フォックス・ニュース

FOXニュース「オクラホマ州では、マスクとワクチンの義務化に反対するデモが行われ、州議会に数百人が集まりました!」

Photo 出典元:オクラホマシティにあるオクラホマ州議会議事堂。(iStock)

米国時間8月15日FOXニュース

by ブリー・スティムソン
Brie Stimson
FOXニュースブレイキング・ニュース編集者

Photo出典元

日本語解説:WAU

「オクラホマ州では、マスクとワクチンの義務化に反対するデモが行われ、州議会に数百人が集まりました!」

Oklahoma protest against mask, vaccine mandates draws hundreds to Statehouse

オクラホマ州では、学校でのマスク着用義務化をめぐって法的な問題が発生しています

土曜日にオクラホマシティオクラホマ州議会議事堂に集まった数百人の人々は、「USA!USA!」と唱えながら、コロナウイルスのマスクやワクチンの義務化に抗議し、自分で選択する「自由」を求めて戦いました。

デモ参加者は、建物のロタンダの中で愛国歌を歌い、次のようなスローガンを掲げた看板を持っていました。オクラホマシティのKOCO-TVによると、「オクラホマ・フリーダム・ラリー」と名付けられたこのデモでは、「ワクチン義務化反対」「医療の自由を義務化せよ」「我々の自由を守れ」といったスローガンを掲げていました。

オクラホマシティのKOCOTVによると、ある抗議者は、

「マスクやワクチンを義務化してほしくない、それは自分にとって最善のものを選ぶ権利だから」

「だからこそ、私はここにいるのです!私たちの選択の自由を支えるために!」と語りました。

集会参加者は、ケビン・スティット州知事(共和党)に、オクラホマの人々をいかなる義務化からも守るよう求めました。KOCO-TVによると、州の保健局は国民にワクチンの接種を呼びかけており、義務化はできないが、州内の民間企業の中にはそのような措置をとっているところもあるという。

集会に参加した静脈科の医師はFOXニュースに対し、「私はPPE(個人用防護具)を着て人々の車に出向き、綿棒で拭いた後、スーツを脱ぎ、検体を研究所に持ち帰り、再びスーツを着てCOVIDの検査をしました。私は2年間この仕事をしてきましたが、突然このワクチンを押し付けられたり、私の生活を奪おうとしています。」


シェルビー・モンゴメリー(Shelby Montgomery)
(上)国会議事堂の中に入りました。まだたくさんの人が入場待ちの列に並んでいます。
(下)今日の国会議事堂では、ワクチンやマスク着用を強制されることに反対する人たちのためのオクラホマ・フリーダム・ラリーが行われ、長蛇の列ができていました。

この集会は、デルタ変異株が州内および全米に広がり続けている中で行われました。州保健長官のランス・フライ博士は、ワクチン接種の有無にかかわらず、すべての人が屋内でマスクを着用するようにという米国疾病対策センターの勧告を破りました。

KOCO-TVによると、「州内には人口密度の低い地域がありますが、ワクチンを十分に接種し、安全な環境にいると感じているのであれば、私はマスクを着用しなければならないとは言いません」とランス・フライ博士は述べているそうです。

同州では、学校でのマスク着用義務化の禁止をめぐり、法的な問題に直面しています。

姉は看護師の仕事を失う可能性があるとFOXニュースに語った抗議者のドナ・ティーターさんは、議員が新しい法案を可決するまで、義務化を禁止する行政命令をスティット知事が出すことを望んでいると言います。

「次のセッションまで待てません」と彼女は言います。

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています!

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に心から感謝いたします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です