デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「フランスが在宅勤務制度を導入、オミクロンをめぐる欧州の市民と政府の攻防が激化」

Photo 出典元 Alain Pitton/NurPhoto/Contributor via Getty Images

米国時間12月29日 DailyWire.com
「デイリーワイヤー紙は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」

by ベン・ツァイスロフト
Ben Zeisloft
ベン・ゼイスロフトはペンシルバニア大学ウォートンスクールの学部生で、ビジネス経済と公共政策を専攻している。言論の自由を追求する独立系新聞「The UPenn Statesman」の編集長であり、学生主体のキリスト教雑誌「Penn Epistle」の編集者でもあります。ベンは、Campus Reformの上級特派員です。過去の作品はSpectator USAにも掲載されています。

日本語解説:WAU

「フランスが在宅勤務制度を導入、オミクロンをめぐる欧州の市民と政府の攻防が激化」

ベン・ツァイスロフト氏の記事によると、コロナの亜種である「オミクロン」が広がり続けていることを受けて、フランス当局は在宅勤務の義務化を再導入したと伝えています。

この動きは、他のヨーロッパ諸国が各都市にロックダウンやワクチン義務化を課していることを受けたものだと言います。

インサイダー情報によると、

フランス政府は、オミクロン変異株が世界中でコロナウイルスの感染を急増させていることから、自宅で仕事ができるすべての国民に、1月に週3日の勤務を義務付けると言うものです。フランスのジャン・カステック首相は月曜日にこの新しい措置を宣言し、フランスがこのような規定を設けたのは、昨年の3月から5月にかけてあったものから、今回が2度目となります。

調査によると、在宅勤務はウイルスの拡散を遅らせ、生産性を妨げないとされていますが、その裁量は雇用者に委ねられていることが多く、多くの雇用者はその選択肢を与えていません。

とのことです。

しかし、多くの国民は、リモートワークでは遂行できない仕事を持っているとして、更にインサイダーは次のように述べています。

データプラットフォームのStatistaが8月に行った調査によると、昨年の国民封じ込め期間中に自宅で仕事をしていたフランスの労働人口は、わずか30%でした。エグゼクティブとブルーカラー労働者の間には格差があり、管理職や上級専門職の61%がリモートで仕事をすることができましたが、ブルーカラー労働者の95%は、仕事上、自宅での作業ができないため、仕事を中断するか、直接出向いて作業をしなければなりませんでした。ホワイトカラーの場合のリモート率は82%でした。

昨年の「ゲンスラー・フランス職場調査」では、回答者の75%が在宅勤務に満足していると答えましたが、65%は「オフィスで一緒に仕事をする方が楽だと思う」と答えています。半数近くの回答者は、会社がリモートの仕事を増やすことを望んでいますと答えた人が49%いました。

今年11月末以降、世界各国の政府はオミクロンに関心を移していますが、初期の報告によると、このウイルスは感染力は強いものの、初期の亜種ほど致命的ではないことがわかっています。

南アフリカ医師会会長のアンジェリーク・クッツェー博士は、「デイリー・テレグラフ紙」の取材に対し、

「筋肉痛や疲労感などの症状が1~2日続いて体調が悪くなる程度の軽い病気です。これまでのところ、感染者は味覚や嗅覚を失うことはなく、わずかに咳をする程度です。顕著な症状はありません。感染者のうち、何人かは現在、自宅で治療を受けています」

と述べています。

アンジェリーク・クッツェー博士

Photo 出典元

フランス以外では、約20年ぶりに新首相が誕生したドイツが、ワクチンを接種していない市民に対する新たな監禁措置を発表しています。アナリストたちは、そのためドイツ経済は2021年の第4四半期に0.5%縮小すると考えています。

また、ドイツでは多くの労働者がリモートワークを活用していますが、実際、ドイツのある裁判所は、寝室からホームオフィスへの「通勤」中に負傷した男性が、雇用主の保険に請求できるという判決を下しました。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンドイツ法の講師を務めるキリアン・オブライエン氏は、

「保険会社は、新たな請求が殺到することを覚悟しなければならない」

と、「CNN ビジネス」に語っています。

以上。

スポンサー広告
副業でも年収600万円以上が可能【日本結婚相談所連盟】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。