デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「プーチンの警告、『Wokeness』が欧米を破壊している」、それはかつて ロシアで起こったこと、それは悪であり、価値観を破壊した。

Photo 出典元Mikhail Svetlov/Getty Images

米国時間10月22日デイリーワイヤー
「デイリーワイヤー誌は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」

by ライアン・サーヴェドラ
Ryan Saavedra過去記事
ライアン・サーベドラは、デイリー・ワイヤーの記者で、メディアバイアス、政治、政治と文化の融合などを中心に、さまざまなテーマを扱っています。

日本語解説:WAU

プーチンの警告、『Wokeness』が欧米を破壊している」、それはかつて ロシアで起こったこと、それは悪であり、価値観を破壊した。

記事によると、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は今月11日の演説で、極左思想が欧米諸国の社会問題を引き起こしているとし、「1917年のロシア革命時起きたことと変わらない」と非難しました。

プーチン大統領は、ソチで開催されたヴァルダイ国際討論クラブの第18回年次総会で、「21世紀のグローバルシェイクアップ」というテーマで発言しました。

プーチン氏の発言は通訳によって翻訳され、その映像はロシア政府のウェブサイトにアップロードされています。

同氏は、数時間にわたって行われたイベントで、「我々は、自らを進歩の旗手とみなすことに慣れてしまった国々で繰り広げられている麻痺状態を、困惑をもって見ている」と述べました。

「もちろん、私たちには関係のないことですが、欧米諸国の一部の国で起きている社会的・文化的ショックは、自国の歴史の全ページを積極的に抹消したり、マイノリティの利益のためにアファーマティブ・アクションを行ったり、母、父、家族、男女の区別といった基本的な価値観の伝統的な解釈を放棄しなければならないと考える人がいます。」

プーチンは、欧米諸国にはやりたいことをやる権利があるが、「ロシア社会の圧倒的多数」はこうした新しい考え方を拒否していると述べています。

「いわゆる社会的進歩の準備は、人類に新しい良心、新しい意識、より正しいものをもたらすと信じている」とプーチン氏は語った上で、

「しかし、一つだけ言っておきたいことがあります。彼らが考え出すレシピは何も新しいものではありません。逆説的に思われるかもしれませんが、これはかつてロシアで見られたことなのです。

1917年のロシア革命の後、ボリシェヴィキマルクスエンゲルスの教義に従いました。

そして、伝統的な生活様式、政治的、経済的な生活様式、さらには道徳の概念、健全な社会のための基本原則を変えていくと宣言しました。

彼らは、時代や世紀を超えて受け継がれてきた価値観を破壊しようとし、人々の関係を見直し、自分の最愛の人や家族に情報を与えることを奨励していた。それは進歩の行進と称され、そして、世界中で非常に人気があり、多くの人に支持されていました。

ちなみに、ボリシェヴィキは自分の意見と異なる他の意見には絶対的に不寛容でした。このことは、何かが起こっていることを思い出させてくれると思います。

今、西洋諸国で何が起こっているかを見ると、ロシアがかつて持っていた、そして遠い道のりに置き去りにしてきた慣習を目の当たりにして困惑しています。

平等や差別に対する戦いが、不条理の瀬戸際にある攻撃的な教条主義に変わり、シェークスピアのような過去の偉大な作家が、性別や人種の重要性を理解していなかった後進的な古典として発表されたために、学校や大学で教えられなくなっているのです。」

また、

「ハリウッドでは、映画館で、映画の中で何をすべきか、何人の個性や俳優がいるか、どんな色をしているか、どんな性を持っているかを思い出させるチラシがあり、時にはソ連共産党中央委員会の宣伝部が行ったことよりもさらに厳しく、厳格なものになっています。

そして、高い目標である人種差別との戦いは、新しい文化、キャンセル文化、そして逆差別、裏の人種差別へと変わっていきます。

真の市民の権利のための闘士たちは、そのような違いをなくそうとしていたのにです。

私は同僚に、マーティン・ルーサー・キング牧師のこの言葉を探してもらったのですが、彼はこのように言いました。

『私には夢があります。私の4人の小さな子供たちが、いつの日か、肌の色で判断されるのではなく、その人の性格の中身で判断される国に住むことです』

これこそが真の価値なのです。」

この記事をもっと詳しく読む>>>

第18回ヴァルダイ国際討論会でのプーチン氏の発言動画

「ボルシェビキは財産だけでなく、女性も国有化しようと言っていたんだよ」とプーチン氏は続けました。

「新しいアプローチの提案者は、男と女の概念をすべて排除したいとまで言っています。男と女が存在し、これは生物学的な事実だとあえて言う人は、すべて追放されます。」

「親1号、親2号、あるいは産んだ親、あるいは母乳の代わりに人間の乳と言わなければならない。それを全部言ったら、自分の性的な意図がはっきりしない人たちは不幸にならないと言うのです。」

「これは新しいことではなく、1920年代にソビエトの思想家が『ニュースピーク』と呼ばれる言葉を考え出し、それによって新しい意識を構築し、新しい価値観を打ち出したと考えました。

「幼い頃から「男の子は簡単に女の子になれる」と教え、その選択を子供たちに強要することは、非常に恐ろしいことです。」

「親を押しのけて、子供に人生を狂わせるような決断をさせるのです。」

「これは、人類に対する犯罪に近いものであり、進歩の旗の下に行われているのですがが、米国や一部の国の人々はそうなることを望んでいるのです。」

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です