ニューズマックス

ニューズマックス「バイデン政権、『オミクロン株の決定的なデータを得るには2週間かかる』と語る」

写真は、アンソニー・ファウチ博士(AFP via Getty Images
Photo 出典元

米国時間11月28日Newsmax.com via Thomson/Reuters.

日本語解説:WAU

「バイデン政権、『オミクロン株の決定的なデータを得るには2週間かかる』と語る」

記事によると、米国の感染症対策のトップであるアンソニー・ファウチ博士は28日、ジョー・バイデン大統領に対し、新たな渡航制限や金融市場を揺るがしている新型コロナウイルス:注₁「オミクロン」について、確定的な情報を得るには2週間ほどかかると述べています。

バイデン大統領は、感謝祭の休暇を終えてワシントンに戻った日曜日の午後、コロナウイルス対策チームから直接説明を受け、この新種のコロナウイルスが最初に検出されたアフリカ南部からの渡航禁止が迫っているにもかかわらず、この新種のコロナウイルスが米国に到達すると予想されていると言います。

ファウチ氏は、既存のワクチンで「コロナの重症化をある程度防ぐことができる」との見解を示し、当局はワクチンを接種した米国人に追加接種を勧めることを改めて強調したと、説明会の資料には記されています。

ホワイトハウスによると、バイデン氏は月曜日に新種と米国の対応について国民に報告する予定だったようです。

南部アフリカで最初に検出された 「オミクロン」は、現在、オーストラリア、ベルギー、ボツワナ、英国、デンマーク、ドイツ、香港、イスラエル、イタリア、オランダ、フランス、南アフリカ、そしてカナダで確認されています。

日曜日の朝、ファウチ氏はABCニュースの「This Week」で、この新種のウイルスは「必然的に」米国に到達するだろうと述べています。

米国保健当局は、「リアルタイムでより多くの情報」を得るために、南アフリカの担当者と話をすることになっていると、ファウチ氏はNBCに、

「これは明らかに、高速で伝播する能力があることを示しています。それが今、私たちが心配していることです」

人口の30%が一度もワクチンを接種していない米国で、この「オミクロン」が出現した場合、コロナの出現から約2年が経過した米国の回復力が損なわれる恐れがあり、最近のデルタ型ですでに負担を強いられている地域の医療システムをさらに圧迫する恐れがあります。

また、寒さのために屋内にいる人が増え、患者数が増加していることから、一部の病院システムやニューヨークを含む米国の州が緊急事態を宣言しています。

ロイター通信のデータによると、米国では2020年初頭以降、コロナにより782,000人近くが死亡しており、これは世界のどの国よりも多く、4,800万人以上が感染しています。

フライトではなく、旅行者の渡航禁止

米国は他の国と同様に、渡航制限を行うことで感染を阻止しようとしています。

月曜の午前12時1分(東海岸時刻)から、アフリカ南部の8つの国のいずれかに過去14日以内に滞在したことのあるほぼすべての外国人の入国を禁止し、米国人に対してもこれらの国への渡航を控えるよう警告しています。

なお、これらの国に渡航したことのある米国市民および合法的な米国永住権保持者は、引き続き米国への入国が可能であり、新たな審査や追跡要件は導入されていません。

変異株が発見されて以来、デルタ航空とユナイテッド航空による南アフリカから米国へのフライトは継続されています。

ファウチ氏をはじめとする政府高官は、突然の感染者数の増加によりオミクロンが懸念されるとした上で、現在のワクチンや治療薬がどのような影響を受けるかはまだ不明であると述べています。

現職の国立衛生研究所長であるフランシス・コリンズ博士は、「フォックス・ニュース・サンデー」の中で、

「このウイルスが重篤なバージョンではないと自信を持って言えるようになるには、もっと多くのデータが必要だが、今後2、3週間でそれが分かるだろう」

と述べています。

ワクチンメーカーのファイザー/バイオンテック社とモデルナ社は、すぐに詳しい情報が得られるだろうと述べています。

モデナ社のチーフ・メディカル・オフィサーであるポール・バートン博士はCNNに対し、

「オミクロンの感染性や重症度、現在のワクチンの有効性についてはまだ不明である」

と述べています。

ポール・バートン博士

Photo 出典元

予防接種の「明確な呼びかけ」

ファウチ博士は、専門家が「オミクロン」を評価している間、アメリカ人にコロナ・ワクチンとブースターの接種を続けるよう求めています。

これは、予防接種を受けるようにという「明確な呼びかけ」ですと、NBCに語っています。

ロイター通信のデータによると、米国では過去14日間に110万件以上のコロナの新規症例が記録されており、その数は過去2週間に比べて9%増加していると言います。

住民10万人あたりの感染数に基づくと、アメリカでは、ミシガン州とミネソタ州が新規症例数で全国をリードしています。

ニューヨーク州では、コロナの検査で陽性となった割合が先月から倍増して4.23%となり、予防接種の必要性が強調されているとキャシー・ホーチュル知事は声明で次のように述べています。

「ニューヨーク州では感染者が増加しており、新たなオミクロン変異体はこれまでの成果を脅かすものである」

この新型インフルエンザは、米国の残りのホリデーシーズンにも影響を与え、企業の帰社計画にも影響を与える可能性があります。

以上。

スポンサー広告
眠れないあなたへ。休息サポートアミノ酸サプリ【スヤナイトα】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です