ニューズマックス

ニューズマックス「最悪の事態を脱したと判断した各国がコロナウイルス規制を緩和」

写真は、水曜日、フランス南西部のサン=ジャン=ド=リュズでは、フェイスマスクをしていない人々が歩いています。イギリス、フランス、アイルランド、オランダ、北欧諸国などでは、コロナウイルスの感染制限を解除または緩和する措置がとられています。オミクロン波がピークを過ぎたのではないかという期待の中、多くの国がコロナの規制を一歩ずつ緩和しています。(AP)

Photo 出典元

米国時間02月02日Newsmaxvia The Associated Press

日本語解説:WAU

「最悪の事態を脱したと判断した各国がコロナウイルス規制を緩和」

記事によると、深夜のクラブでのパーティ。映画館での肘と肘をくっつけての鑑賞。特に欧米では、公共の場でマスクをしないでいることもあります。オミクロン波がピークを過ぎたのではないかという期待から、多くの国でコロナの規制が一歩ずつ緩和されていると言います。

ここ数日の感染者数の減少や横ばいを受けて、予防措置を緩和する動きが出てきており、2年近く続いたパンデミックの新たな転換点になるかもしれません。

国連保健機関によると、1月24日から30日までの1週間に世界で発生した新規感染者数は前週と同程度でしたが、新規死亡者数は9%増の5万9,000人以上で、感染から死亡までの通常のタイムラグを反映しています。

最も顕著に減少しているのは、パンデミックの震源地であるヨーロッパと、オミクロンが最初に発表された南アフリカ、アメリカです。イギリスとアメリカでは、南アフリカと同様に、コロナの感染者数が急増しましたが、現在は急速に減少していると言います。

米国では、地元の指導者たちが様々な対応をしています。デンバー市では、企業や公共の場での予防接種証明書やマスクの着用義務を廃止する一方、学校や公共交通機関ではマスクを着用することにしています。

ニューヨーク州知事は、来週中にマスク着用義務を継続するかどうかを検討する予定ですが、オミクロンのホットスポットであるニューヨークでは、感染者や入院者が激減しています。ニューヨーク市では、1日平均4,200人の患者が発生していますが、1月の第1週は41,000人でした。

米国全体でも同様の傾向が見られ、2週間半前には1日平均80万人を超えていた感染者数が、今週は43万人にまで減少しています。

イギリス、フランス、アイルランド、オランダ、および北欧のいくつかの国では、規制を廃止または緩和する措置がとられています。ノルウェーやデンマークのように、感染者数がいまだに最高値付近で推移しているにもかかわらず、このような緩和が行われているところもあります。政府の中には、パンデミックが収束することに賭けているところもあります。

トルコのファフレティン・コカ保健相は、

「最悪の日は過ぎ去ったので安心してください」

と述べています。

ファフレティン・コカ保健相

Photo 出典元

トルコでは、火曜日に1日の感染者数が10万人を超え、8,000万人以上の国で過去最高となりました。

先週、イギリスは国内のほぼすべての規制を終了し、公衆の面前ではマスクは必要なく、公共の場に入るためのワクチンパスも不要となり、自宅での作業命令も解除されました。しかし、一つだけ残っている条件があり、陽性者は隔離しなければならないのです。

火曜日には、ノルウェーでは午後11時以降のアルコール提供が解禁され、10人以下の個人的な集まりの制限も解除されました。また、座席が決まっているイベントでは、肘と肘をくっつけて座ることができるようになり、スポーツイベントもパンデミック前と同じように開催されるようになりました。

ノルウェーのインヴィルド・シェルコル保健大臣は火曜日、

「今こそ、日常生活を取り戻す時です。今夜、私たちは通常の生活に近づけるよう、ほとんどの対策を破棄する」

と述べました。

インヴィルド・シェルコル保健大臣

Photo 出典元

デンマークの首都では、EU加盟国の中でもいち早くほとんどの規制を撤廃しましたが、1日経った今でも多くの人が街中や店先でマスクをしています。

コペンハーゲンの定年退職者、キェルド・ラスムセンさん(86歳)は、

「今でもマスクをしているのは、自分自身や、健康状態があまり良くない人、健康上の問題を抱えている人を守りたいからだ。私はいくつかの病気を持っているので、他の人に “距離を置いてください “と言う良い方法でもあります」

