フォックス・ニュース

FOX News キューバ、ベネズエラのカトリック教徒は、フランシスコ法王に裏切られたと感じています。その理由は・・・

キューバ人は、法王が何千人もの絶望的なキューバ人よりも海のプラスチックに関心があるのか疑問に思うのは当然だ。

7月23日、FOX NEWSはレイチェル・カンポス-ダフィー(Rachel Campos-Duffy )氏のオピニオン記事を掲載しました。

オピニオン記事寄稿者:
レイチェル・カンポス-ダフィー

Rachel Campos-Duffy
FOX & Friends Weekend」の共同司会者

Photo出典元

FOX NEWS公式記事

翻訳に関する注意事項

以下はレイチェル・カンポス-ダフィー氏のオピニオン記事の日本語訳です。

キューバ、ベネズエラのカトリック教徒は、フランシスコ法王に裏切られたと感じています。その理由は・・・

Cuban, Venezuelan Catholics feel betrayed by Pope Francis. Here’s why

キューバやベネズエラのカトリック教徒と共に過ごせば、彼らの伝道者であるはずの男が彼らに与えた苦痛について何を話すのか聞くことができるでしょう。

それはフランシスコ法王です。

忠実なカトリック教徒が感じている心の痛みと裏切り、その多くが生活や命を危険にさらしてまで信仰とキリスト教の伝統を実践し、守り続けているのです。

自由を愛する多くのカトリック教徒がアルゼンチンのローマ法王を、象徴的な共産主義者の殺人者チェ・ゲバラにちなんで「パパ・チェ」と呼んでいるのはそのためです。

「パパ・チェ」は、キューバ島で自然発生的に起こったデモから1週間以上経ってから、勇気あるデモ参加者に対して一言述べました。

このような自由への抗議活動に対する残忍な弾圧の後、泣いている両親の目の前で家から引きずり出された10代の若者たちが、家族や自分たちの解放のために軍に参加するか、収容所に送られるかという、どうしようもなく残酷な選択を迫られるという、心が痛む映像や画像が世界に流れました。

勇敢なキューバ人が政府の無慈悲な秘密警察に検挙されている間、フランシスコ法王は時間を見つけては人種差別やサッカーワールドカップについて声明を出していたが、キューバの人権侵害については一言も触れなかったのです。

それはまるで心臓にナイフを突き刺すようでした。

監獄島で暮らすキューバ人や、世界中に亡命している何百万人ものキューバ人にとって、フランシスコ法王が口を閉ざすことで知られているわけではありません。

フランシスコ法王は、教会の正統性に疑問を呈するような社会正義に関わる問題についても、公然と意見を述べています。

キューバの共産党政権に対する決定的な証拠があるにもかかわらず、フランシスコ法王は今週のバチカンでの定例演説で、キューバの人々に寄り添い、平和と対話を呼びかけるという中途半端なコメントしかできなかったのです。

連帯感に乏しい発言です。


キューバの人々をさらに萎縮させ、政権の残虐行為を隠すために、独裁政権はインターネットや携帯電話の通信を遮断しました。

貧しく虐げられている人々の「擁護者」となるために、シルクや伝統的な装飾を施した法衣を捨てた法王として、そのような言葉は出てこなかったのです。

政治的、経済的、宗教的な自由を求めて厳しい海で命を落とす何千人ものキューバ人の体よりも、海の中のプラスチックのことをローマ法王が気にかけているのかと、キューバ人が疑問に思うのは当然です。

共産主義のキューバでは、アメリカの海岸にたどり着きたいという希望と祈りを持って、母親と生まれたばかりの赤ん坊とおんぼろのイカダに乗って、サメが出没する海に出るということは、どれほど恐ろしい状況ででしょうか。

キューバの支配者層がロブスターを食べている写真がインターネット上で流れている中、カトリックの教皇、特に貧しい人々との連帯を示すことに熱心な教皇が、このような状況を作り出した金持ちの支配者を非難することは難しいことではありません。

元祖エリートのフィデル・カストロは、島に20の高級物件を所有し、スペイン産のイベリコハム(豚の餌をドングリに限定することで得られる珍味)をスペインから空輸してもらっていたのに、キューバの人々は飢えていたのです。

フィデルの甘やかされた孫のインスタグラムのアカウントには、地中海でヨットを楽しんでいる様子を恥ずかしげもなくアップしていたが、マイアミ・ヘラルド誌がそれを報道し、キューバ共産党の偽りの革命家たちがそれを削除するまでは、こんな状態だったのです。

カトリック教徒、特に共産主義の暴虐に耐えてきた人々の苦悩は耐え難いものとなり、現代のカトリック教会を団結させ、導き、成長させることができない教皇の姿がむき出しになっています。

