ニューズマックス

ニューズマックス「トランプ氏、米国には『素晴らしい未来』が待っている」

Photo 出典元 (Getty Images)

米国時間11月25日Newsmax
by チャーリー・マッカーシー
Charlie McCarthy
元フォックス・スポーツ・フロリダのコラムニスト、元ニューヨーク・ポストの記者。

日本語解説:WAU

「トランプ氏、米国には『素晴らしい未来』が待っている」

ドナルド・トランプ前大統領は、感謝祭の日にメッセージを発し、アメリカ人に 「心配するな、我々は再び偉大になる」と伝えました。

トランプ氏がこのようなコメントを発表したのは、インフレが進行する中、「進歩的」な議員たちが2兆ドル(約230兆円)規模の社会支出や「気候変動」に関する法案の可決に注力していることや、1月6日に起きた「国会議事堂襲撃事件」にまつわる出来事を調査する超党派の下院特別委員会に注力していることが背景にあります。

また、アメリカ南部国境での移民の急増、学校のカリキュラムに影響を与える「批判的人種理論」、人種的な意味合いを持つ射殺事件に関する最近の注目すべき裁判などにも対処しています。

さらに、中国とロシアは、米国の同盟国(台湾、ウクライナ)を脅かすような措置をとっています。

トランプ氏は、「Save America JFC」が木曜日の朝に発表した声明の中で次のように述べています。

「わが国は非常に興味深い時期にあるが、心配しないでほしい、われわれは再び偉大になるだろう。アメリカは決して失敗しないし、間違った方向に進むことも許されない。あまりにも多くの偉大な世代が私たちに期待しています。素晴らしい未来が待っていることを知って、感謝祭を楽しんでください!」

元大統領のコメントは、2024年の再戦でジョー・バイデン大統領を破るという最近の世論調査を受けてのものです。

火曜日のポリティコは、2020年にバイデン大統領に敗れた州でトランプ氏がリードしていると報じました。

報告書によると、2024年の可能性の高い有権者のうち、トランプ氏は 「アリゾナ州で8%ポイント、ジョージア州で3ポイント、ミシガン州で12ポイント、ペンシルバニア州で6ポイント、ウィスコンシン州で10ポイント、バイデン氏をリードしていた」 という内容です。

また、多数の世論調査では、米軍がアフガニスタンから撤退した頃の8月下旬以降、バイデン氏の支持率が急落していることがわかっています。

トランプ氏の感謝祭の日の発言は、1月6日の下院特別委員会でバーナード・ケリック元ニューヨーク市警本部長の証言を許可するために、弁護士とクライアント間の特権を放棄すると述べた翌日のことでした。

トランプ氏は、ナンシー・ペロシ下院議長の超党派委員会が、ケリック氏への召喚状の中で、「公開されていない」2020年の選挙での「有権者詐欺」の証拠を要求していたため、そうしたと説明しています。

以上。

スポンサー広告
コミコミ価格!1万円から新車に乗れる!【カーリース館】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です