デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「ニューヨーク市、ワクチン義務化で警察と消防の30%が失われる可能性」

Photo 出典元Craig Warga/Bloomberg via Getty Images

米国時間10月28日Daily Wire News
「デイリーワイヤー誌は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」

by エミリー・ザノッティ
Emily Zanotti
コミュニケーションとジャーナリズムの分野で15年の経験を持つベテランです。

日本語解説:WAU

ニューヨーク市、ワクチン義務化で警察と消防の30%が失われる可能性

ニューヨーク市は、コロナワクチンの接種を少なくとも1回も受けていない場合、警官と消防士を無給休暇にするという義務化をめぐり、10月29日以降、警察官と消防士の最大で30%を失う可能性があります。

ニューヨーク・タイムズ紙が先週報じたところによると、ニューヨーク市は、かつてパンデミックの震源地であったため、ワクチン接種率を高めるために、これまでで最も積極的な措置を取り、全米最大の自治体職員のほぼ全員に、今月末までにワクチンを接種しなければ給与を失うことを要求したとのことです。

ビル・デ・ブラシオ市長によるこの新たな命令は、予防接種の急増につながった教師や医療従事者に対する同様の要求に続いて、これまで予防接種を受けることを躊躇してきた何千人もの市職員に、冬になる前に予防接種を受けるよう説得することを目的としていますと、同紙は指摘しています。

ビル・デ・ブラシオ市長

Photo 出典元

クオーツ社の試算によると、その中には「ニューヨーク市警(NYPD)の職員6,500人、つまり全職員36,000人と一般市民19,000人の約30%が、これまで予防接種を拒否している」とのことです。

ニューヨーク市の消防組合は水曜日、同市の消防署、911発信者、救急医療技術者についても同様の割合になる可能性があると警告しました。

労働組合の反対を押し切ってこのような義務化を行った最初の自治体の一つであるシカゴでは、同様の辞職が発生することを覚悟していましたが、ワクチン接種状況を市当局に報告しなかったために21人の警官が無給休暇になっただけでした。

AP通信によると、シカゴでは、警察官の約67%がワクチン接種状況を入力し、約80%が少なくとも1回の接種を受けていたと指摘しています。

ニューヨークでは、他の都市よりも一歩進んで、10月29日までにワクチンを接種した人に500ドルの「ワクチン・ボーナス」を追加で給料を支払うようにしています。

しかし、ニューヨーク市警察組合は、市のワクチン命令の施行を止めようとしており、義務化以前の「接種 または 検査」の方針は、公共の安全を守るために適切であったとしています。

新しい方針では、医学的または宗教的理由で免除を求める可能性のある警官が必要な書類を入手するための十分な時間を提供していないことを指摘し、市のワクチン命令の施行を差し止めるよう提訴しています。

「ニューヨーク市の警察官は、コロナの主要な感染源ではありません。そして警察官のほぼ3分の1は感染したことがあるため、すでに免疫を持っています。警察官が突然、公衆衛生上のリスクになったわけではない」と訴訟内容を説明しています。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です