デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「ニューヨークとカリフォルニアから60万人以上が税金の安い州に移住」

Photo 出典元 Alexi Rosenfeld/Getty Images

米国時間01月11日DailyWire.com
「デイリーワイヤー紙は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」

by ディロン・バロウズ
Dillon Burroughs

日本語解説:WAU

「ニューヨークとカリフォルニアから60万人以上が税金の安い州に移住」

ディロン・バロウズ氏によると、民主党の2つの州「コロナ対策のための強力な市民規制」を拡大し続けていることから、パンデミックの間に60万人以上の人々がニューヨークとカリフォルニアを離れて低税率の州に移ったことが、月曜日に発表された新しいレポートで明らかになったと言います。

CNBCは月曜日の「Squawk Box」という番組の中で、人口と税率の相関関係を指摘した情報を共有し、ロバート・フランク氏は次のように述べています。

「パンデミックの中、60万人以上の人々がニューヨークやカリフォルニアを離れて低税率の州に移り住みました。国勢調査のデータによると、カリフォルニアは2020年4月から2021年7月の間に30万人の住民を失い、ニューヨークは、総人口の約2%に当たる365,000人を失っています」

ロバート・フランク氏
CNBC

Photo 出典元

イリノイ州では、11万4,000人以上の住民を失って3位となったと伝えています。

ニューヨークとカリフォルニアの住民はどこに移動したのか?

報告書では、住民が移転した正確な州は明らかにされていませんが、パンデミック中の人口増加の「勝者」の州と減少した州の間には重要な変化があったことが指摘されているようです。

案の定、最大の勝者は、所得税のないテキサス州とフロリダ州だったようです。

それぞれテキサス州は38万2千人の増加がみられ、フロリダは24万3,000人増加しています。

さらに、3位のアリゾナ州では12万4千人以上の住民が増加したと報告されています。

「住宅価格が安い、リモートワークで生活費が安い、家族がいるなど、さまざまな理由で移住する人がいますが、いずれも、高税率の州から低税率の州へのシフトが続いています」

と、フランク氏は付け加えています。

今回の調査では、パンデミック時に住民が減少した上位3州は、いずれも民主党の知事が州を率いています。

一方、最も多くの住民を獲得した上位3州は、いずれも共和党の州知事が率いています。

引越しトラック会社のU-Haul社は先週、

「これまでは、カリフォルニアが移住先のトップの州であり続けたが、同州へのU-Haulトラックの需要減少は2020年ほど深刻ではなかった」

と報告しています。

さらに、

「カリフォルニア州は2年連続で50位、イリノイ州は49位となっており、これらの州が再び流入用のU-Haulトラックの最大の減少となったことを示しています。一方、テキサス州はトップの引越し先として1位となっています」

とフランク氏は述べます。

「デイリーワイヤーは、2021年9月の既報で人口の流動について、次のように伝えていました」

「カリフォルニア州には4,000万人の住民がいますが、その数は減り続けています。

国勢調査局のアメリカン・コミュニティ・サーベイのデータによると、2019年に653,000人以上のカリフォルニア住人が他の州に移り住み、約480,000人が国内の他の場所からここに移ってきました。(2020年の数字は出ていないが、他の2020年のデータ分析でも同様の結果が出ている)と、週末にNew York Times紙が報じました。

彼らはどこに移動しているのか?テキサス州では、昨年1年間に82,235人がカリフォルニア州から引っ越してきました。アリゾナ州では5万9,713人。ネバダ州には47,322人、ワシントン州には46,791人、オレゴン州には37,927人の元カリフォルニア州の住民が住んでいると、タイムズ紙は書いています。

専門家によれば、多くのカリフォルニア州の住民にとって、高い生活費のためにカリフォルニアに留まることはほとんど不可能だといいます。テキサス州の住宅価格の中央値は32万9,000ドルで、不動産仲介会社のレッドフィンによると、カリフォルニア州の半分以下であるとタイムズ紙は述べています。」

以上。

スポンサー広告
水素水が定額飲み放題【アクアバンク】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。