フォックス・ニュース

FOXニュース COVIDの終焉  罪のない人を罰したのは誰?

5月22日、FOX NEWSはニコール・サフィエ博士(Dr. Nicole Saphier)氏のオピニオン記事、

パニックは終わりました。 罪のない人を罰するのをやめましょう

を報じました。

オピニオン記事寄稿者:
ニコール・サフィエ医学博士

Dr. Nicole Saphier
ニコールサフィア博士は、メモリアル・スローンケタリング・がんセンター(Memorial Sloan Kettering Cancer Center)と、ワイルコーネル医科大学(Weill Cornell Medical College)の助教授であり、FOX NEWSの医療貢献者。著書「Make America Healthy Again」と「Playing Politics with Science in the Fight Against COVID-19」のベストセラー作家。
Twitter @ NBSaphierMD
Instragram @ nicolesaphier_md

Photo出典元

FOX NEWS公式記事はこちら

翻訳に関する注意事項

パニックは終わりました。 罪のない人を罰するのをやめましょう

COVID-19のパンデミックの間、対面の学習と運動から子供たちを遠ざける政策によって子供たちは酷く苦しみました。

小児の重篤な病気のリスクが低いことを示す十分なデータがあるにもかかわらず、小児の入院と多系統炎症性症候群(MIS-C)の症例に関して注目を集める見出しは、危険リスク認知において両親と保護者に恐怖を植え付けました。

これらの説明は、子供のCOVID-19に関する世間の捉え方に大きな影響を与えています。

小児医学診療ジャーナル(the journal Hospital Pediatrics)に掲載された最近の研究資料によると、小児の入院例は過大評価だと報告されています。 カリフォルニアの2つの小児病院の入院データの遡及調査では、「COVID-19で入院」として報告された小児の最大46%がCOVID-19に関連する症状で入院していなかったことが示されています。

この調査では、「SARS-CoV-2陽性」であることが判明した患者の約40%が、ウイルスの症状を全く示さなかったことで、言い換えれば、ウイルスから無症候性であったこともわかりました。 ざっくばらんに言って、病院は患者の全般的な検査を推奨しているので、 COVID-19の症状によるものではく、メンタルヘルス疾患や整形外科範疇の骨折などの、他の理由で子供が入院したときに、たまたま陽性例が見つかったのです。

何かの(原因を調べる)ために入院していることと、何が原因か解って入院していることの間には大きな違いがあるので、これらの報告の意義は非常に重要です。

これらの新しい研究が示唆しているように、子供たちの入院率をほぼ半分に減らすことで、子供たちのCOVID-19の真の重症リスクは当初考えられていたよりもさらに低くなり、COVID以前の世界で許容できると見なされるレベルだと言えます。

米国疾病予防管理センター(CDC)によると、毎年5歳未満の58,000人以上の子供が呼吸器系総合ウイルス(RSV)で入院しています。 米国小児科学会のレポートでは、16,013人の子供(0-19歳)がCovid-19で入院したと報告されています(カリフォルニアからの最新の報告を反映したもので、その数は膨らんで、思春期の青年と若い成人も含まれる)。確かに、入院につながる重症疾患の子供以外にもSARS-CoV-2の影響はありますが。

MIS-Cの報告は引き続き懸念を引き起こしていますが、リスク認識レベルをリアルな現実に移行することが不可欠です。 パンデミックの開始以来、400万人近くの子供たちがSARS-CoV-2の検査で陽性反応を示しましたが、発症が確認されたのは3,742件で、そのうち35人が死に至りました。 まだこの病気が衰弱化する期間であれば、感染後にMIS-Cを発症するリスクの計算値は約0.09%です。 子供たち全体のウイルス検査が不十分であることを考慮すると、この病気はさらに稀である可能性があります。

川崎病を含む 、他のウイルス感染後症候群は、毎年約3,000〜5,000人の子供が MIS-Cと同様の症状と結果を発生することを示しています。 しかし、これらの稀な病気を防ぐために、子供は家に閉じこもる必要はなく、フェイスマスクを着用する必要もありません。

米国では、多くの病原菌が常に循環しているにもかかわらず、子供たちの主な死因は自動車事故であり、毎年600人以上が死亡し、10万人近くの子供たちが負傷しています。 さらに800〜900人の子供が不慮の溺死で亡くなっています。 壊滅的なことに、毎年約1,700人の子供たちが癌で亡くなっていますが、現時点では予防することができるのはほんのわずかです。

比較的に言えば、子供たちにとってCOVID-19は緊急事態ではありませんし、 真の危険リスクは、他の多くの人々が、生活に厳しい制限を課さないよりもはるかに少ないのです。

子供たちがCOVID-19の病症を発症した場合、咳、鼻づまり、発熱など含み、通常は全て軽度です。 また、子供は大人よりもウイルスの伝染性が少なく、地域流行や集団感染の主な原因ではありませんでした。

新型コロナウイルスに対する脆弱性は加齢とともに増加するため、これまでに、ワクチン接種を希望する青少年および成人は、現在ワクチン接種をすでに受けているか、または今後受ける可能性がありますので、新たな症例や入院患者数は急激に減少し続けています。

コロナウイルスのパンデミックは終わっていないかもしれませんが、緊急事態はすでに終わっています。

米国の陽性率は史上最低になりましたので、予防接種を受けた成人はマスクを外しています。罪のない人を罰するのをやめる時が来たのです。 私たちの恐怖に基づく規制は、間違った教育レポートと精神衛生医療要求データに示されたように、十分な害を及ぼすことが分かりました。 言うまでもなく、幼児の顔認識スキルは、社会的に役立つだけでなく、学業成績の向上にもつながります。

子供に対するCOVID-19の危険性を誤って描写しているレポートは、対面による学習とレクリエーション活動を長期に渡って制限することを正当化するだけです。

疾病管理予防センター(CDC)は、これらのデータを正視して、子供たちにおけるCOVID-19の真のリスクに透明性を保つ必要があります。 また、屋内外でのマスク着用に関する幼児への推奨事項を再考する必要があります。

延長された規制が害を引き起こしていることを知っていながら、COVID-19が子供たちにとって緊急ではないのに、緊急使用許可の下で子供たちがワクチンを急いで利用する意味がありません。

学齢期の子供たちの病気の重症度のリスクが低いことを考えると、すべての年齢層に安全で効果的なワクチンを利用できるようになるまで、この低リスクの人々にワクチンを接種する前に、食品医薬品局(FDA)の完全なる安全承認を求める必要があります。

私たちが本当に科学に従うのであれば、子供たちにとってのCOVID-19の脅威は、多くの日常のリスクよりもはるかに低いことを受け入れ、子供たちが通常の生活を再開できるようにしなければなりません。

以上。

FOX NEWS公式記事より

WAU MEDIA翻訳者コメント:
ここまで読み進めていただいた方の貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です