ニューズマックス

ニューズマックス「ウクライナ情勢の緊迫化に伴い、バイデンとプーチンが火曜日にビデオ会議を設定」

写真は、2021年6月16日、スイス・ジュネーブのヴィラ・ラ・グランジで開催された米露首脳会談で会談するジョー・バイデン米大統領(右)とロシアのウラジーミル・プーチン大統領。(Peter Klaunzer – Pool/Keystone via Getty)

Photo 出典元


米国時間12月04日05:38 PMNewsmaxvia The Associated Press.

日本語解説:WAU

「ウクライナ情勢の緊迫化に伴い、バイデンとプーチンが火曜日にビデオ会議を設定」

記事によると、ジョー・バイデン大統領とウラジーミル・プーチン大統領が火曜日にビデオ会議で行うと、ホワイトハウスとクレムリンが発表しました。

ウクライナの国境でロシア軍が増強され、侵略の可能性の兆候と見られていることで、米露間の緊張が高まっているためです。

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は土曜日、バイデンが国境でのロシア軍の活動に対する米国の懸念を訴え、

「ウクライナの主権と領土保全に対する米国の支援を再確認する」

と述べ、モスクワからの第一報を受けて、このビデオ会議計画を設定した模様です。

プーチン大統領は、ウクライナを「NATO」に加盟させるいかなる動きにも反対する姿勢を表明する予定です。

クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、

「会談の長さについては、両大統領が自分たちで決める」

と述べています。

ドミトリー・ペスコフ報道官

Photo 出典元

両首脳の最後の電話会談は7月に行われ、バイデンはプーチンに対し、ロシアを拠点とした犯罪者による米国への「ランサムウェア攻撃」を制止するよう求めました。

その際、バイデンは米国が重要インフラをこのような攻撃から守るために必要なあらゆる手段を講じると述べています。

その後も「ランサムウェア」による攻撃は続いていますが、5月に発生した、主要な燃料パイプラインを標的とした攻撃ほど憂慮すべきものはないようです。

ロシアは、米国がウクライナを「NATO軍事同盟」に加盟させないことを保証することを、これまで以上に強く求めています。しかし、NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は先週、他国や同盟の拡大計画についてロシアは何も言えないと発言しています。

イェンス・ストルテンベルグ事務総長

Photo 出典元

多数の元米国およびNATO外交官は、バイデン氏に対するこのようなロシアの要求は、実現しないだろうと述べています。

一方、米情報機関は、ロシアがウクライナとの国境付近に約7万人の軍隊を集結させ、早ければ来年初めにも侵攻する計画を始めていると判断していると、バイデン政権の関係者は語っています(公に話す権限はなく、匿名を条件としている)。

このような侵攻を実行に移すことは、プーチンにとって非常に大きなリスクとなります。

米政府高官や元米外交官によると、ロシア大統領は明らかに侵攻のための基礎を築いているが、ウクライナの軍隊は過去よりも現在の方が武装・準備が整っており、欧米が脅かす制裁はロシア経済に深刻なダメージを与えるといいます。

バイデンは金曜日に次のように語っています。

「私がやっていることは、プーチン氏が人々が心配しているようなことをするのを非常に困難にするための、最も包括的で意味のある一連の取り組みをまとめることです」

ウクライナ政府は、ロシアが来月にも侵攻する可能性があると述べており、ウクライナの「オレクシイ・レズニコフ国防相」は、

「ウクライナ周辺とロシアに併合されたクリミアにいるロシア軍の数は9万4300人と推定される。1月に『大規模なエスカレーション』が起こる可能性がある」

と警告しています。

オレクシイ・レズニコフ国防相

Photo 出典元

ウクライナの「ゼレンスキー大統領」は最近、ロシア人とウクライナ人のグループが自国でのクーデターを計画し、その計画者がウクライナの大富豪「リナット・アクメトフ氏」の協力を得ようとしていたと告発しています。

ロシアと「アクメトフ氏」は、いかなる計画も進行中ではないと否定していますが、ロシア側は最近、ウクライナと米国への警告をより明確にしています。

リナット・アクメトフ氏

Photo 出典元

ウクライナの指導者に近い匿名の人物によると、バイデンも来週中にゼレンスキー大統領と話をする予定であると伝えていますが、この人物は、電話会談の発表前に公にコメントする権限を与えられていないようです。

クレムリンは金曜日、

 

さらにこの記事の詳細を見る>>>

クレムリンは金曜日、プーチン大統領がバイデン大統領との会談で、NATOのウクライナへの拡大を阻止する拘束力のある保証を求めるだろうと述べています。

バイデン氏は、週末の「キャンプデービッド」滞在に向けて出発する前に、金曜日に記者団にコメントして、この要求を退けようと次のように述べています。

「私は誰かのレッドラインを受け入れることはできない」

サキ報道官は土曜日の短い声明で、

「バイデン氏とプーチン氏は『戦略的安定性、サイバー、地域問題を含む』米露関係のさまざまなトピックについて話し合う予定です。プーチン大統領が過去に何をしてきたかは知っていますが、すぐに行動を起こせる体制を整えていることがわかります」

と述べています。

サキ氏は金曜日、

「米政権が制裁措置を進める場合、欧州の同盟国と調整する」

と述べ、2014年にロシアがクリミアを併合したことに言及しました。クリミアは、1954年からウクライナの支配下にあった黒海の半島です。また、ロシアはウクライナ東部の分離主義者を支援しており、7年間の紛争で14,000人以上の命が失われています。

バイデン大統領が就任して以来、米露関係は揺れ動いています。

バイデン政権は、ロシアの標的に制裁を加え、クレムリンによる米国選挙への干渉、米国企業へのサイバー活動、昨年毒を洩られ投獄された野党議員アレクセイ・ナバルニー氏の処遇などについて、プーチン大統領を非難してきました。

アレクセイ・ナバルニー氏

Photo 出典元

プーチン大統領とバイデン氏が6月にジュネーブで会談した際、バイデン氏は、ロシアがアメリカの主要インフラを狙うなど、ある種のレッドラインを越えた場合には、大統領府が対応し、「その結果は壊滅的なものになるだろう」と警告しています。
 

以上。

スポンサー広告
自宅で始めて、年収1,300万円以上が可能【日本結婚相談所連盟】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です