フォックス・ニュース

フォックス・ニュース「台湾の指導者が中国に反抗して米議員と会談」中国、バイデンが来月の「仮想世界民主主義サミット」に台湾を招待したことに反発。

写真は、台湾の総統府で蔡英文総統から挨拶を受けるマーク・タカノ下院議員(左)。米国の5人の議員が蔡英文総統と面会し、台湾の自治権に対する米国の「揺るぎない」支持を再確認したと伝えてます。 (台湾総統府 via Associated Press)

Photo 出典元

米国時間11月27日Fox News/a>

by ブリー・スティムソン
Brie Stimson
ブレイキング・ニュースエディター

日本語解説:WAU

「台湾の指導者が中国に反抗して米議員と会談」中国、バイデンが来月の「仮想世界民主主義サミット」に台湾を招待したことに反発

記事によると、米国議会議員のナンシー・メイス氏をはじめとする4人の議員は、中国政府に反抗して予告なしに台湾を訪問し、台湾総統と会談しました。

メイス議員はツイッターで、蔡英文総統との会談について、

「私たちの台湾訪問のニュースが流れたとき、中国大使館は訪問を中止するよう要求しましたが、私たちは中止しませんでした。コロナ発生以来初の超党派の米国下院代表団として、インド太平洋地域を生産的かつ有意義に訪問することができました。これはほんの始まりに過ぎません」

と述べたようです。

ミシガン州選出のエリッサ・スロットキン議員は、自身の事務所が「中国大使館から出張を中止するようにとの無愛想なメッセージを受け取った」とツイートしています。

メイス氏、スロトキン氏ら3人の下院議員は、台北にある事実上の米国大使館である米国在台湾協会で蔡英文と会談し、中国が不正な領土と見なしている台湾への米国の「確固たる」支援を再確認したと伝えています。

北京の報道官は次のように主張しています。

「この会合は『一支国政策』(米国は台湾の主権を公式には認めていないが、台湾と非外交的な関係を維持することができるという考え方)に反する」

中国外交部の趙麗健(ちょう りっけん)報道官は次のように述べています。

「米国の政治家が一国主義に挑戦し、『台湾独立』勢力を強化しようとしていることは、14億人の中国国民の強い憤りを感じさせる。台湾と中国の統一は止められない歴史的な流れである」

台湾は、1949年の中国内戦以来、自治権を持っています。

また、民主党議員の サラ・ジェイコブス議員、マーク・タカノ議員、コリン・オールレッド議員(テキサス州)も代表団の一員として参加しました。

蔡英文氏は今回の会談について、

「台湾は、自由と民主主義という共通の価値観を守り、地域の平和と安定を確保するために、米国との協力関係を強化していく」

と声明を出しています。

今回の訪問は、米国の国会議員による今年3回目の台湾訪問であり、共和党議員6名のグループが台湾を訪問してからわずか数週間後のことでした。

バイデン大統領は先月、中国の習近平国家主席との電話会談で、北京軍が過去最高の145機の戦闘機を送り込んだ後、「一つの中国政策」に関連した数十年来の台湾への不可侵の合意を守ることに同意したと述べました。

最近では、12月9日と10日に開催される「世界民主主義サミット」に台湾を招待したバイデン氏に対し、中国は反発しました。

中道左派のガーディアン紙によると、中国はこれを「誤り」とし、米国に「一国一城の計」を堅持するよう求めたといいます。

米国の主要な超党派の政策フォーラム、ウィルソン・センターのグローバル・フェローである、ピーター・B・ズワック退役准将は、フォックス・ニュースの「America’s Newsroom」に出演した際、

「米国とその他の国際社会は、台湾の独立を支援するために、武器、訓練、そして、どのように、世界は、おそらく米国が主導して、世界的な協働の元で、非常に脆弱な台湾が中国に対応するかを決めなければならない」と語りました。

さて、日本はどのような対応にでるのでしょうか?「二股外交」が最も軽蔑される手段の一つであることは日本人なら十分に分かります。しかし、近頃、日本の政治家にとって、世界の日本を見る目が間違いなく「親中」であることは周知の事実でしょうが、一向に改めようとしません。

その意味で、いつの間にか、日本人が最も「日本嫌い」になりつつあるのでは?と感じるのは解説者だけだといいのですが。

以上。

スポンサー広告
低予算からでも始められる!【ヤフー広告】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。