ニューズマックス

ニューズマックス「トランプ氏、最新のMAGAラリー、『歴史上最も偉大な政治運動』のスピーチ概要」

写真は、1月29日土曜に行われたテキサス州でのMAGAラリーのドナルド・トランプ氏(AP)

Photo 出典元

米国時間01月29日Newsmax

by エリック・マック
Eric Mack

日本語解説:WAU

「トランプ氏、最新のMAGAラリー、『歴史上最も偉大な政治運動』のスピーチ概要」

エリック・マック氏の記事によると、ドナルド・トランプ前大統領は、1月29日土曜、テキサス州コンローで行われた最新の「Save America」ラリーに集まった群衆に、

「こんにちは!テキサス州!家族と自由、神と国を信じる何千人もの誇り高きアメリカの愛国者たちと共に、この偉大で素晴らしい美しい州に戻ることができて最高です!共和党が主導する米国最大の州は絶対にブルーにならない」

と述べ、アメリカの抱える様々な問題について、熱く語ったと伝えています。

トランプ氏は、テキサス州史上最大の政治集会の群衆を歓迎し、2016年に出馬して以来、彼が謳ってきたMAGAキャンペーンのスローガンである「Make America Great Again」と書かれた帽子と同じ赤で「Save America」と書かれた帽子を近くにいた観衆に投げ渡しました。

Photo 出典元 (Jason Foctman/AP)

「私たちのMAGAムーブメントは、我が国の歴史の中で最も偉大な政治運動であり、私はいつもそれを言っていますが、彼らは、そして、フェイク・ニュースもそれに疑問を持つことはありません。この言葉が何を表しているかわかりますか?自分の国を愛すること、それがすべてです!」

「私たちは共に、これまで国民が経験したことのないような、最も邪悪な力、凝り固まった利害関係、悪質な敵に立ち向かっています。しかし、これらの腐敗した過激派がどれほどの規模や力を持っていたとしても、私たちの国は彼らのものではないことを決して忘れてはなりません。わが国は皆さんのものです。ここはあなたの家です。ここはあなたの家であり、あなたの遺産です。そして、私たちのアメリカの自由は、あなたの神から与えられた権利です」

トランプ氏は、まだ2024年の大統領選を正式に宣言していませんが、明らかに選挙戦スタイルの集会で勢いを維持していると、記者のエリック・マック氏は言います。

そして、ウクライナをNATOに加盟させないようにするための睨み合いの中で、ロシアのウラジーミル・プーチンが境界線上に戦力を増強していることや、ジョー・バイデン大統領の政権に対する国境での問題について、

「ワシントンでは誰もがウクライナの国境をどう守るかに執着しているが、我々にとって今、世界で最も重要な国境はウクライナの国境ではなく、アメリカの国境なのだ。そして我々は何もせず、人が入ってきて、それが誰なのかもわからない。アメリカ大統領の第一の義務は、アメリカの国境を守ることです。我々のリーダーが他国への侵略を語る前に、この国への侵略を止める必要があるのです。この国は侵略されている。侵入を許してはいけない人たちが侵入しているのです。ちょうど1年前、私たちは最も安全で、最も強固な国境を築いていました」

とトランプ氏は述べています。

トランプ氏は、中間選挙後に共和党主導の議会で、民主党が廃止を求めている移民税関捜査局(ICE)の職員数を増やす法案を直ちに通過させるよう求め、ウクライナとロシアの緊張関係について、

「自分の政権では、プーチンがウクライナに侵攻する可能性や危険性を語ることがはるかに少なかった。偉大なロナルド・レーガンが言うように、私たちは本当に力による平和を手に入れていたのです。その後、私たちの国に起こったことは、災難であり、恥ずべきことです」

と付け加え、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領が今週、バイデン氏と通話した際に、ウクライナ側が「差し迫ったロシアの侵攻に関するレトリックを落ち着かせてください」と言ったと報じられていることについて次のように指摘しました。

