フォックス・ニュース

フォックス・ニュース「米保健社会福祉省、トランプ政権時代の『宗教の自由』を取り消す方向で動いている」

Photo 出典元

米国時間9月17日FOX NEWS
by サム・ドーマン
Sam Dorman
Fox Newsレポーター

日本語解説:WAU

「米保健社会福祉省、トランプ政権時代の『宗教の自由』を取り消す方向で動いている」

同省の内部メモは、トランプ時代の宗教的自由の保護を取り消す方向を示し、今週中に展開される見込みです。

記事によると、保健社会福祉省(HHS)は、トランプ前政権が公民権局(OCR)に委任していた、宗教の自由の侵害を防ぐための権限を取り消すことを検討しており、ザビエル・ベセラ長官の下での良心の保護について懸念が生じています。

Fox Newsが入手したドラフトメモは、今年初めの憲法修正第1条と、宗教の自由な行使に対する連邦政府の侵害を禁止する宗教的自由回復法(RFRA)に関連する2つの行為を対象としています。

「宗教的自由回復法」とは

1993年に制定されたアメリカ合衆国の連邦法で、「信教の自由に関する利益が保護されることを保証する」ものです。この法案は、1993年3月11日にチャック・シューマー下院議員(民主党、ニューヨーク州)によって提出されました。同日、テッド・ケネディ議員が上院に関連法案を提出し、米下院は全会一致、米上院はほぼ全会一致(3人の議員が反対票を投じた)で法案が可決され、ビル・クリントン大統領が署名して成立しました。詳細

宗教的自由回復法RFRAの委任は、宗教的自由の保護を強化するための政権の広範な取り組みを受けて、2017年12月7日に行われました。この問題に関するトランプ大統領の大統領令を引用して、ジェフ・セッションズ前司法長官は、RFRA運動の自由の主張し、保険プランにおける避妊などに関するガイドラインの長いリストを行政機関に提供しました。

保健社会福祉省(HHS)は、これに続いて公民権局(OCR)に、特にRFRAのコンプライアンスレビューを実施し、「RFRAのコンプライアンスを促進・確保するために必要なその他の行動を開始する」 権限を付与しました。

関係者によると、HHSの内部メモは今週中に展開される予定だといいます。

OCRからベセラ長官に宛てたこのメモは、前政権がOCRの権限を拡大しすぎた可能性があると主張しており、トランプ時代の取り組みを廃止する意図を示している模様です。

HHSは、内部メモの草稿についてのFox Newsのコメント要求に応じなかったようです。


写真は、米連邦最高裁判所での弁論後、メディアに向けて話すリトル・シスターズ・オブ・プアのマザー・ロレイン・マリー・マグワイア(中央)、2016年3月23日、ワシントンD.C.にて(Photo by Mark Wilson/Getty Images)
Photo 出典元

以上。

スポンサー広告
頭金0円でお得に乗れる定額カーリース!【カーリース館】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です