ニューズマックス

ニューズマックス「ロシア国防相、合同軍事演習で中国と協力を称賛!」

写真は2021年5月9日、モスクワで開催された戦勝記念日の軍事パレードで、赤の広場を走る兵士に敬礼するロシアのセルゲイ・ショイグ国防相。(DIMITAR DILKOFF/AFP via Getty Images)

米国時間8月13日Newsmaxmo元記事(英語)
© 2021 Thomson/Reuters. All rights reserved.

「ロシア国防相、合同軍事演習で中国と協力を称賛!」

Russian Defense Minister Praises Cooperation With China at Joint Wargames

ロシアのショイグ国防相は、1万人以上の兵士が参加する合同演習のために中国を訪れた後、金曜日にモスクワと北京の軍事協力を称賛し、さらに発展する可能性を示唆した。

中国の寧夏(ねいか)地域で金曜日に開催された「2021合同軍事演習」は、中国とロシアとが西側諸国と対立する中で軍事的な関係を拡大している兆候を示すものとして、他国から注目されています。

ショイグ氏は国防省の声明の中で、「我々は陸、空、海における両軍の高いレベルの交流を達成した。この拡張は、さらなる活動に向けた重要な傾向である。」と述べています。

ロシアと中国は2005年から共同訓練を行っていますが、プーチン大統領の盟友であるショイグ氏は、ロシア軍が中国でこの種のイベントに参加するのは初めてだと述べました。


Photo 出典元 2021年8月13日、中国・寧夏自治区の青通峡で行われたSibu/Cooperation-2021合同訓練に参加するロシア軍メンバー。ロシア国防省/Handout via REUTERS

また、ロシアのコメルサント紙は、今回の訓練でロシア軍が初めて中国製の武器を使用したと伝えています。

ロシアは今週、タジキスタンと、アフガニスタンとの国境近くで、ウズベキスタンタジキスタン両軍との合同訓練を終えました。

アフガニスタンでは、米国の撤収に伴うタリバンの急速な進出により、世界的な安全保障上の頭痛の種となっている。

モスクワは2014年、ウクライナからのクリミア併合によって西側諸国との政治的関係が冷戦後の最低水準にまで落ち込んだため、中国に軸足を移しました。中国はロシアにとって最大の貿易相手国である。

今週、ロシア鉄道は、アムール川に架かるロシアと中国を結ぶ初の鉄道橋が間もなく開通すると発表し、二国間の貿易に弾みをつけました。

ズヴェズダTVによると、ロシアのボルゴグラード市で行われたインド軍との別個の訓練(約500人の兵士が参加)は木曜日に終了しています。

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています!

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です