デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「英国は1日、コロナの治療にメルク社の抗ウイルス剤の使用を承認した。バイデン政権による『ワクチン義務化』への抗議に反応か?」

Photo 出典元 Pavlo Gonchar/SOPA Images/Contributor/LightRocket via Getty Images

米国時間11月05日DailyWire.com
「デイリーワイヤー誌は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」

by シャーロット・ペンス・ボンド氏の記事より
Charlotte Pence Bond
シャーロット・ペンス・ボンドは、作家、講演者、ポッドキャストの司会者、そして誇り高き軍人の配偶者です。現在、ハーバード大学神学部の神学修士課程に在籍し、宗教、文学、文化について研究しています。

Photo 出典元

日本語解説:WAU

解説内キーパーソン:
サジッド・ジャビット
英国保健長官
ジェレミー・ボーリング
デイリー・ワイヤー共同設立者兼共同CEO

英国は1日、コロナの治療にメルク社の抗ウイルス剤の使用を承認した。バイデン政権による『ワクチン義務化』への抗議に反応か?

英国の医薬品・ヘルスケア製品規制庁(MHRA)は、軽度から中等度のコロナと、肥満、高齢の糖尿病、心臓病などの重症化の危険因子を少なくとも1つ持つ人への使用を推奨しています。この薬、モルヌピラビルは、そのような人への使用を推奨しています。

「この錠剤は、コロナの検査で陽性となり、肥満や心臓病などの重症化の危険因子を少なくとも1つ持っている18歳以上の成人に認可され、軽度から中等度のCOVID-19を持つ患者は、この薬を1日2回、4錠を5日間服用することになる」

とAP通信は報じています。

英国は世界で初めてこの薬の使用を承認した国であり、他の国でも使用が認められる可能性があります。

英国のサジッド・ジャビット保健長官は、

「今日は我が国にとって歴史的な日であり、コロナに対して自宅で服用できる抗ウイルス剤を英国が世界で初めて承認したことになります」

と述べています。

サジッド・ジャビット保健長官

Photo 出典元

デイリーワイヤーが報じたように、メルク社は先月、同社とリッジバック・バイオセラピューティクス社が、モルヌピラビル錠剤の緊急認可を米国食品医薬品局(FDA)に求めたと述べ、

「重症のコロナへの進行および/または入院のリスクがある成人の軽度から中等度コロナの治療を目的として、経口抗ウイルス薬の治験薬であるモルヌピラビルの緊急使用許可(EUA)申請を米国食品医薬品局(FDA)に提出しました」

とプレスリリースで発表し、この両社は、今後数ヶ月のうちに緊急使用または販売承認の申請を行うために、世界中の規制当局と積極的に取り組んでいます。

デイリーワイヤーによると、今回の申請は、

「重度のコロナへの進行および/または入院のリスクがある軽度から中等度のコロナ症状を有する入院していない成人患者を対象に、モルヌピラビルを評価した、計画的な中間解析の良好な結果に基づいている」

と主張しています。

中間解析では、「モルヌピラビルは、入院または死亡のリスクを約50%減少させた」と言っています。

FDAは10月に、独立した専門家グループが今月末に同剤の効果と安全性を調査すると述べたと報じています。

今回の英国の動き、そして他の国が追随する可能性は、バイデン政権が連邦政府に対して、民間企業の労働者にコロナの予防接種や定期的な検査を強制するよう働きかけていることに起因した動きと言えそうです。

ニューヨーク・タイムズ紙が報じたように、

「バイデン政権は、大企業は1月4日までに従業員に十分なワクチンを接種することを義務づけるとして、ワクチン接種を拒否する労働者は毎週テストを受けなければならない」

と付け加えています。

また、ヘルスケア産業の労働者にも新たな要求があり、英国The Times紙は

「アメリカでは、メディケアなどの資金援助を受けている医療施設で働く1,700万人の労働者全員は、1月4日までにワクチンを接種しなければならない。

この規則に従わない企業は、違反の頻度や違反が意図的であるかどうかに応じて、罰金の対象となる可能性があると、ホワイトハウスの関係者が語った。労働安全衛生庁OSHAのペナルティは、重大な違反をするごとに通常13,653ドルとなる。」

と述べています。

木曜日、デイリーワイヤーは、この政府要求をめぐって連邦政府を提訴しました。

「デイリーワイヤーを代表して第6巡回区連邦控訴裁判所に訴訟を起こしました」

と発表しました。

デイリー・ワイヤーの共同設立者兼共同CEOであるジェレミー・ボーリングは、

「デイリー・ワイヤーは、バイデン大統領の横暴なワクチン接種義務には従わず、バイデン政権を提訴して、その重大な行き過ぎた行為を止めさせようとしています。

バイデン大統領、連邦政府、ソーシャルメディア、既成メディアは、公衆衛生の名の下に、アメリカ人の自由を奪おうと共謀しました。

彼らは、相反するメッセージや虚偽の情報を発信し、同意できないデータや見解を抑圧することで、アメリカ国民との信頼関係を壊してきました」

と述べています。

ジェレミー・ボーリング氏
デイリー・ワイヤー共同設立者兼共同CEO

Photo 出典元

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です