デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「フロリダ州知事、ワクチン接種義務化で苦しむ州外の警察官を採用し、『ここでより良い待遇を』と呼びかける」

Photo 出典元 Paul Hennessy/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

米国時間10月25日デイリーワイヤー
「デイリーワイヤー誌は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」

by フランク・キャンプ
Frank Camp
フランク・キャンプは、東海岸に住む保守・リバタリアンの政治ジャーナリストです。膨大な数のニュースを報道するだけでなく、政治家や素材の専門家、社会政治の世界で影響力のある人物へのインタビューも行っています。

Photo 出典元

日本語解説:WAU

フロリダ州知事、ワクチン接種義務化で苦しむ州外の警察官を採用し、『ここでより良い待遇を』と呼びかける

記事によると、日曜日、フロリダ州知事のロン・デサンティス氏は、FOX NEWSのマリア・バーティロモ氏が司会する「サンデー・モーニング・ヒューチャー」に出演し、ワクチン義務化を含む様々な問題について議論しました。

ロン・デサンティス氏

Photo 出典元

マリア・バーティロモ氏

Photo 出典元

その中で、バーティロモ氏が、ワクチン義務化によって全国の警察官が職を失う可能性があると話した後、デサンティス氏は、州外の警察官をフロリダに呼び寄せるための法案に署名したいと述べました。

デサンティス知事は、「フロリダ州では、警察や保安官の仕事を守るだけでなく、州外の警察官を採用することにも積極的に取り組んでいます。次の議会では、フロリダ州に転居する州外の警察官に5,000ドルのボーナスを与える法案に署名するつもりです。

ニューヨーク市警、ミネアポリス、シアトルなど、もし待遇が悪ければ、ここでもっと良い待遇を受けられるようにします。あなた方は我々の重要なニーズを満たすことができ、その結果、我々はあなた方に報酬を与えることができるのです」と述べました。

デサンティス氏は、バイデン大統領のワクチン義務化に関する取り組みを「違憲」とし、フロリダ州民の雇用のために戦うことを約束しています。

デサンティス氏は、

「違憲であることに加えて、人々の個人的な選択を奪うことになり、経済に大打撃を与えることになる。フロリダでは、私たちの方針は非常に明確です。特別会議を開いて、この注射を理由に誰も職を失うべきではないと言うつもりです。選ぶのは自由ですが、私たちは皆さんの仕事と生活を守ることを確認したいのです」と、語っています。(解説者:素晴らしい知事ですね。真の愛国者のやることは違います

この記事をもっと詳しく読む>>>

FOX NEWS「サンデー・モーニング・ヒューチャー」でのデサンティス知事とマリア・バーティロモ氏


動画 出典元

以下は動画の会話から抜粋:

マリア・バーティロモ氏:  一方で、これらのワクチン義務化は明らかに違憲であり、今では救急隊員らが次々と辞めています。この番組では、その中の一人であるシアトルの消防士の方にお話を伺います。これらの義務化がどのように大混乱を引き起こしているかを見てみましょう。

国中の医療システムはすでに危機的なレベルにあり、今では看護師たちが「宗教上の理由や他の理由で、無理にワクチンを受けたくない」と言って、仕事を辞めています。軍隊では、不名誉除隊になると重罪人と同じ扱いになり、二度と働くことができなくなります。

警察の組合もワクチン義務化に抵抗しています。シカゴでは、街中の警察官が減り、すでに犯罪が急増している状況です。フロリダ州知事であるあなたは、これらのワクチンの義務化に関してどのように対応していますか?

デサンティス知事:  幸いなことに、私たちは地方自治体が警察や消防に課す義務に対して、非常に効果的に反撃することができました。マリアさん、私たちがヒーローとして称賛してきた人々、私たちがヒーローだと言ってきた看護師たち、彼らはずっと毎日毎日働いてきました。今、この義務化で彼らを仕事から追い出そうとしている人たちがいますが、これは基本的に個人的な判断です。

しかし、実際のところ、違憲であることに加えて、人々の個人的な選択を奪うことは、経済に大打撃を与えることになります。なぜなら、これらの人々のごく一部が失業したり、自発的に辞めたりすることになったとしたら、医療、物流、法執行機関に大きな混乱が生じるからです。

フロリダ州の方針は非常に明確です。特別会議を開いて、「この注射で職を失うようなことがあってはならない。選ぶのは自由ですが、私たちは皆さんの仕事と生活を守ることを確認したいのです。

マリア・バーティロモ氏: そうですね。それだけでなく、全米で犯罪が急増している中、シカゴの警察組合の会長は、シカゴの警察官3,200人がワクチンに反抗していると見積もっており、彼らは仕事から離れることになるでしょう。

つまり多くの警官たちが街から離れることになるのです。これは、アメリカ国民の安全感にどのような影響を与えているのでしょうか?非常に気になるところです。

この現象がどこに向かっているのか、あなたはどう思いますか?つまり、大統領はこれが法律であることを主張して、実際に違憲であることが確認される前に企業が従うようにしようとしているのではないでしょうか?

デサンティス知事: まず、科学的な根拠に基づいて指摘すると、最初に反対した人たちのほとんどがコロナに感染して回復しており、彼らは強力な保免疫を持っているということです。

このことが、彼らの判断に影響を与えていると思います。つまり、彼らはすでにコロナに感染し回復しているのです。

政府はそれに対する配慮をせず、そのようなことは存在しないかのように装っているのです。

しかし、フロリダ州にお住まいのマリアさんにお伝えしたいのは、私たちは法執行機関やすべての仕事を守りたいと思っているだけでなく、実際に警察や保安官のニーズがあるので、州外の法執行機関を積極的に採用しようとしているということです。

次の議会では、フロリダ州に移転した州外の法執行機関に5,000ドルのボーナスを与える法案に署名するつもりです。つまり、ニューヨーク市警、ミネアポリス、シアトルなど、待遇が悪ければ、ここではもっと良い待遇をします。

あなた方は我々の重要なニーズを満たすことができ、その結果として我々はあなた方に報酬を与えることができるのです。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です