「あなた方は、その実りによって彼らを知ることになります。ぶどうはいばらの茂みから、いちじくはあざみから採れるものではありません」 マタイ福音書7章16節

フランシスコ教皇の時代になって、教会の出席率は急落しました。

修道生活への召命も同様です。

教会のヒエラルキーへの信頼は、かつてないほどに低下しています。

パンデミックの際、フランシスコは、新興財閥や政府の世俗的なリーダーに屈し(正確には同盟し)、中絶クリニックや大企業が営業を続ける一方で、教会のロックダウンを要求しました。

教会の出席率は「グレートリセット」から回復していません。

社会正義を掲げる法王は、無神論者のダボス会議の参加者には人気がありますが、世界のカトリック信者にはあまり伝道的な魅力がないことがわかりました。

悲しいことに、教皇フランシスコが、キューバ人の一団が最も彼を必要とし、自由を味わうことにこれまで以上に近づいているときに、その動きを無視することは予測できました。

2015年のローマ法王のラテンアメリカ訪問の際、フランシスコ法王はボリビアのエボ・モラレス大統領から物議を醸す「贈り物」=共産主義の普遍的なシンボルであるハンマーとカマの形をした十字架を、喜んで受け取っているのです。

この最も神聖なものと、多くのキリスト教徒を殺害し迫害してきたイデオロギーとの融合は、1980年にボリビアで暗殺されたマルクス主義のスペイン人司祭であるイエズス会のルイス・エスピナルがデザインした十字架のレプリカであったことからも、不快感を禁じ得ませんでした。

次の訪問地であるキューバで聖父を待っていたカトリック教徒ほど不快な思いをした人はいないだろう。

それは、カストロの共産主義独裁政権の残酷さの下で60年間苦しんできた人々です。

フランシスコの2015年のキューバ訪問を前に、キューバ政府の秘密警察は、政権のシナリオを乱す可能性のある反体制派を検挙しました。

その中には、毎週ミサの後に集まり、共産主義政権に異議を唱えた人たちを逮捕、投獄、失踪させた共産主義政権に対して、愛する祈りを捧げ、平和的に抗議するカトリック教徒の母親や妻たちのグループである「Las Damas en Blanco( レディース・イン・ホワイト)のメンバーも含まれていました。

「レディース・イン・ホワイト」は、キューバの市民運動で、一般的には政治犯とされるキューバ人受刑者1の妻やその他の親族が集まっていますが、キューバ共和国政府とその支持者は、彼らを一般の受刑者とみなしています。 この運動によると、彼らを支援する人々や組織は、「カストロ兄弟の独裁政権(フィデル・カストロとラウル・カストロ)の反体制派であるという事実だけで投獄された民主主義活動家」の存在を非難し、逆に彼らの批判者は、「アメリカ帝国主義の政治的道具」に過ぎず、囚人たちは「司法手続きを経た後、スパイ活動やCIAとのつながりが証明されたことで投獄された」と主張しています。詳細

リーダーのベルタ・ソレルさんらは警察に拘束され、島で行われたローマ法王のミサに参加できませんでした。

ソレルさんをはじめとするカトリック教徒の母親たちが出席を禁じられたミサの後、フランシスコ法王はフィデル・カストロ本人と会談し、気候変動について話し合ったと報じられているが、キューバ国民の絶望的な貧困や、それを訴える勇気のある人たちで埋め尽くされた刑務所については話していないのです。

フランシスコは就任1年目に、聖木曜日のミサで囚人の足を洗うことを公に発表しましたが、キューバでは、見捨てられた島のキューバ人の中で最も疎外され、迫害されているという悲しい現実があるにもかかわらず、政治犯は存在しないという共産党のシナリオに沿って行動しました。

カトリックの聖職者が、宗教指導者を監視し、教義問答の授業を受けた子供たちに将来大学に行けないという残酷な罰を与えるような独裁国家に支持したのは、納得しがたいことです。

それは、フランシスコが彼らのイデオロギーに共感し、意識的または無意識のうちに彼らの人類に対する犯罪を擁護しているということです。

1917年、ウラジーミル・レーニン率いるボリシェヴィキがロシアを制圧しました。

同年、ファティマの聖母は、ポルトガルの田舎で3人の農民の子供たちの前に現れました。

1930年にカトリック教会によって正式に認められたこの出現の際、聖母マリアは子供たちにロシアのために祈り、ロシアが改宗するようにと懇願しました。

もしそうでなければ、ロシアはその誤りを世界中に広め、戦争や教会への迫害を引き起こすだろうと警告したのです。

しかし、今日、特にキューバでは、何百万人もの人々が、共産主義の恐怖がもたらしたものを正確に知っています。

教皇フランシスコも、キューバの貧しい人々、迫害された人々、見捨てられた人々の声に耳を傾けさえすれば・・・、そうすべきなのです。

以上。

FOX NEWS公式記事より

>>>次ページ「WAU MEDIA翻訳者コメント」へ

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です