ニューズマックス

ニューズマックス(オピニオン記事)「歴史を見れば、バイデンは負け犬の手を握っていることがわかる」

写真は、リンドン・ジョンソン第23代大統領。1968年にジョンソン氏が再選を目指さなかったことは、バイデンにとって模範となるべき(AFP via Getty Images)

Photo 出典元

米国時間12月17日Newsmax(オピニオン記事)
by パトリック・ブキャナン
Patrick Buchanan

パトリック・ブキャナン氏は、3人の大統領の上級顧問、2度の共和党大統領候補、そして2000年には改革党の大統領候補を務めました。

1966年から1974年まではリチャード・ニクソン大統領の補佐官を、1985年から1987年まではロナルド・レーガン大統領のホワイトハウス・コミュニケーション・ディレクターを務めました。1992年、ブキャナン氏はジョージ・ブッシュ氏の共和党指名に挑戦し、ニューハンプシャー州の予備選挙で大統領をほぼ逆転しました。

ホワイトハウス時代には、外交政策に関するスピーチを執筆し、1972年のニクソン大統領による歴史的な対中開戦や、1986年のレーガン大統領によるゴルバチョフ氏とのレイキャビックサミットなど、4つのサミットに出席しました。

日本語解説:WAU

「歴史を見れば、バイデンは負け犬の手を握っていることがわかる」

この秋、ジョー・バイデン大統領の世論調査の結果が低迷し、党内の大統領選に意欲的な人たちが動き始めたとき、ホワイトハウスは次のような言葉を発した。

「2020年の選挙戦では、バイデン氏は『過渡期の大統領』であるという話は忘れてください。彼は2期目に出馬して勝利するつもりです」

まあ、そうかもしれない。とはいえ、懐疑的な意見も多い。

まず、バイデンが2024年に出馬して勝利した場合、2期目は2029年1月までとなり、86歳になる。彼はすでに79歳で、史上最高齢の大統領となっている。バイデンは、7年先までプレーできるシグナルコールのクォーターバックのように見えるだろうか。

彼の衰えた精神力と目の前にある課題を見ると、2期目の大統領ではないことは確かなようだ。

まず、パンデミックである。

死者数は80万人を超え、コロナの感染者数は5,000万人に達し、ドナルド・トランプ前大統領よりもバイデン氏の下でコロナウイルスにより死亡した米国人の方が多い。毎日1,000人以上のアメリカ人が死亡者に加えられている。

ニューヨーク・ポスト紙の世論調査では、パンデミックに対するバイデン氏の対応に対する支持率は、就任日の69%から今日の53%へとすでに低下している。

もう一つのメニューは、パンデミックによる経済危機だ。

バイデン政権下でのインフレ率は6.8%と急上昇し、連邦準備制度理事会では2022年に3回の利上げが検討されている。

これは何を意味するのか。

ガソリンや食料品の価格が何百万もの家庭の支払い能力を超えて上昇しているだけでなく、アメリカの中流家庭の現金貯蓄10万ドルに対して、バイデン政権1年目には7,000ドル近くが消えてしまったことになる。

そして、バイデンのインフレはもはや「一過性のもの」として語られることはない。

インフレへの対応について、バイデンの支持率は28%で、全米の3分の2にあたる69%が彼の仕事に反対しているのだ。

犯罪の面では、主要都市では銃撃、刺殺、殺人などの新記録が続出している。

ケーブルテレビのニュースでは、「計画的な集団」がダウンタウンの店舗に侵入して略奪を行い、警察が到着する前に逃走する映像が繰り返し流されている。


写真は、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルネットワークのおかげで、いわゆる「フラッシュモブ」が世界中でますます増えており、警察は自然発生的な集会を監視するために奔走しています。

Photo 出典元

バイデンのアメリカでは、文明そのものが崩壊しているかのようだ。

アメリカ国民は、バイデンの犯罪対策をどのように考えているのだろうか。

1990年代にデラウェア州選出の上院議員として活躍したバイデンは、この10年間で最も厳しい反犯罪・親警察法案の制定に貢献した法治主義の民主党員と見られていた。

しかし今日、サンフランシスコの極左議員のナンシー・ペロシ氏でさえ、暴徒による小売店への襲撃は「無法状態」を反映していると批判している中、アメリカ人の5人に3人、61%がバイデンの犯罪問題への対応に不支持を示している。

バイデンは就任と同時に、不法移民の流入を抑えていたトランプの移民政策を破棄した。

今、南部の国境はかつてないほど血が流れている。

バイデンが就任した最初の年、不法移民たちは年間200万人近いペースで渡ってきた。

彼が大統領に就任して以来、何千人もの「逃亡者」(米国当局との接触を避けた未知の侵略者)が我々の人口の中に姿を消した。

彼らは、メキシコやホンジュラス、グアテマラ、エルサルバドルといった北の三角地帯からだけでなく、あらゆる大陸、あらゆる地域からやってきている。地球上のすべての大陸、すべての国から来ているのだ。

テディ・ルーズベルト第26代大統領が、

「移民をうまく管理できなければアメリカは世界のための多国籍な寄宿舎になる」

と警告したような国になりつつある。

アーネスト・ヘミングウェイは、

「不始末な国の第一の万能薬は通貨のインフレであり、第二の万能薬は戦争である。どちらも一時的な繁栄をもたらすが、どちらも永久的な破滅をもたらす」

と言った。

習近平が、

「その緊密さと有効性において同盟関係を超える関係を築いた」

と宣言した北京・モスクワでの首脳会談の後、バイデンはウクライナではロシアと、台湾では中国と、それぞれ共存の道を交渉しなければならない。

今から11ヵ月後、バイデンは下院選挙に直面する。その結果、バイデンは下院の過半数を失い、年末には80歳の「レームダック大統領」となり、立法課題は、共和党のケビン・マッカーシー新議長の承認を得なければならなくなることはほぼ確実だ。

さて、2023年の大晦日、私たちとバイデンはどうなっているのか。

認知機能がさらに低下した八十代の大統領が、犯罪や国境の問題、パンデミックやインフレなどの対処しがたい問題にさらに直面していることだろう。

以上。

スポンサー広告
マカ超えの強力パワー!活力サプリメント【クラチャイダムゴールド】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。