フォックス・ニュース

アフガニスタン撤退は、バイデンが成功と呼びたい降伏と敗北である

Photo 出典元

米国時間8月28日FOX News
by マイケル・グッドウィン
Michael Goodwin
Foxニュース寄稿者
ニューヨーク・ポスト・コラムニスト

Photo 出典元

日本語訳・解説:WAU

バイデンのアフガニスタン撤退は、成功と呼びたい降伏と敗北である

バイデンは「責任は自分にある」と言うが、それは本心ではない

アメリカはカブールでの虐殺の直後、戦死者や負傷者を連れてアフガニスタンを去ろうとしている。これは名誉ある撤退ではない

涙で目を腫らしたバイデン大統領の顔には深い悲しみがあり、見ていて痛々しかった。しかし、彼の個人的な苦しみは、カブールで起こったことの責任を免れることはできない。

また、ドナルド・トランプ前大統領や自分の軍司令官にまで責任を転嫁しようとする彼の卑猥なまでに恥ずかしい努力を真剣に受け止めることもできない。バイデンは「責任は自分にある」と言っているが、本気ではないのだ。

敵が攻撃して致命的な結果になっても、それは誰かのせいだと言うのは、リーダーシップでもなければ、大統領としての責任でもありません。

もしバイデン氏が本当に責任を取るのであれば、自分の行動がこの恐ろしい結果に大きな影響を与えたという明白な事実を認めるはずである。しかし、すべての司令官が撤退計画に同意していたという彼の主張は、真っ赤な嘘である。

我々は、軍が彼の早すぎる撤退指令に反対したことを確信している。将校たちは彼に代替案を提示した、なぜなら50年間、ジョー・バイデンは常に最善を知っていたからだが、彼は断った。

しかし、物事がうまくいかなくなると、彼はあえて将軍の後ろに隠れる。それが政治であり、ワシントンなのだが、信頼できる最高司令官のすることではありません。

アフガニスタン駐留軍にとって過去10年間で最悪の日となったこの日のことは、制服を着た誰かからドアをノックされたゴールドスター・ファミリーにとって決して忘れられるものではありません。しかし、勇敢な男性と女性がこのような無防備な状況に置かれたことは、アメリカのひどい汚点でもあります。

ゴールドスター・ファミリー・フォー・ピース「Gold Star Families for Peace(GSFP)」とは、2005年1月、イラク戦争で家族を亡くし、金星を飾る権利を持つ人たちによって設立された米国の団体です。

ミリタリー・ファミリー・スピークアウト」の下部組織とされています。現在、「ゴールドスター・ファミリー・フォー・ピース」には、イラクで戦死した軍人の家族が65人以上参加しています。詳細(英語)

彼らは、多くの国の恐怖に陥った民間人を救うために、英雄的な努力で命をかけました。彼らは大きな成功を収めていますが、今、受け入れがたい不必要な代償を払っています。

ショックなのは、混沌として蹂躙されたカブール空港で最後の抵抗をしている間に、アメリカに対するテロ攻撃が成功したことだけではない。ショックなのは、それがもっと早くやってきて、もっと多くの命を救うことができなかったということだ。

大統領の苦悩は、いつも癌で亡くなった息子のボー・バイデンのことに付随しているようだが、これまでと同じように、説得力がなく、不誠実で無謀であることに変わりはない。

彼は、バグラム空軍基地の突然の放棄を含む撤退の条件を設定し、テロ組織であるタリバンとの治安維持協定を承認した。彼はこれらの決定を誇らしげに引用しているが、これらの決定には紛れもない弱さの臭いが漂っている。何万人もの人々が空港に集まったときの混乱は、殺人と騒乱を招くものだった。

世界史上最強の軍隊がカモにされ、戦闘員たちは不可能な状況で防御に徹していた。バイデンの原罪は、決まったスケジュールでアフガニスタンからの撤退を急いだことである。リスクを嫌う彼は、より多くの犠牲者を出さないことを成功の最大の尺度としていた。

弱さが攻撃を招くのと同じように、その恐怖のアプローチは危険だった。犠牲者を出さないことに固執した結果、大惨事になってしまったのです。

午後遅くの発言で、大統領は責任者を捕まえることを誓って正しい方向性を示したが、彼は来週の火曜日までにタリバンの助けと協力を得て、アフガニスタンから完全に撤退することを決意しているようだ。タリバンを信用していないにもかかわらず、彼が頻繁に言ってる、タリバンの「自己利益」のために彼らを頼りにしていることは、この概念自体が矛盾に満ちているのだ。

厳しいことを言ってはいるが、バイデンの期限付きは、攻撃を実行した者を追い詰めることを難しくしているのは確かである。また、この期限を過ぎると、タリバンから逃れようと必死になっている残りのアメリカ市民やアフガニスタンの同盟国の人々を避難させることもほぼ不可能になる。

実際、タリバンはすでにアフガニスタン人が空港に行くことを制限しており、空港の警備が強化されることは必至で、運良くゲートを通過できる人の数は減るだろう。

同時多発テロの前から、5,500人の海兵隊員や兵士とその装備品の搬出を開始するために、早ければ金曜日には民間人の避難便を激減させる必要があるという報告があった。

つまり、アメリカは死傷者を連れて、虐殺の直後に立ち去ろうとしているのだ。これは名誉ある撤退ではありません。

これは降伏であり、成功を装った敗北なのです。



一方、世界中のテロリストたちは祝杯をあげ、9.11の20周年は彼らの歪んだ目的のための史上最大の勧誘ツールとなるでしょう。

それがジョー・バイデンの監視下で起こったことを決して忘れてはならない。

攻撃がある前に、5,500人の海兵隊員や兵士とその装備品の搬出を開始するために、早ければ金曜日には民間人の避難便を激減させる必要があるという報告があった。

つまり、アメリカは死傷者を連れて、虐殺の直後に立ち去ろうとしているのだ。これは名誉ある撤退ではありません。

これは降伏であり、成功を装った敗北である。

その間、世界中のテロリストは祝杯をあげ、9.11の20周年は彼らの歪んだ目的のための史上最大のリクルート・ツールとなるでしょう。

それがジョー・バイデンの監視下で起こったことを忘れてはならない。

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています!

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です