デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「ジャネット・イエレン、米国のインフレを『一過性のもの』と呼ぶべきではないと認める」

Photo 出典元 Valeria Mongelli/Bloomberg via Getty Images

米国時間12月04日DailyWire.com
「デイリーワイヤー誌は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」

by ベン・ゼイスロフト
Ben Zeisloft

日本語解説:WAU

「ジャネット・イエレン、米国のインフレを『一過性のもの』と呼ぶべきではないと認める」

記事によると、ジャネット・イエレン財務長官は、政策立案者が高水準のインフレを説明する際に「一過性のもの」という言葉を使うのをやめるべきだと述べましたが、これは多くの投資家が数ヶ月前から抱いていた見解です。

「米労働省」が発表した最新のインフレデータによると、消費者物価は6.2%のペースで上昇しており、エコノミストの予想を大幅に上回り、1990年に見られたレートに匹敵しています。しかし、主要な政府の政策立案者は、インフレが長期的に物価水準に影響を与えることを、ここ数日まで認めていませんでした。

「イエレン議長」は、ロイター通信が主催するイベントで、

「一過性のものという言葉は、もう止めてもいいと思っており、私たちが直面している問題を適切に表現していないことに同意します」

と述べています。

イエレン氏は、積極的な金融刺激策を縮小するという「FRB:連邦準備銀行」の決定を支持しながら、

「私たちが望まないのは、賃金価格スパイラルであり、インフレがそれ自体で自己強化されるような現象であり、米国経済の慢性化、つまり風土病のようなものになってしまうことです」

と付け加えています。

実際、「パウエルFRB議長」は今週初め、政策立案者は 「一過性」 という言葉を使うべきではないと述べていました。

パウエル氏は公聴会で、上院銀行委員会の「パット・トゥーミー(共和党)議員」に対し、

「一過性という言葉は、人によって意味が異なると思います。多くの人にとって、この言葉には時間や短命という意味があります。私たちは、インフレ率の上昇という形で永久に痕跡を残さないという意味で使う傾向があります。私は、この言葉を引退させ、私たちが何を意味しているのかをより明確に説明するのに良い時期だと思います」

「我々は、インフレ率の上昇が定着しないようにするために、我々の手段を用いますが、来年半ばまでは高いインフレ率が『確実に』続くでしょう」

と指摘しています。

パウエル議長

Photo 出典元

しかし、数ヶ月前から、他の多くの政府関係者や既存の投資家は、インフレが「一過性のもの」であるという考え方を否定していました。

ヘッジファンド・マネージャーの「カール・アイカーン氏」は、10月の「CNBC」のインタビューで次のように述べています。

「長期的には確実に壁にぶつかるでしょう。今のやり方、お金を印刷するやり方、インフレになるやり方では、本当に危機が訪れると思います。周りを見渡せば、いたるところでインフレが起きており、長期的にどう対処すればいいのかわかりません」

ロン・デサンティス知事(フロリダ州選出)も10月に同様の発言を次のように述べています。

「このインフレーションは本物です。このインフレは多くのものを根底から覆しています。一過性のものだと言われていましたが、一過性のものではありません。前年比でどれだけのものが上昇しているかを見ると、これは大変な上昇であり、基本的には米国民に対する見えない税金です」

先月、ジョー・マンチン上院議員(民主党)も同様に、「一過性のもの」という言葉を否定しています。

マンチン上院議員は、

「誰が見ても、記録的なインフレが米国民にもたらす脅威は『一過性』ではなく、むしろ悪化している。食料品店からガソリン給油所まで、アメリカ人はインフレ税が現実であることを知っており、ワシントンDCはアメリカ人が毎日感じている経済的な痛みをもはや無視することはできません」

と述べています。

以上。

スポンサー広告
手軽にホームページ検索順位を自分であげる【集客職人 RankingCoach】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。