ニューズマックス

ニューズマックス「米連邦控訴裁判所、バイデン大統領による差別的なワクチン接種義務化の保留を支持」

Photo 出典元

米国時間11月12日Newsmax via Reuters

日本語解説:WAU

米連邦控訴裁判所、バイデン大統領による差別的なワクチン接種義務化の保留を支持

米国の連邦控訴裁判所は金曜日、ジョー・バイデン大統領が100人以上の従業員を抱える企業にコロナワクチンの接種を義務付ける命令を保留した判決を支持し、バイデン政権の異議を退けました。

ニューオリンズにある米国第5巡回区控訴裁判所の3人のメンバーは、バイデン政権がワクチン義務化の実施を中止すれば、何十人、何百人もの死亡者が出る可能性があると主張しているにもかかわらず、この保留の判決を支持しました。

判決では、「この義務化は、驚異的なほど広範囲に及んでいる」と述べています。

巡回裁判所のカート・エンゲルハルド判事は、委員会のためにこう書きました。

「この義務化は、職場(と労働者)の違いをほとんど考慮していない、画一的なものである。」

カート・エンゲルハルド判事

Photo 出典元

ワクチンの義務化は、米国内でも大きな議論を呼んでいます。賛成派は、2年近く続いたコロナウイルスの大流行に終止符を打つために必要だと言っていますが、一方、反対派は、合衆国憲法に違反し、個人の自由を阻害すると主張しています。

また、この義務化は、すでに労働力不足やサプライチェーンの大きなねじれに直面している労働力を減少させる恐れがあるとしています。

第5巡回区の判事たちは、反対派の意見に同意しました。

「公共の利益は、憲法の構造を維持し、個人が自らの信念に基づいて極めて個人的な決定を下す自由を維持することによってももたらされます。それは、たとえその決定が政府の役人を挫折させるものであっても、いや、特にそうであってもです。」

と、カート・エンゲルハルド判事は判決書に書いています。

この政府規則は、米労働安全衛生局(OSHA)が発行したもので、従業員100人以上の企業は、スタッフにワクチン接種を受けさせるか、毎週のテストとフェイスマスクの着用を義務付けるものです。

ホワイトハウス当局は、テキサス州のケン・パクストン司法長官が勝利したと評価したこの判決について、すぐにはコメントを出しませんでした。

テキサス州は、他の米国の州や民間の雇用者、宗教団体とともに、この命令に対して法的な異議を申し立てていました。

「テキサス州の『説得力のある主張』を受けて、第5巡回区はOSHAの違憲・違法な民間企業へのワクチン義務化を停止した」

とパクストン司法長官はツイッターで述べています。

ケン・パクストン司法長官

Photo 出典元

バイデン氏は9月にこの義務化を発令し、予防接種を受けようとしない人々に対して「我々の忍耐も限界に来ている」とアメリカ国民に伝えています。

以上。

スポンサー広告
不眠社会に生きるあなたへの贈り物

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です