デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「スウェーデン、コロナへの『無干渉』アプローチの成功と闇」

Photo 出典元 Peter Zelei/getty images

米国時間01月21日DailyWire.com
「デイリーワイヤー紙は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」

by ベン・ジョンソン
Ben Johnson
ベン・ジョンソンは、The Daily Wireのメディアレポーターです。それ以前は、Acton Institute、FrontPage Magazine、LifeSiteNewsに勤務していました。Party of Defeat」(2008年、デビッド・ホロウィッツと共著)を含む3冊の本の著者です。彼の個人的なウェブサイトは therightswriter.com です。彼への情報提供は bjohnson@dailywire.com で受け付けています。

日本語解説:WAU

「スウェーデン、コロナへの『無干渉』アプローチの成功と闇」

スウェーデンがコロナに対して無干渉アプローチを取った後、何が起こったのか?

ベン・ジョンソン氏は言います。

「コロナの世界的大流行の中で、スウェーデンほど国民の自由を尊重した国はないだろう。オーストラリアがウイルス検査で陰性だった親しい人をフェンスで囲まれたキャンプに隔離し、2月1日にすべての成人にワクチン接種を義務付ける準備をしている一方で、スウェーデンは2年間かけて国民に最善の方法を伝え、それを守ることを尊重してきました。

スウェーデン全土で、学校は開校されたままで、公衆衛生警察は公共の場に姿を見せず、マスクもほとんど見当たりませんでした。賛成派はスウェーデンを賢明な政治のモデルとし、反対派はこの政策が国をスカンジナビアのような屠殺場に変えてしまうと懸念した。その結果、他の国と比べてどうだったのか?」

具体的にスウェーデンは「コロナ」にどのような対応をしたのか?

コロナが世界的に流行し始めた頃、スウェーデンの保健担当トップである州の疫学者アンダース・テグネル博士は、国民に定期的な手洗い、社会的距離の取り方、他人との接触の制限などを呼びかけました。

可能な人は家で仕事をしていました。しかし、スウェーデンの警察は、テグネル博士の規定に違反した人をほとんど取り締まることはありませんでした。これは、スウェーデンが市民の最善の行動を信頼しているからです。

学童に対する脅威が限定的であったため、スウェーデンの学校は16歳までの生徒を受け入れましたが、2020年6月15日までに政府は「高等学校は校内での通常の授業に戻れる」と発表しました。


写真は、スウェーデンの「ノーロックダウン戦略」の立案者、アンダース・テグネル博士、その成果を確信|フィナンシャル・タイムズ

Photo 出典元

政府はフェイスマスクの着用を義務付けなかっただけでなく、マスクやPPE(個人用防具)の使用を一時的に禁止した都市もありました。近隣諸国では政府による一時的なロックダウンが行われましたが、スウェーデンでは企業や公的生活が閉鎖されることはありませんでした。

テグネル博士をはじめとする州当局は、政治家がコロナ・パンデミックを15日間で法制化することはできないという先見の明を持って政策を策定し、

「私たちは、国家的にも世界的にも、何年にもわたってこのウイルスを社会に持ち続けることになります。そのような長い期間、私たちはどのように生活していけばよいのでしょう?ただ生き延びるのではなく、豊かに生きていくために、そのことが当局にとって非常に重要だと思います」

と、スウェーデンの保健大臣であるレナ・ハレングレン氏は、フランス24ニュースにこう語っています。

結果はどうだったのか?

スウェーデンのコロナ対応の結果は、年齢や健康状態を問わず、アメリカでの家に閉じ込めるというような熱心すぎる試みによって引き起こされる多くの害がなく、世界的な流行の真っ只中にいても良好なことを示しています。

自発的なコンプライアンス:

テグネル博士によると、スウェーデン人は、政府による強制力の脅威がなくても、自発的に社会的交流を70%減らしました。市民が自らを律することを信頼することで、行動の一致を重んじる信頼性の高い社会であるスウェーデンでは特に効果的でした。

経済:

スウェーデンの2020年の経済成長率は2.9%で、EU全体(6.0%)や英国の半分以下、米国よりも低い水準でした。

子どもたちの健康:

スウェーデンの公衆衛生庁が2020年7月に発表した調査結果では、評価が安定していました。

「学校の閉鎖の有無は、フィンランドとスウェーデンの学齢期の子どもにおける実験で確認された症例数にほとんど影響を与えていない」

「スウェーデンは学校や幼稚園を開放していたにもかかわらず、2020年のパンデミックの初年度に、学童や就学年齢の子どもたちの間で、重度のコロナの発生率が低いことがわかりました。1歳から16歳までの195万人の子どものうち、15人の子どもがコロナの状態になり、ICUに入院しましたが、これは13万人に1人の子どもに相当します」

と、スウェーデンの科学者グループがニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに寄稿しています。

これは、スウェーデンの子どもたちの0.0000077%に相当します。また、20歳未満(生まれてから19歳まで)の子どもの死亡は、2022年1月10日時点で15件発生しています。

死亡率:

スウェーデンの現在のコロナによる死亡率(10万人あたり151.91人)は、ドイツ(139.92人)よりも悪いが、米国(261.32人)、イタリア(235.84人)、英国(229.49人)、フランス(191.83人)など、より厳しい監禁政策をとっている国よりはましでした。

メンタルヘルス:

米国ではパンデミック中に10代の少女の自殺未遂が51%増加しましたが、スウェーデンの自殺率はほぼ横ばいでした。

社会的結束力:

スウェーデン人は、コロナへの政府の対応に満足しているようでした。例えば、2021年の締めくくりに、公衆衛生上の規制強化に抗議して街頭デモを行った何千人ものドイツ人のようにに、スウェーデン人は、フィンランド、オランダ、オーストラリアからアメリカまで、あらゆる国で行われているロックダウン反対の抗議活動をほとんど行っていません。

老人を中心に多くの犠牲者を出した医療費抑制策:

ベン・ジョンソン氏は言います。

「コロナへのスウェーデンの成功物語には、恐ろしい闇があります。それは、スウェーデンの国民健康保険制度が、コロナで最も死亡しやすい高齢者や肥満者の治療を拒否し、医療を配給制にしていたことです」

スウェーデンの国家保健福祉委員会は、病院に対し、患者に治療を施すことの潜在的な利益を「専門的に検討する」よう指示していました。実際に救急病院では、65歳の高齢者や肥満度40以上の患者の受け入れを拒否していました。

老人ホームでは、酸素吸入や栄養・水分補給の代わりに、緩和ケアやモルヒネ注射が行われていました。

スウェーデンの老人ホームでは、国民皆保険制度を守るために、高齢者に薬を飲ませ、窒息死させていたのです。

ジュリアナ・ジヘムさんは、72歳の叔父モーゼス・ンタンダさんが老人ホームで亡くなったときに、内部告発をした一人です。

「お年寄りを犠牲にしているように感じましたが、それはとても間違っています。なぜなら、誰にでも生き延びるチャンスを与えるべきだと思うからです」

と彼女はFrance 24に語っています。

当時のステファン・レフヴェン首相は、

「私たちは最善を尽くしたにもかかわらず、最も弱い立場にある人々、つまり高齢者を守ることができなかった。スウェーデン人は地球上で最も高い税金を払っているが、その代わりに国から支給される医療費を含む広範な政府サービスを受けているはずでした」

と認めました。

これを良心に留めている国は、このアプローチを完全に成功させたとは言えないでしょう。

ステファン・レフヴェン首相

Photo 出典元

以上。

スポンサー広告
【NMNサプリ分野において『医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1』を獲得。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。