デイリーワイヤー

デイリーワイヤー・ニュース「カナダ発フリーダムコンボイの抗議者に対して、トルドー首相の常軌を逸したナチス的『中傷キャンペーン』をユダヤ人専門家と教授が非難」

写真は、2月16日、議会審議中のカナダの首相ジャスティン・トルドー氏、ユダヤ人議員をナチス支持で非難

Photo 出典元

米国時間02月19日DailyWire.com
「デイリーワイヤー紙は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」

by ティム・ピアース
Tim Pearce

日本語解説:WAU

「カナダ発フリーダムコンボイの抗議者に対して、トルドー首相の常軌を逸したナチス的『中傷キャンペーン』をユダヤ人専門家と教授が非難」

ティム・ピアース氏の記事によると、イスラエルの研究者や医師のグループが、カナダのジャスティン・トルドー首相がオタワで抗議活動を行っているグループを何度もナチスと比較したことを非難したと報告しています。

約20人の教授や専門家が18日金曜に首相に手紙を書き、抗議者やカナダの野党保守党のメンバーに対する首相の発言を非難しました。

また、今回の抗議活動を受けて、コロナの規制を緩和することを拒否したトルドー首相を非難しています。

書簡にはこう書かれています。

「新型コロナのパンデミックが発生して以来、他の多くの国と同様に、カナダ人もロックダウン、強制隔離、マスク着用義務、学校閉鎖、そして最近ではワクチン接種義務など、基本的な自由に対して強硬な制限を課せられています。

世界中の多くの指導者たちは、このような措置が、ほとんど、あるいは全く利益をもたらさず、莫大な損害をもたらすことを認識し始めています。しかし、その一方で、証拠を否定し、国家の生活と基本的な自由に与えるダメージを悪化させて、以前の立場に固執する人もいます。

この数週間、私たちは、これらの措置に対してカナダで行われた『フリーダム・コンボイ2022」という抗議活動のニュースを注視してきました。私たちは、抗議者との建設的な対話の代わりに、あなたが抗議者を『ナチスのシンパ』、『人種差別主義者』、『反ユダヤ主義者』とする中傷キャンペーンを採用したことを、強い懸念を持って診てました。

最後の事件は、2月16日、保守党のユダヤ人メンバーが 『鉤十字を身につけた人々と一緒に立っていた』とあなたが主張したことです。

ユダヤ系イスラエル人の医学者、医師、研究者、法学者からなる非政治的なグループである私たちは、ホロコースト生存者の2世、3世もいますが、フリーダムコンボイ2022の抗議者をナチス思想支持者として汚名を着せようとするあなたの試みに深い懸念を抱いています。

反ユダヤ主義との重要な戦いが、少し前まで世界で最も自由な国の一つであった国に、基本的な自由を取り戻すことを目的とした正当な市民の抗議活動に武器を使って向けられるべきではありません」

16日水曜、トルドー首相は、ユダヤ人である保守党議員メリッサ・ランツマン氏の批判に答えながら、保守党員が「鉤十字を振る人々と一緒に立っている」と非難しました。

議会映像動画(YouTube)ジャスティン・トルドー氏、ユダヤ人議員をナチス支持で非難
1,327,239 回目の視聴2022/02/1↓

「議長、保守党員は鉤十字を振っている人たちと一緒に立つことができます。南部連合旗を振っている人たちと一緒に立つこともできます。私たちは、仕事や生活を取り戻すことに価値のあるカナダ人の側に立つことを選びます」

と、トルドー首相が2015年に「政府はカナダ人を信頼する必要がある」と発言したことについてランツマン氏の質問に答えた後、

「このような違法な抗議活動はやめる必要があります」

とトルドー首相は述べました。

メリッサ・ランツマン氏

メリッサ・ランツマン議員は、広報担当役員であり、カナダ下院のソーンヒル議会議員を務めています。カナダ保守党の議員で、2021年のカナダ連邦選挙で当選しました。 保守党の議員に選出されたLGBTQの女性およびユダヤ人女性としては史上初です。

Photo 出典元

ランツマン氏はその後、トルドー氏に次のように謝罪を要求しました。

「首相は、ユダヤ人議員を特別視し、私が鉤十字を持って立っていると誤って非難する前に、自分の歴史についてじっくりと考えるべきだと思います。公職者としてあるまじき不名誉な発言であり、彼は私に謝罪する義務があります」

とツイッターに投稿しています。

以上。

スポンサー広告
モニター実感度90%以上!【CELLA】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。