「このような無法な政治体制を続けさせてはならない。アメリカの若者を遠い外国の国境のために戦わせ、死なせる一方で、我々の国境を外国からの不法侵入に開放している。他国の国境のために戦うことはあっても、自国の国境のために戦うことはない。彼らは、子供たちを学校でマスクをつけて拷問する一方で、ニューヨーク、サンフランシスコ、ワシントンD.C.で、マスクをつけていない政治資金提供者が集まるパーティーを開催しています。彼らはあなたの自由を制限し、あなたを家に閉じ込めるのです」

トランプ氏は、2022年の中間選挙で共和党が議会で復活することを誓い、2024年の大統領選への出馬を予告しましたが、正式な発表を約束するには至りませんでした。

「2022年には、まずナンシー・ペロシの政治家としてのキャリアをきっぱりと終わらせ、2024年にはバイデンの犯罪一家をホワイトハウスから追い出すつもりだ。共和党が議会を奪還すれば、バイデンの汚職は議会で調査され、暴露されるでしょう。しかし、私たちにはもはや自由で公正な報道機関はありません。もしそうなれば、すべてが終わり、そこには何もないでしょう」

トランプ氏は、自由で公正な選挙、有権者証明書、アメリカの非市民に投票権を与えようとするニューヨーク市のような民主党が運営する地域に反撃するための法律の制定について熱弁しました。

「私たちは、アメリカの歴史上最も重要な中間選挙の勝利まであと9ヶ月となりました。先ほど挙げた愛国者の人たちを含め、素晴らしい人たちだ。我々の国は危機に瀕しており、急進的な民主党が何をしてもそれを盗めないほどの巨大な地滑りが必要だ。それが私たちに必要なことなのです。十分な規模の地滑りを起こせば、民主党は非常に困難になるでしょう」

また、トランプ氏は、自分を調査・起訴することを公約に掲げて選挙戦を戦った民主党の行った、自分や家族、企業に対する検察の不正行為や魔女狩りのような調査に対しても反撃しました。

「彼らは私を刑務所に入れたがっている。ところで、もし私がテキサスでサヨナラを言うことがあれば、その時はのんびりと過ごすつもりだよ。そして、私はとても素晴らしい人生を送るだろう。でも、そんなことはしたくありません。私たちの国は死にかけているのです」

情報通信・メディア系を中心とするアメリカ合衆国の多国籍コングロマリットの持株会社、AT&Tと、DirecTVが保守系ニュース番組「One America News」(OAN)の契約を更新しないという動きを予定している中、トランプ氏は、保守的な声を打ち切ろうとするプラットフォームをボイコットするよう支持者に呼びかけました。

「もし彼らがOANをシャットダウンしたら、AT&TとDirecTVをボイコットすべきだ。彼らは人々に愛され、多くの視聴者を獲得している。これは純粋に政治的なものだ。ついでに、ComcastXFINITYもボイコットしてくれよ、私は Concastと呼んでいるが、それは詐欺師の仕事だからだ。なぜなら、彼らは良いものではないからだ。私たちの国にとって悪い存在だ」

トランプ氏は、コムキャストに対する嫌悪感については説明しませんでしたが、一般的にメディアのバランスを支持し、保守的な声の禁止や検閲を支持する団体を糾弾してきました。

また、1月6日の政治犯に対する恩赦を検討すると述べました、

「もうひとつ、多くの人から聞かれていることがあります。もし私が出馬し、勝利したら、1月6日の政治犯たちを公平に扱います。そして、もし恩赦が必要であれば、彼らに恩赦を与える。なぜなら、彼らはとても不公平な扱いを受けているからです。最近行われた他の残虐行為にはこのようなことは何も起きていません」

トランプ氏はさらに、民主党の検察官による「不正行為」や、1月6日の特別委員会の議会の越権行為を糾弾しました。

「その特別委員会がやっていること、そしてそれらの刑務所を運営している人々がやっていること、それは不名誉なことだ。我々は彼らを公平に扱い、この国の人々の面倒を見ていく。この国のすべての人々のために」

以上。

スポンサー広告
眠れないあなたへ。休息サポートアミノ酸サプリ【スヤナイトα】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。