デイリーワイヤー

「米バンダービルト大学医療センター、コロナワクチン拒否女性を移植リストから削除したことによる、社会的波紋」

Photo 出典元 photographereddie via Getty Images

米国時間11月09日DailyWire.com
「デイリーワイヤー誌は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」
by コリンヌ・マードック
Corinne Murdock

日本語解説:WAU

「米バンダービルト大学医療センター、コロナワクチン拒否女性を移植リストから削除したことによる、社会的波紋」

米テネシー州ナッシュビルにある、バンダービルト大学医療センター(VUMC)は、2018年6月から透析を受けながら救命のための腎移植を待っていた23歳の女性を、コロナワクチンを接種していないという理由で、移植リストから削除しました。

この女性、コディー・サミュエルソンさんは現在、他の病院の移植リストに載るか、完全に削除されるまで6カ月の猶予があります。

サミュエルソンさんは、常染色体劣性の多嚢胞性腎臓病(ARPKD)で生まれ、生後2カ月で末期腎不全と診断されました。

父親が最初に腎臓を提供しましたが、彼女の体はそれを拒絶し、母親の腎臓が必要となり、最終的に彼女は18年の生涯を終えようとしています。3年半前、サミュエルソンさんの体は母親の腎臓を拒絶するようになり、以来、週に3回のペースで透析を受けています。

サミュエルソンさんは、コロナに感染するリスクが高いとされていますが、3人の看護師のアドバイスと彼女自身の医学的な懸念から、ワクチンを接種しないことを決めました。

サミュエルソンさんと母親のクリスティさんは、「デイリーワイヤー」のインタビューで、透析は順調に進んでいるものの、非常に疲れるものだと説明しています。彼女は、約4時間以上かかる生命維持のための治療の負担に耐えながらも、DoorDashのドライバーとして働く日もあります。

母親のクリスティさんは、この試練は神の大きな計画の一部であると確信していると言います。

「私はただ、すべては神の意志によって起こるものだと自分に言い聞かせます。神は必要なことをなさるのです」

VUMCの広報担当者であるクレイグ・ボーナー氏は、ワクチンを接種していない人は移植を受けられない可能性があることを本人と家族に確認しました。この条件は、移植患者にとって数ある条件の一つに過ぎないと言います。

ボーナー氏はまた、医学的、宗教的、あるいは個人的にワクチン接種に反対する人のための免除プロセスが用意されていることを示し、VUMCは先月、この件に関する公式声明を発表しました。

「成人固形臓器移植の資格として、コロナワクチンの接種を義務付けています。しかし、医学的、宗教的、または個人的に強い信念を持っている場合には、免除の手続きを行っています」

しかし、サミュエルソン家は「デイリーワイヤー」の取材に対し、VUMCから免除プロセスを選択肢として提示されたことはないと答え、

「もし、娘に免除される可能性があるならば、それを申請することができます。免除を承認するのは誰なのか?私たちが話をした外科医であれば、彼が娘のワクチン接種に完全に固執していたことは知っています」

と母親のクリスティさんは説明します。

「デイリーワイヤー」紙はVUMCに対し、ドナーや受け入れ者に心筋炎などのワクチンの副作用が発生した場合はどうなるのか質問していましたが、リリース締め切り時間までに回答がありませんでした。

保健資源サービス庁(HRSA)によると、全国で腎臓移植を待っている人は90,200人以上で、患者が臓器移植を待つ期間は平均で4~5年と推定しています。

米国では、最近、臓器移植リストから患者を外した病院システムはVUMCだけではありません。コロラド大学病院では、先月、コロナワクチンの接種を拒否したことを理由に、少なくとも「レイラニー・ルタリ」という患者に腎臓移植を拒否しました。

レイラニーさんの友人である「ジェイミー・フォーグナー」さんがドナーとなるはずでしたが、2人とも、宗教上の問題からワクチンを接種していませんでした。

保守的な活動を行う非営利団体「テネシー・スタンズ」は、コディさんの母親であるクリスティさんの悲痛な訴えを、最初に記事にして次のように公表しています。

私の娘の名前はコディで、23歳です。彼女はARPKD(常染色体劣性多発性嚢胞腎)で生まれ、生後2ヶ月という若さで末期腎不全と診断されました。生後2ヶ月という若さで末期腎不全と診断されました。当時、彼女は成長不全のために栄養チューブを使用しており、いくつかの薬や注射が日常的になりました。

彼女の人生は、薬、医者の予約、そして毎月の検査に捧げられてきました。免疫抑制剤を投与されながらです。彼女は17ヶ月の時に父親から最初の「命の贈り物」を受け取りました。この移植は成功したと考えられましたが、血栓症を併発したため腎臓は5日間しか持ちませんでした。

彼女の2度目の「命の贈り物」は、その14ヶ月後に私(彼女の母親)から与えられました。3年半前に拒絶反応が出るまで、移植は18年間も続いたので、私たちは恵まれています。その後、彼女は移植待機者リストに載り、腕に瘻孔を作りました。こうして透析が始まり、現在は週3日の透析を受けています。

コロナワクチンは、免疫抑制状態の人にとって有益であるかどうかは別にして、様々な議論があります。3人の看護師が注射をしないように警告し、彼女自身も心配していたのですが、ヴァンダービルト病院は、彼女が注射をしないことを選択したため、彼女を移植リストから削除しました。

誰かの生きるチャンスを助ける代わりに、もう一つの「命の贈り物」を受け取るチャンスから彼女を遠ざけてしまったのです。これは公平なことだと思いますか?私はそうは思いません。

私たちは、この闘いに協力してくれる人を探しています。どこから始めたらいいのかわかりません。お読みいただきありがとうございました。

この話が公開されて以来、クリスティさんは、全国の見知らぬ人たちから、コディさんに自分の腎臓を提供したいというメッセージを「たくさん」受け取ったと報告がありました。

クリスティさんは次のように述べています。

「私たちは、自分のかかりつけの医師に相談して、私たちの透析クリニックに連絡を取ってもらい、適合するかどうかを調べてもらっています。これは、神様が私たちを彼らと接触させるための手段だったのかもしれません。私たちはテストを受ける必要があったのかもしれません。コディには、マッチする人がいるかもしれませんが、今はそれは待つしかありません。それまで娘はクリニックが他の病院を紹介してくれるまで治療を続けることになっています。」

以上。

スポンサー広告
眠れないあなたへ。休息サポートアミノ酸サプリ【スヤナイトα】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です