ニューズマックス

ニューズマックス「バイデン政権、東欧に最大5,000人の軍隊を派遣することを検討」

写真は、2021年12月8日、ウクライナのマリンカで、前線の建物にいるウクライナ兵。ウクライナとの国境沿いにロシア軍が増強されたことで、ウクライナ政府との7年にわたる戦争の後、分離主義者がその大半を保持しているドンバス地域にロシアが侵攻する意図があるのではないかという懸念が高まっている。(Brendan Hoffman/Getty)

Photo 出典元

米国時間01月23日Newsmax

by ニック・クアウトソビナス
Nick Koutsobinas

日本語解説:WAU

「バイデン政権、東欧に最大5,000人の軍隊を派遣することを検討」

ニック・クアウトソビナス氏の報告によると、ジョー・バイデン大統領は、ロシアによるウクライナ侵攻の懸念が高まる中、東欧やバルト諸国のNATO同盟国数千人の軍隊や航空機、軍艦を派遣することを検討していると、ニューヨーク・タイムズ紙が報じています。

アントニー・J・ブリンケン国務長官は、CBSの番組「Face the Nation」で、

「外交を行っていても、我々は防衛力と抑止力の強化に非常に重点を置いている。ロシアが再び侵略行為を行えば、NATO自体も大幅に強化され続けるでしょう。そのすべてがテーブルの上にある」

と述べています。

土曜日にキャンプ・デービッドで行われた会議に出席した米国防総省関係者は、バイデン氏に、これまでの「挑発しない外交」から脱却するためのいくつかの戦略を提示し、その中には、ルーマニア、ラトビア、リトアニア、エストニア1,000〜5,000人の軍隊を派遣し、状況が悪化すれば10倍に増やす可能性があるというものも含まれていると言います。

バイデン氏は、この問題について今週中に決断を下す予定ですが、彼は、ロシアがウクライナ国境に約10万人の軍隊と武器を増強していることや、ベラルーシにロシア軍が駐留していることなどを考慮していると伝えています。

米国防総省の元ロシア政策担当トップ、ジム・タウンゼント氏は、米政権は十分に踏み込んでいないとして、タイムズ紙に対し、

「プーチンを抑止するには遅すぎます。もしロシアが数週間後にウクライナに侵攻した場合、この5,000人はアメリカと同盟国の軍のプレゼンスをより大きくするための頭金に過ぎないはずです。西ヨーロッパは再び武装キャンプとなるべきだ」

と述べています。

ジム・タウンゼント氏

Photo 出典元

先週、バイデン氏は、

「米国はポーランドやルーマニアへの駐留軍を増強するつもりだ。もし実際に(プーチンが)動けば、その他の国々も同様の処置をとる。それらはNATOの一部です」

と述べています。

以上。

スポンサー広告
水素水が定額飲み放題【アクアバンク】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。