と述べています。

コロナに関連する患者数は全世界で3億7千万人以上、死亡者数は560万人以上などと報告されています。

多くの地域でオミクロンの支配力が弱まっていることから、ウイルスがインフルエンザのように、持続的だが一般的には管理可能な脅威となり、人々が共存できるようになるという、新たな局面を迎えようとしているという期待が高まっているようです。

スイスは水曜日、在宅勤務と検疫の義務を廃止し、今後数週間のうちに他の制限を緩和する計画を発表しました。

「記録的な高さの感染症にもかかわらず、病院には過剰な負担がかからず、集中治療室の稼働率はさらに低下しています。急性期の危機が間もなく終わり、流行期に入る可能性が高まっている」

と述べています。

オミクロンはデルタ型に比べて重症化しにくいことがわかっていますが、専門家はオミクロンを過小評価したり、より危険な新種の変異体の可能性に油断したりしないよう警告している模様です。

世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲイブレイサス事務局長は火曜日、

「ワクチンのおかげで、オミクロンの感染力の高さと重症度の低さから、感染を防ぐことはもはや不可能であり、その必要もないという考え方が一部の国で広まっていることを懸念しています」

などと伝えています。

ドロス・アダノム・ゲイブレイサス事務局長

Photo 出典元

WHOの緊急事態責任者であるマイケル・ライアン博士は、政治的な圧力によって、一部の国が早急に感染を再開する可能性があると警告し、

「それは不必要な感染、不必要な重症化、不必要な死をもたらすだろう」

などと述べているようです。

今回のパンデミックでは、多くの国が独自の道を歩んでいます。イタリアでは、オミクロンの急増に伴い、ヘルスパスの要件を強化しました。月曜日から、銀行や郵便局に入るためには、少なくとも過去48時間以内の検査で陰性であることが必要となり、50歳以上でワクチン接種を受けていない人には100ユーロ(113ドル)の罰金が科せられることになりました。

ヨーロッパで初めてワクチン接種を義務付けたオーストリアでは、今月中にコロナの規制を緩和し、レストランの営業時間を遅くするなどの措置をとる予定です。ギリシャでは、60歳以上の人がワクチン接種を拒否した場合、罰金を科すことを命じています。

ドイツでは、感染者数が連日記録的に増加しているため、個人的な集まりが禁止され、必要のない店に入る際にはワクチン接種証明書や回復証明書の提示が求められています。

ドイツ政府のスポークスマンであるステフェン・ヘベストレイト氏は、

「責任を持って規制を緩めることができるという感触が得られれば、連邦政府や州政府はその措置を取ると思う。しかし、現時点ではまだ少し時期尚早です」

と述べています。

テフェン・ヘベストレイト氏

Photo 出典元

他の大陸では、さらに慎重になっています。世界で最もワクチン接種率が高いのはアジアですが、アジアの指導者たちは、今のところ、より厳しい監禁措置を堅持しています。

太平洋の島国トンガでは、火山噴火と津波の被害を受けた援助物資の配布を手伝っていた港湾労働者2人から感染が発見され、水曜日にロックダウンが実施されました。この国では、これまでウイルスは検出されていませんでした。

ニュージーランドは厳しい国境管理を緩和し、ワクチンを接種したニュージーランド人は軍が運営する検疫ホテルに滞在する必要がなくなりました。しかし、ワクチンを接種していない人は依然として隔離されなければならず、ほとんどの外国人は隔離されていない場所を訪れるには10月まで待たなければなりません。

北京オリンピックを数日後に控え、中国はコロナゼロの政策を貫いているなどと言っています。また、公共交通機関ではマスクの着用を義務付け、ほとんどのレストランや店舗に入る際には、健康アプリで「緑」のステータスを示すことを要求しています。

南アフリカは今週、第4波を脱したことを発表しました。科学的調査によると、免疫力は60%から80%に達したとのことです。マスクの着用は依然として義務付けられていますが、外出禁止令は解除され、学校は2020年3月以来、部分的ではなく完全に開校することが求められています。

南アフリカ公衆衛生協会(Public Health Association of South Africa)のアティヤ・モサム博士は、

「このような措置は、より軽度の株が出てきたとしても、コロナが今後も存在することを認める現実的な動きです。私たちは、感染がどのようにして起こるかを認識しつつ、基本的には人々の生活の必要性とのバランスを取っているのです」

と述べています。

アティヤ・モサム博士

Photo 出典元

以上。

スポンサー広告
【NMNサプリ分野において『医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1』を獲得。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。