フォックス・ニュース

フォックス・ニュース「アメリカ人の自由を奪うバイデン連邦政府、かろうじて国民を守った最高裁」

Photo 出典元

米国時間01月15日FOX NEWS

by マーク・ブルノビッチ
Mark Brnovich
マーク・ブルノビッチ(1966年生まれ)は、アメリカの弁護士・政治家で、2015年からアリゾナ州の第26代司法長官を務めている。共和党に所属し、2022年のアリゾナ州の連邦上院選挙では同党の指名候補者となっている。

Photo 出典元

日本語解説:WAU

「アメリカ人の自由を奪うバイデン連邦政府、かろうじて国民を守った最高裁」

マーク・ブルノビッチ氏のオピニオンによると、昨年、ジョー・バイデン大統領は、アメリカ人の憲法上の自由に対する前例のない攻撃を開始し、何百万人もの人々に非合法なコロナ・ワクチンの接種を義務付けたと言います。

ブルノビッチ氏の事務所はすぐに行動を起こし、連邦政府で働く契約者と職員に対する義務化に対して国内初の訴訟を起こし、また、民間企業と医療従事者に対する義務化に対しても2つの訴訟を共同で起こしています。

これらの訴訟が連邦最高裁判所に到達するのに時間はかからず、連邦最高裁判所は労働安全衛生局(OSHA)とアメリカ合衆国保健福祉省(CMS)の両訴訟を迅速に審理し、今週、裁判所は両訴訟に関して、OSHAの義務化を取り消し、CMSの義務化の進行を認めています。

これらのOSHAの判決により、民間企業に勤める何千万人ものアメリカ人がこの義務化から救われたことになります。


写真は、2022年1月13日(木)、ワシントンのホワイトハウスキャンパスにあるアイゼンハワー・エグゼクティブ・オフィス・ビルディングのサウスコート・オーディトリアムで、政府のコロナ対応について話すバイデン大統領(AP Photo/Andrew Harnik)

Photo 出典元

しかし、ブルノビッチ氏は、「医療従事者に同じ権利が与えられなかったことには失望した」とし、とはいえ、これはバイデン政権の違憲的な義務化の行き過ぎを抑制するための第一歩であると言います。

同氏は、次のように主張します。

「何ヶ月も前から言っているように、連邦政府はあなたの乳母にはなれないし、あなたの医者にもなるべきではありません。この『コロナ』と呼ばれる緊急事態を利用して、主権国家や自由なアメリカ人だけに与えられている多くの自由を政府は乗っ取ろうとしています。

歴史を振り返ると、一度政府が国民から権利を奪ってしまうと、その権利を取り戻すことはほとんどできません。各州は、急速かつ強力に成長している連邦政府に対抗するために、常に警戒を怠らないようにしなければなりません」

だからこそ、ブルノビッチ氏の事務所は、

「アメリカ人の自由と生活を守るための取り組みをリードすることを誇りに思い、これらの事件は、一部の人々が主張しているようなコロナ・ワクチンの有効性についての議論ではなく、これらの訴訟は、傲慢な大統領と過激な官僚が、すべての人のために医療上の決定を下そうとするという、とんでもない行き過ぎた行為についてのものです」

と述べていると言います。

この戦いは、最高裁が下したこれらのケースで終わったわけではなく、政権が米国民に課そうとしている追加的な義務についても、現在進行中の裁判があり、誰もが自分の仕事と憲法上の権利との間で選択を迫られるべきではなく、だからこそすべてのアメリカ人を代表して戦い続けるのですと、ブルノビッチ氏は宣言しています。

「結局のところ、この戦いは、これらの義務化よりもはるかに大きな問題で、それは、米国の方向性と、米国人が子供たちに残す未来についてなのです。バイデン政権は、私たち全員にとって最善の決断を下す中央政府がなければ、私たちは存続できないと考えています。コロナ・ワクチンの義務化は、この権威主義的な方向への最初の一歩でもなければ、最後の一歩でもないでしょう。

私たちは、アメリカがこのような結果になることを拒否します。私たちは、私たち全員が、政府ではなく、創造主から不可侵の権利を与えられていると信じています。

また、政府は被支配者の同意によってその権限を得ると信じています。だからこそ、私たちはこれまでも、そしてこれからも、これらの義務化と戦い、皆さんの自由を守っていくのです」

と、ブルノビッチ氏はその決意を固めています。

以上。

スポンサー広告
眠れないあなたへ。休息サポートアミノ酸サプリ【スヤナイトα】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です