論を積極的に知ることによって、あなたの生活の中で何かのアクションを起こす」ことをサポートするために立ち上げました。

ネーミング

「WAU」は、Will As Upswing(ウィル・アズ・アップスイング)の略語です。Will(意志) As Upswing(上向き)=「上向きの意志」。因みに、ポーカーゲームでは、 Upswing (アップスイング)という用語は、特定の期間に平均以上に勝つことを意味します。

サイトコンテンツ

本サイトでは、主にアメリカの「保守派=自国の文化、経済、国防などについて、国と国民が繁栄するための思想を兼ね備えてる」媒体から発信されている「生の情報」を、日本語の解説をつけて毎日更新しています。

なぜ、アメリカの保守派の発信する情報をわざわざ日本語解説で発信する必要があるのか?

そう感じる方はこの先もお読みください。

事実、日本は良くも悪くも総合的にアメリカの影響下にあります。「アメリカがくしゃみしたら日本が風邪を惹く」とよく言われましたが、未だにその構造は変わっていないと思います(最近は中国にもかなり依存していますが・・・)。

いわゆる「新自由主義」や「グローバリズム」、最近は世界中で「全体主義」なる言葉が危険視されています。「そんなの知らねーよ!」と感じる人もいるでしょう。でも、事実そうなんです。

かつての「自由の国アメリカ」は、バイデン政権になって以来、刻々と「社会主義化するアメリカ」に入れ替わっています。もうこのページをご覧になっている方ならご存じでしょうが、今や日本でもビッグテック企業による「言論統制」は酷いものです。彼らの気に入らない言論は「バンされる」のです。

今までにそんなことありましたか?

始まりは2020年のアメリカ大統領選挙の年です。ご存じのように、アメリカではトランプの言論をほとんど全てのSNSが永久にBANし、その行為を批判する人のアカウントも次々にBANされましたが、なぜか左翼系のアカウントは何を言ってもBANされませんでした。

翌年2021年には日本や欧州など含め、ほぼ世界的に「BAN祭り」なる現象が広がりました。

日本の政治系Youtuberは、YoutubeからのBANを警戒し、ニコニコ動画有料チャンネルで言いたいことを言うこと事が、今では普通になりました。

まさにアメリカ発祥の「言論統制」が世界に行き渡ったのです。

なぜこんなことが起きたのでしょうか?

誰がそれを起こしてるのでしょうか?

DSと呼ばれる人たちを動かしている世界の金融家たちでしょうか?

それとも誰かの陰謀ではなく自然な流れでそうなってるのでしょうか?

私には分かりませんが、今、間違った世界に進んでいる動きを止めるために戦っているのが、アメリカの保守派を中心とした、世界中の保守派と中道派なのかもしれません。

そんな中、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、2021年10月11日の演説で、「極左思想」が欧米諸国に社会問題を引き起こしているとして、「1917年のロシア革命時に起きたことと変わらない」と非難しました。

この事実は、アメリカの保守派(共和党支持)メディアがこぞって記事にし、プーチン氏の見識を評価しています。

つまり、かつてロシア革命によって「共産主義国」になった「ソビエト」から、「連邦共和制国家」に生まれ変わった現在のロシア大統領は、革命当時に起きた忌々しい悪行を、今欧米で起こっている社会現象と同じことであると世界に発信し、それは人類に対する犯罪に近いものであると主張したのです。

このニュースは、日本のマスコミはほとんど報じていません。

何故でしょうか?

日本は今でもアメリカ(民主党)の言いなりになっているからではないでしょうか。

彼ら民主党のアメリカを動かしている人は、ロシアをいつまでも悪者にしておきたいのかもしれません。

世界で起こっている紛争は、普段私たちが触れているマスコミの情報とは事実は違うかもしれません。

私は20年ほどアメリカに住んでいましたから言えますが、「アメリカは日本が今と言う時に、日本の期待通りに決して動かない」でしょう。

日本はバカ正直にアメリカを信じてはいけません。

百歩譲ってアメリカが期待通りに動いてくれるとしても、日本を他国頼みにしては絶対にいけません。

アメリカの大学では、日本を利用する価値をシビアに学生に学ばせています。

このまま日本が経済的に衰退を続ければ、間違いなく他国に良いようにされるだけです。

日本を守りたいと思う人は、このサイトでアメリカの苦悩や弱みや分裂を学んでください。

そして、アメリカを逆に利用して日本をしっかり守る方法を考えて行動に移してください。

このサイトは、動画ではなく敢えてサイト上にテキスト・画像・動画・リンクページなどを表示することに拘ったのは、動画は「概略」だけ素早く手にするには便利ですが、ほとんどの場合、「正確な情報」としての「知識ストック」ができないからです。

「詳しくは今月出るこの本を買ってください」とかにするほど、今は呑気な事を言ってる時代ではないと思うのです。

我々日本人にとって「とても重要なヒント」が世界中で起こっています。

日本が再び輝いて世界をリードすることが、我々日本人なら可能なのです。

運営者

名前:三尾谷 駿(みおや しゅん)
福岡県生まれ。1980年代後半に渡米。ビジネススクール卒業後、旅行~運輸関係での経験を得て、IT業界に起業。2000年代後半に帰国。その後、開発、コンサルティング、執筆活動に携わっています。