ニューズマックス

YouGov社の世論調査、経済専門家は「バイデンの支持率が39%に急落!」

写真はバイデン大統領:Getty image/Photo 出典元

米国時間9月8日Newsmaxは、エリック・マック 氏の記事「YouGov社の世論調査、経済専門家は「バイデンの支持率が39%に急落!」を報じました。

YouGov社の世論調査、経済専門家は「バイデンの支持率が39%に急落!」

Economist/YouGov Poll: Biden Approval Collapses to 39 Percent

by エリック・マック
Eric Mack
オンラインメディア編集者、ライター、ソーシャルメディアエンゲージメント担当マネージャー

Photo 出典元

記事によると、水曜日に発表された、経済専門家/YouGovの最新の世論調査によると、ジョー・バイデン大統領の支持率は、「全体的にも、主要な問題への対応についても、いずれも劇的に低下している」との結果が報告されました。

バイデン氏の全体的な仕事ぶりを評価しているのはわずか39%で、不支持がほぼ49%と多数を占めています。10ポイントのマイナス評価は、バイデン氏が8ヶ月間の大統領職に就いている間に初めて生じたものです。

総合的な支持率の崩壊は、わずか1週間で6ポイントの低下を意味し、民主党員は86%から77%へと9ポイントの変動で、さらに支持率を下げています。

YouGov社の世論調査担当者は、「バイデンの不振の理由は、経済的な懸念、新型コロナの急増と規制の継続、過去のテロ攻撃の記憶、アフガニスタンからの撤退で生じた困難など、多くの理由がある」と分析しています。

アフガニスタンでのタリバンによる迅速な占拠とそれに伴う混乱、さらに自爆テロで米軍兵士13人が死亡したことが、バイデン氏が長い間堅固な支持率を誇ってきた新型コロナのパンデミック対応への支持を低下させることになったのかもしれません。

調査によると、バイデン氏の新型コロナウイルスのパンデミックへの対応については、初めて不支持(45%)が支持(42%)を上回ったといいます。

「今週は、大統領の雇用と経済への対応について、賛成がわずか40%、反対が47%でした。以前の週では、通常、支持する人が不支持する人を上回っていました」

バイデン大統領の支持率の低下傾向は、アメリカ国民がより悲観的になったことを示しており、国が間違った方向に向かっていると答えていることと一致しています。米国が正しい方向に向かっていると考えているのはわずか26%しかなく、6月5日から9日に行ったYouGov社の世論調査から13ポイント低下しました。

アメリカ国民の過半数(60%)が「国は間違った方向に進んでいる」と答えており、これは6月の世論調査の48%から上昇しています。

「ここでも、民主党員の肯定的な感情が急激に低下している」と世論調査委員会は報告書に書いています。

「国が正しい方向に向かっているという彼らの感覚は、1週間前の60%から今週は51%へと9ポイント低下しました。

現在、国が正しい方向に向かっていると考えているのは、共和党員ではわずか9%、無党派層でも21%でした。

無党派層の3分の2(66%)と共和党員の85%は、「間違った方向に進んでいる」と答えており、民主党員の3分の1(35%)も同様でした。

YouGov社が実施した経済専門家の調査は、9月4日から7日にかけて、米国の成人市民1,500人を対象に行われ、結果の誤差は約2.8%ポイントということです。

以上。

日本語解説:WAU

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています。

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です