デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「コロナ保証の月額2,000ドルを求める請願書の署名数が300万に迫る」

Photo 出典元 Douglas Sacha/Getty Images

米国時間10月24日デイリーワイヤー
「デイリーワイヤー誌は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです。」

by ベン・ゼイスロフト
@BenZeisloft
「ベン・ゼイスロフト氏は、ペンシルバニア大学ウォートンスクールの学部生で、ビジネス経済と公共政策を専攻している。言論の自由を追求する独立系新聞「The UPenn Statesman」の編集長であり、学生主体のキリスト教雑誌「Penn Epistle」の編集者でもあります。」

Photo 出典元

日本語解説:WAU

コロナ保証の月額2,000ドルを求める請願書の署名数が300万に迫る

記事によると、米国で300万人近くの人々が、毎月2,000ドルの景気刺激策を求める請願書に署名しています。

Change.orgの嘆願書は、デンバーにあるレストランのオーナーが昨年始めたもので、アメリカ人が「困難な中に頑張り続ける」ためには小切手が必要だと主張しています。

嘆願書にはこう書かれています。

私の名前はステファニーです。私は、このコロナウイルスの危機のために、経済的な将来に不安を感じている何百万人ものアメリカ人の一人です。このウイルスの蔓延を防ぐために全国の企業や学校が閉鎖され、多くの人がすでに仕事を失っています。また、自宅待機を余儀なくされている人もいます。

私は議会に対して、大人には2,000ドル、子供には1,000ドルの支払いを直ちに行い、危機の期間中は定期的な支払いを続けることで、家族を支援するよう求めています。そうしないと、解雇された労働者、一時帰休している労働者、自営業者、時間短縮を余儀なくされている労働者などが、家賃や食費の支払いに苦しむことになります。

2020年12月の景気刺激策の後に投稿されたこの請願書の最新版では、定期的な支払いの必要性が強調されています。

2021年3月に成立したバイデン大統領の1兆9,000億ドルの「アメリカ救済計画」では、2021年9月までの連邦政府による失業手当の充実が図られています。

6月末までに、米国内の雇用者数は1,010万人に増加し、労働統計局が観測した過去最高の数字となりました。

同時期の失業者数は870万人で、求人数が潜在的な労働者数を大きく上回っていることになります。

しかし、インターネット上の記録を見ると、2021年6月以降、70万人以上の人々が請願書に署名していることがわかります。

これは、政府の手当てに対するアメリカ人の意識の変化を反映している可能性があります。

実際、今年行われたいくつかの世論調査では、アメリカ人の大多数が連邦政府の景気刺激策を支持していることが示されているのです。

1月に行われたキニピアック大学の調査では、バイデン大統領が支持した1,400ドルの小切手を、民主党員の90%、共和党員の64%を含む78%のアメリカ人が支持していました。

また、3月に行われたモーニング・コンサル社の調査でも、同様の支持率が得られ、共和党員の過半数が連邦失業保険の延長を支持していることが確認されました。

同社が6月に行った調査によると、失業中のアメリカ人の約8人に1人が、「働かなくても失業保険で十分な収入が得られる」という理由で仕事を断っているといいます。

調査時点で1410万人の成人が失業保険を受給していたことから、約180万人のアメリカ人が失業保険を理由に仕事を断ったと考えられます。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です