フォックス・ニュース

FOXニュース「アフガニスタンは常に『不可能な任務』だった – バイデンはこの終盤の窮地で幻想の世界に生きている 」

Photo 出典元 on FOX NEWS

8月14日FOX NEWS

by K.T. マクファーランド
K.T. McFarland

K.T.マクファーランドは、トランプ大統領の最初の副国家安全保障顧問であり、彼の最大の制圧キャンペーンの策定に貢献しました。著書に『Revolution』や『We the People』」などがある。
Photo出典元

日本語解説:WAU

「アフガニスタンは常に『不可能な任務』だった – バイデンはこの終盤の窮地で幻想の世界に生きている 」

Afghanistan was always Mission Impossible. Biden’s living in fantasyland with this endgame

アフガニスタンの悲劇は、タリバンが常に優勢だったこと

バイデン大統領は、大使館にいるアメリカ人市民や、戦争に協力してくれたアフガニスタン人を避難させるために、戦闘部隊をアフガニスタンに送り返したところです。3,000人の米軍はその後、彼らを非難させる際に銃撃戦を行うと思われます。

不可解なことに、彼らを守るために「中核」となる外交スタッフと米軍の戦闘部隊を残すと言うのです。バイデン政権は、タリバンは世界からの批判を避けるため、これらのアメリカ人に手を出さないと考えているのです。

バイデン政権は、これがうまくいくと考えているなら、幻想の世界に生きているとしか言いようがありません。しかし、アフガニスタンに関して言えば、我々の政治的・軍事的リーダーたちは何年も前から幻想の中で生きてます。

ほんの1週間ほど前、アメリカの高官たちは、外交や交渉による解決策について話していましたが、その翌日には、アフガニスタンは数ヶ月以内に陥落する可能性があると言ったのです。

再び幻想の住人たちです。

タリバンは数週間、いや数日のうちにアフガニスタンのすべてを支配するでしょう。 より多くの地方と部族の指導者が タリバンに寝返れば 他の指導者にも同じことをするようにとの圧力が強めるだけです。


彼らは恩赦と引き換えにすぐに武器を捨てるでしょうし、部族長や州の長たちは、アフガン政府を支持する最後の一人になりたがりません。何故ならタリバンの報復は悪質なものになるからです。

現在のタリバン指導者であるムジャーヒディーン/a>たちは、1992年にカブールを制圧しましたが、その際、彼らは当時のアフガン大統領ムハンマド・ナジブラを捕らえて拷問の上に殺害し、その遺体をトラックの後ろに引きずってカブールの街中を走り、街灯に吊るして皆の見せしめにしました。



この例は、現在のアフガニスタン政府の指導者たちにも当てはまり、彼らは同じ運命をたどることなく、数週間のうちにカブールを脱出するだろうと私は予想しています。

アフガニスタンの悲劇は、タリバンが常に優勢であったことです。彼らは、アメリカがうんざりして出て行ったあと、国を自分たちのものにするのは時間の問題だと知っていました。

彼らのやるべきことは、ただアメリカが去るまで待つことでした。

15年前、私がアフガニスタンに滞在していたとき、部族のリーダーがむき出しの手首を叩いて、「アメリカ人は時計を持っているが、我々は時間を持っている」と言いました。

共産主義のベトナム軍がサイゴンを包囲し、アメリカ大使館まで迫っていたとき、私はホワイトハウスの地下のシチュエーションルームヘンリー・キッシンジャー博士の下級補佐官を務めていました。

残った軍と職員を脱出させるには、大使館敷地内の臨時着陸場にヘリコプターで着陸させるしかありませんでした。

私は、アメリカ人は二度と、目的が不明確で拡大し続ける勝ち目のない戦争をしてはならない、と心に誓ったことを覚えています。この戦争は、私たちや民主的な統治に忠誠心を持たない腐敗した指導者を支援するものでした。

レーガン政権下で、私はベトナムでの失敗を教訓に、キャスパー・ワインバーガー国防長官「戦争の原則」演説を起草し、レーガン大統領もこれを支持しました。アメリカが戦争をするのは、自国の重要な利益を守るためであり、勝利への明確な道筋がある場合に限られるのです。

しかし、またしてもこのような事態になってしまいました。

実はアフガン戦争は、19年前にアルカイダを壊滅させるという当初の任務から、近代的なアフガンの国家建設という新たな任務に切り替えた時点で敗北していたのです。

我々アメリカの指導者たちは、世界で最も後進的で腐敗した文盲の荒涼とした部族国家を、アルカイダを撃退する民主主義国家に変えようとしていました。

アメリカ軍、航空支援、情報に頼る洗練されたアフガニスタン軍を作ろうとしたとき、我々の軍事的努力は最初から絶望的でした。

アフガニスタンにおける我々アメリカの当初の目的は、「我々の国民を殺した者を殺す」という単純なものでした。事実、9月11日の同時多発テロの直後にアメリカの特殊部隊を少人数で派遣し、見事に成功させました。

アフガニスタンの部族指導者と協力して、3カ月以内にアルカイダの大半を壊滅させました。アフガニスタンとパキスタンを隔てるヒンドゥークシ山脈の洞窟にうずくまっていたウサマ・ビン・ラディンを含む数百人の残存兵力を包囲しました。

しかし、不可解なことに、その場で仕留めたり、山やパキスタンの部族地域まで追いかけて破壊するのではなく彼らを逃がしてしまったのです。



私たちはパキスタンに、アルカイダを始末してくれるよう、毎年、多額の報酬を支払っていました。パキスタンは我々の援助を喜んで懐に入れましたが、ビン・ラディンを追いかけず、彼の組織を存続させ、さらに成長させたのです。

その代わりに、私たちは『不可能な任務』のためにアフガニスタンに留まったのです。 私たちは2000人以上のアメリカ人を失い、何万人ものアメリカ人が負傷し、1兆ドル以上を無駄にしました。

共和党、民主党を問わず、政治指導者や軍の上級士官は、ベトナムと同様、アフガニスタンでも私たちを失望させました。

彼らアメリカの指導者たちは、欧米に住む英語を話すアフガニスタン人に騙されました。 彼らが無能で腐敗し、国民の支持を得られなかったにもかかわらず、我々は彼らを政権の座につかせ支え続けたのです。

毎年、アメリカの両党の政治家や軍の幹部は、成功はすぐそこまで来ていると断言しました。必要なのは、数千人の兵士を増やし、あと1年かそこらと言って、そしてもちろん数十億ドルの援助と支援です。

しかし、勝利は不可能であり、交渉による解決でさえも手が届かなかったのです。今はただ、国民が無事に脱出し、軍が帰還することを祈りましょう。

そして、もう一度、このような状況には二度と陥らないと心に誓いましょう。

そして、今度は本気でそうしましょう。

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています!

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です