デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「ゴールドマン・サックス、世界経済にとってコロナよりもインフレの方が大きな脅威であると発表」

Photo 出典元

米国時間11月12日DailyWire.com
「デイリーワイヤー誌は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」
by ベン・ツァイスロフト
Ben Zeisloft

日本語解説:WAU

ゴールドマン・サックス、世界経済にとってコロナよりもインフレの方が大きな脅威であると発表

ゴールドマン・サックス社の新しい分析によると、世界経済の成長に対する主な脅威は、インフレが新たなコロナの発生を凌駕するだろうとのことです。

ゴールドマン・サックスは11月8日、米国のインフレが続くと、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを開始する可能性が高いと説明しました。

最近、米国のインフレ率が予想を上回ったことを受けて、FRBの利上げのリフトオフ予測を2022年7月まで1年前倒ししました。

現在では、量的金融緩和政策のテーパリングが終了してもコアPCEインフレ率は3%以上、コアCPIインフレ率は4%以上を維持すると予想しており、テーパリング(中央銀行が超金融緩和状態から抜け出す過程で採用する出口戦略の一つで、量的緩和策による資産買い入れ額を徐々に減らしていくこと)から利上げへのシームレスな移行が最も抵抗の少ない道になると考えています。

リフトオフ後、2022年11月に2回目の利上げを行い、その後は年に2回の利上げを行うと考えています。

この緩やかなペースの鍵となるのは、需要の鈍化と供給の増加の組み合わせにより、商品価格と全体のインフレ率が部分的に低下することです。

需要面では、米国政府による所得支援が正常化し、サービス業の活動が回復するにつれて、財への支出が緩やかになると予想しています。

米国の財消費はトレンドを10%近く上回っていますが、これは家計が景気刺激策を受け取った3月のピーク時からすでに5%減少しており、調整はまだ先になりそうです。

医療の進歩により、コロナの蔓延は引き続きスローペースになるため、ゴールドマン・サックスは、消費者のウイルスに対する恐怖心は減少すると予想しています。そのため、物価の上昇がコロナに代わって景気回復のボトルネックになる可能性があります。

つまり、世界経済にとっての最大のリスクは、もはや新たなウイルスの発生による再不況ではなく、商品供給の逼迫と過剰な賃金圧力によるインフレ率の上昇ではないかと考えられます。

物資供給の逼迫は来年にはかなり緩和されると思われますが、現在、サプライチェーン管理へのストレスは大きく、半導体、耐久財、エネルギー市場の在庫は非常に少なくなっています。

このような環境下では、中国でのコロナの発生による生産停止や、厳冬によるエネルギー需要の急増など、短期的な混乱であっても、経済に大きな影響を与える可能性があります。

水曜日に米国労働省が発表した消費者物価の前年同月比の上昇率は6.2%に達し、過去30年間で最も高い上昇率となりました。

MacroPolicy Perspectives」のエコノミストであるローラ・ロスナー・ワーバートン氏は、ウォール・ストリート・ジャーナル紙に次のように述べています。

「私たちは、インフレが拡大し、経済がもう少し激しくなる新たな段階に移行していると思います。その一部は、多くの買い物が行われるホリデーシーズンに向けて、(サプライチェーンの)ボトルネックが解消されていないことや、経済が非常に好調であるため、強い需要があることを反映しています」

プリンシパル・グローバル・インベスターズのチーフ・ストラテジストであるシーマ・シャー氏はCNBCに対し、

「インフレは良くなる前に明らかに悪くなっており、シェルター価格(家賃や光熱費など住宅に関わる維持費)の大幅な上昇はインフレ圧力の拡大を示す証拠となっている」

と述べています。

先週、米連邦準備制度理事会(FRB)は、毎月の資産購入額の縮小を開始すると発表しました。

これは、コロナとロックダウンによる景気後退が始まって以来、積極的な金融刺激策が初めて縮小されたことを意味します。金利目標は据え置かれますが、中央銀行は11月と12月の債券購入額を150億ドル削減します。

以上。

スポンサー広告
眠れないあなたへ。休息サポートアミノ酸サプリ【スヤナイトα】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です