ニューズマックス

「司法省、テキサス州の投票法を提訴:選挙透明性を重視する共和党州の法案を、何としても阻止したいバイデン政権」

写真は、テキサス州の投票法を強化する上院法案1を見せるグレッグ・アボット州知事。(LM Otero / Associated Press)
Photo 出典元

米司法省は12日、テキサス州が「郵便投票」を不正を厳しく制限していることについて、テキサス州を提訴しました。

これは、バイデン政権が全米の共和党支配下の州で制定されている新たな投票制限に対抗するための最新の動きです。

解説記事:米国時間11月04日ニューズマックスフォックス・ニュースより

登場人物:
グレッグ・アボット・テキサス州知事

Photo 出典元

メリック・B・ガーランド司法省長官

Photo 出典元

ケン・パクストン・テキサス州司法長官

Photo 出典元

今回の司法省の訴訟では、グレッグ・アボット知事が9月に署名し「テキサス州上院法案1号」が有権者の権利を侵害していると主張しています。

テキサス州法は、当局が未承諾の郵送投票申請書を送付することを禁止し、郵送による投票を厳しくするもので、郵便投票に必要な「身分証明書の発行」、及び、「ドライブスルーや24時間営業の投票所の禁止」「期日前投票の制限」、「障害や言葉の問題で支援を必要とする有権者への支援制限」などが行われます。

司法省の申し立てによると、テキサス州の法律は、障害のある有権者や読み書きのできない有権者が、投票所で適切な支援を受けることを不適切に制限しているとのことです。

訴状は、

「英語が不自由な有権者、障害のある有権者、高齢の有権者、遠方に派遣されている軍人、国外に居住する米国人など、投票権を行使しようとする適格なテキサス市民の権利を奪うことになる」

としています。

9月上旬にテキサス州のグレッグ・アボット知事によって署名された「上院法案1」は、郵便投票の新しいルールを確立する一方で、党派的な投票監視員の数を増やし、地域の投票運営に対する州のコントロールを強化するものです。

共和党は、「この法案は、州内の不正投票に歯止めをかけ、選挙の完全性に対する有権者の信頼を高めるために必要な措置である」と主張しています。

一方、民主党は、「州内で広範な不正投票が問題になっているという考えを裏付ける証拠はない」と主張しています。

テキサス州司法長官のパクストン氏は、

「バイデン氏は、テキサス州が最近制定した選挙管理法SB1を潰そうといているが、これは素晴らしい法案であり、大いに必要とされているものです。テキサス州が安全で、安心で、透明性のある選挙を行うことは私の最優先事項です。法廷で会おう、バイデン!」

とツイートに書いています。

以上。

日本語解説:WAU

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です