ニューズマックス

Newsmax ファウチ博士は去らなければならない

(上の写真 by J. Scott Applewhite-Pool/Getty Images)

7月26日、Newsmaxはトム・ボレリ(Tom Borelli )氏のオピニオン記事を掲載しました。

オピニオン記事寄稿者:
トム・ボレリ

Tom Borelli
Conservative Review誌の寄稿者
第100回米国議会(下院)科学・宇宙・技術委員会科学研究員
インターフェロン、ヒト白血病に関する科学論文を発表
ミシガン州立大学、微生物学の理学士号を取得
生化学の理学修士号および博士号を取得

Photo出典元

Newsmax公式記事

翻訳に関する注意事項

以下はトム・ボレリ氏のオピニオン記事の日本語訳です。

ファウチ博士は去らなければならない

Fauci Must Go

アンソニー・ファウチ博士は、そろそろ引退するか、少なくとも表舞台から退くべき時が来たようです。

バイデン大統領の最高医療顧問として、また、SARS-COV2やワクチンについて頻繁にメディアに登場するファウチ博士の役割は、現時点では益よりも害が大きいです。

ファウチ氏は、バイデン大統領のワクチン接種の目標に対して、間違ったメッセージを伝える間違ったメッセンジャーなのです。

多くのアメリカ人、特に保守派からは 「ファウチ疲れ 」と呼ばれています。

この1年半の間に、あまりにも矛盾した発言をしている彼の数々のテレビインタビューは、彼の信頼性を損なっています。

さらに、ワクチン接種を勧めるファウチ氏のセールストークは、保守派の人々の反感を買っています。

MSNBCでファウチ氏は、ワクチン接種を受けないという個人的な判断は政治に基づくものだと解釈し、

「乗り越えろ」

「この政治的宣言を乗り越えて、自分と家族の命を守りなさい」

と言いました。

彼の見解に従わない保守派を叱咤することは、彼の思惑とは逆の反応を得ることになるのです。

最近、上院の公聴会で、「機能獲得型研究」の定義や、武漢ウイルス研究所への資金提供におけるファウチ氏の役割をめぐって、ファウチ氏とランド・ポール上院議員(共和党)との間で交わされたやりとりは、保守派をさらに遠ざけることになるでしょう。

「機能獲得型研究」とは、微生物を連続的に継代させ、培養物に選択的圧力を加えることにより、伝染性、病原性、免疫原性、宿主への感染性を高める研究のことです。

これは、病原体が環境圧力に適応する方法を理解するための研究として行われ、疾病対策の計画を立てたり、ワクチンや治療法の可能性を探ったりするのに役立ちます。CRISPRのような遺伝子編集技術は、選択的な連続継代と組み合わせて、特定の遺伝子がタンパク質の発現や最終的な生物の機能に果たす役割を調べるために利用されることがあります。詳細

ポール上院議員の質問に対し、ファウチ氏は非常に興奮し、攻撃的になり、上院議員を嘘つき呼ばわりした。彼の態度は、声のトーンやボディランゲージも含めて、全体的に防御的であり、彼の主張の弱さを示していました。


実質的には、武漢の研究所への資金提供に関する彼の慎重な回答は、真実を隠そうとするファウチ氏の意思を示しています。

中国の科学者が発表した科学論文が「機能獲得型研究」であることを否定したのは、研究手法の狭い定義に基づいています。

ポール議員が説明したように、中国の科学者たちは、中国の洞窟で発見された自然発生のコウモリのコロナウイルスを、遺伝子操作によってヒトの細胞に感染する能力を持たせたのです。



ファウチ氏は

「ポール上院議員、あなたは自分が何を言っているのか分かっていない、率直に言って、私は公式にそう言いたい」

と、ポール議員の主張を完全に否定しました。

実験室で新しい形質のウイルスを作ったのは、自然ではなく人間の介入です。

それは文字通り、機能の獲得です。

要するに、中国の研究者はファウチ氏からの資金援助を受けてコウモリのコロナウイルスを操作していたということです。

ポール議員が述べたように、その証拠に、中国の出版物には助成金番号を含めて米国国立衛生研究所のクレジットが記載されています。

今回の発表では、武漢の研究所が、ヒトの細胞に感染する新しいコロナウイルスを作り出す能力を持っていることが明らかになったことが重要です。

この研究所で行われた追加の研究プロジェクトは、おそらくSARS-COV2の作成を含めて不明です。

ファウチ氏の言葉は、モニカ・ルインスキーに関する大陪審証言でのビル・クリントン元大統領の以下の発言に似ています。

「It depends on what the meaning of the word ‘is’ is”」

1998年8月17日、クリントン大統領は、弁護士のロバート・S・ベネット氏がスーザン・ウェバー・ライト判事に「クリントン大統領(とモニカ・ルインスキー)との間には、どのような形であれ、いかなる種類のセックスも全くありません」と述べたことが真実であるかどうかを尋ねられ、クリントン大統領は「『ある』という言葉の意味によります」と答えました。

クリントン大統領は、「”is “が “今まで一度もなかった”を意味するのであれば、それは一つのことだが、”is “が “最近はなかった”を意味するのであれば、ベネット氏の発言は正しいと説明しました。詳細

「ファウチ疲れ 」がワクチン接種をためらう原因になっているという証拠が出てきました。

7月14日から17日にかけて行われたCBSニュースのYouGov世論調査では、パンデミック過において、成人がワクチンを受けない理由についての調査が行われました。

この世論調査によると、50%が「政府を信用していない」という理由でワクチンを接種していません。

これは、40%が同じように答えた6月の調査よりも10ポイント高くなっています。

さらに、ワクチン接種を避ける理由として、

「科学的根拠を信用しない」と回答した成人が大幅に増加しています。

6月には33%の人が科学的根拠を信用していませんでしたが、7月には45%にまで増加しました。



要約すると、政府や科学を信用しないアメリカ人が増えているということです。

従って、論理的には、政府の科学者であるファウチ氏は、アメリカ人個人に予防接種を受けるよう説得するには最悪の人物ということになります。

驚くべきことに、ファウチ氏は自分が予防接種の最適なメッセンジャーではないことを認めている。 

CBSニュースの「Face the Nation」で、彼は政府のメッセンジャーが信頼されていないことを認めました。

ファウチ氏は次のように述べています。

「今、起こっていることは、私のような政府関係者ではなく、地域の信頼できるメッセンジャーが人々に働きかけることです。」

自分が信頼できる情報源ではないことを知り、認めているにもかかわらず、ファウチ氏は数多くのネットワークやケーブルニュースステーションに出演し続けています。

バイデン氏が本当にワクチン接種の数を増やしたいのであれば、アメリカ人が「ファウチ疲れ 」に苦しんでいることを認識し、SARS-COV2の情報やワクチンに関する政府の顔としてフォーチ氏を排除するだでしょう。

以上。

Newsmax公式記事より

WAU MEDIA翻訳者コメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です