ニューズマックス

ニューズマックス「米国は極超音速兵器競争に『負けて』いる」

写真は、北朝鮮が新型ミサイルの実験を行い、兵器をさらに強化したと発表 – The New York Times

Photo 出典元

米国時間01月11日Newsmax
by マリサ・ハーマン
Marisa Herman
出版業界での勤務経験を持つ、経験豊富なアソシエイトエディターです。ジャーナリズム、インタビュー、新聞、APスタイルブックに精通しています。フロリダ大学でジャーナリズムを専攻し、メディアとコミュニケーションの専門家として活躍しています。

日本語解説:WAU

「米国は極超音速兵器競争に『負けて』いる」

マリサ・ハーマン氏の記事によると、 20世紀に核兵器が世界の力を測る尺度であったように、「極超音速兵器」は現在の時代を定義する致命的な技術であると言います。

あるアナリストは、アメリカのこれまでの取り組みを「負けている」と率直に表現しています。

新年早々、北朝鮮は極超音速ミサイルの2回目の発射実験に成功したと発表しました。

韓国はその主張に疑問を呈していますが、安全保障の専門家によると、

「もし『隠者の王国』が半年以内に2回の実験を成功させることができれば、それは大きな偉業となる」

と言います。

しかし、致死性の極超音速兵器を開発し、現代の軍事力の金字塔である米国を凌駕する可能性がある敵対国は、北朝鮮だけではありません。

米国は中国やロシアとも競合していますが、音速の5倍のマッハ5でミサイル防衛をかわしながら移動できる最先端の兵器の開発に時間と資金を費やした結果、この2つの国は圧倒的に優位に立っているようです。

地政学アナリストで「Winning Space」の著者であるブランドン・ワイチャート氏は、

「米国は極超音速兵器の開発競争で負けている」

とした上で次のように述べています。

「2021年、米国防総省は極超音速兵器の実験を何度か行いましたが、結果は散々なものでした。また、中国が夏に行ったような実験を、米国は実行に移すことができませんでした。この実験で中国は、極超音速滑空機を搭載したロケットを発射し、地球を一周した後、目的地から約25マイル離れた場所に着陸したと伝えられています。中国は極超音速滑空機を披露して世界に衝撃を与え、その後も極超音速滑空機を大量に生産している。中国は商品を提供できるのです」

ブランドン・ワイチャート氏

Photo 出典元

ロシアも同様です。

11月、ロシアは極超音速兵器ジルコンの実験を行い、約215海里離れた練習目標に命中させました。

ジルコンは今年中に実用化される予定で、クレムリンによると、音速の9倍の速度で飛行し、航続距離は620マイルになるといいます。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は12月、ロシア軍が極超音速ミサイル「ジルコン」の一斉発射に成功したと述べ、ロシアにとっての「ビッグイベント」と表現しました。

3M22 ジルコン

Photo 出典元

米国は9月に極超音速兵器の実験を成功させましたが、しかし、10月に行われた追試は失敗に終わっています。

12月には、空軍の「空中発射型高速応答兵器」が、搭載したB-52爆撃機の翼から離れることすらできず、3度目の実験に失敗しました。

米海軍は10月に極超音速兵器を搭載したロケットの動力源となるブースターロケットモーターの実験に成功しましたが、陸軍が極超音速兵器を実用化するのは2023年以降になると予想されています。

さらに重要なことは、ミサイル防衛局によると、極超音速ミサイル防衛能力が表面化するのは2020年代後半と予想されていることです。

このような破壊的な兵器は国家の安全保障に関わる問題であるため、米国が隠している能力があることを期待しているとワイチャートは言います。しかし、最近公表されている極超音速実験が大失敗に終わったことは、極秘の進歩がないのではないかという不安を掻き立てると次のように述べています。

「米国が何かを隠しているかもしれないという考えは、今回は必ずしもそうではないと思います。私たちは失敗したところを見られてしまったので、皆が何かを得ようと躍起になっているのだと思います」

ワイチャート氏によると、中国は現在、同氏が次世代技術の脅威と呼ぶものを開発している最も先進的な国だといいます。

もし北朝鮮が本当に2回目の実験を成功させたとしたら、中国の後塵を拝することになるが、それでもアメリカよりははるかに上だといいます。

極超音速兵器に関しては、ロシアと中国の能力には大きな差がありますが、両国とも現役の兵器を保有しており、これらの国の指導者たちは自分たちが優位に立っていることを十分に認識しているとワイチャート氏は言います。

米軍と極超音速巡航ミサイルを開発しているレイセオン・テクノロジーズ社グレゴリー・ヘイズCEOは10月、米国は極超音速分野で中国に何年も遅れをとっていると述べています。

彼は極超音速能力「自国を最も不安定にする脅威」と呼び、「反応するまでの時間は非常に短い」と言います。

グレゴリー・ヘイズ氏

Photo 出典元

急速に増強されている北朝鮮の兵器に関しては、平壌の長年の同盟国である中国が、米国の関心を北京から遠ざけるために極超音速技術の一部を売却していても不思議ではないとワイチャート氏は言います。

アメリカのインド太平洋軍は声明で、北朝鮮の実験について

「(北朝鮮の)不正な兵器プログラムがもたらす不安定な影響を浮き彫りにした」

と述べました。

北朝鮮が本当に極超音速技術を手に入れた場合、ワイチャート氏が最も恐れているのは、平壌がイランとその技術を共有している可能性です。

もしそうなれば、アメリカの安全保障の全体像は一夜にして大きく変わるだろうと彼は言います。

しかし、現在のアメリカは遅れをとっているかもしれませんが、ワイチャート氏は、アメリカは今でも「独自の技術力を持っている」と述べ、

「アメリカには非常に優秀な人材がいます。彼らには、私たち自身のシステムを構築するための資金を与える必要があるのです」

米国防高等研究計画局の関係者や国内の科学者の間では、軍人と民間人の両方が極超音速機の製造に「真の関心」を持っているとして、

「これこそが我々が投資すべきものであると、正しい政治的リーダーシップを取る必要がある。我々は多額の資金を持っていますが、次世代の新しい技術的な脅威から我々を守るためのレガシーシステムは持っていません」

と締めくくっています。

以上。

もはや、主要国の兵器競争を止められない状態が更に加速した感は誰にも否定できない状態の中、日本だけが未だにアメリカ頼りを『賢い戦力」していますが、果たしてそれが正しい戦略を言えるのかは、「事」が起こって分かるのは、明らかに無謀だと思います(解説者の個人的な意見)。

スポンサー広告
公式特典!初期工事費実質0円!最大41,250円割引!おトクにauひかりをスタートできる!

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。