ニューズマックス

ニューズマックス「2021年の金融関連記事トップ10」高いドラマ性とさらに高い賭けの年だった

Photo 出典元 Getty Images

米国時間12月28日Newsmax
by マックスウェル・ニューマン
Maxwell Newman

日本語解説:WAU

「2021年の金融関連記事トップ10」高いドラマ性とさらに高い賭けの年だった

マックスウェル・ニューマン氏の記事によると、2021年は金融の世界では未曾有の事態となったと言います。年が明けたときには、いわゆる「ミーム・ストック」の台頭、70年代後半から80年代前半までのジミー・カーター時代のような猛烈なインフレ、歴史的なサプライチェーンの危機など、想像もでききなかったことが起きました。しかし、2021年は、コロナ経済の回復が発作的に起こっていることを教えてくれました。新たな亜種の蔓延と不均一な回復により、2021年は高いドラマとさらに高い賭けの年だったと伝えています。

ミームストックとは

ソーシャルメディアを通じて個人投資家の間で人気を博した銘柄のこと。 ミームストックの人気は、Redditのr/wallstreetbetsなどでトレーダーの間で共有されているインターネット上のミームに基づいている。 このような銘柄への投資家は、経験の浅い若い投資家であることが多い。 その人気の結果、ミームストックは、ファンダメンタルズ分析に基づく推定値を上回る価格で取引されることが多く、極めて投機的で変動が激しいことで知られている。詳細

ここでは、2021年の金融面の出来事のトップ10を紹介します。

1. 暴走するブルマーケット

Photo 出典元

今年の株式市場は非常に好調で、この記事を書いている時点で、DJIAは17.43%、年間で5,268ポイント上昇し、S&P500は25.63%、948ポイントの大幅な上昇となっています(本稿執筆時点)。

マイクロソフト(MSFT)やアップル(AAPL)などのハイテク株は、それぞれ50.35%、33.68%と年初来(YTD)で上昇しており、テスラなどの他の主要銘柄も年初来で28.61%上昇し、バイデン政権の最初の50取引日の市場は、トランプ大統領、オバマ大統領、ブッシュ大統領の最初の50取引日を上回る結果となりました。12月10日までの1週間で、S&P500は史上最高値を更新し、今年の取引は終わりに近づいています。

バンクレート・ドットコムのワシントン支局長であるマーク・ハムリック氏は、声明の中で、市場は順調であるが、根底にある不確実性を認めていると述べ、

「多くのプロの投資家は、(いつでも起こりうる)調整のリスクを認めながらも、来年は過去のパフォーマンスに沿ったリターンに近いものを求めています。米連邦準備制度理事会(FRB)が実際に金利を引き上げた場合、バリュエーションに課題が生じ、ボラティリティが高まる可能性があります。十分に分散されたポートフォリオは、ほとんどの場合、不確実性に直面しても管理するための良いツールとなります」

と述べています。

2. コロナ・ワクチンの奇跡

Photo 出典元

昨年12月には、1年後に61%以上のアメリカ人が完全にワクチンを接種し、72%以上のアメリカ人がコロナ・ワクチンを少なくとも1回は接種しているとは想像もできませんでした。しかし、「ワープスピード作戦」やワクチンへの取り組みのおかげで、アメリカをはじめとする欧米諸国では、国民の多くがワクチンを接種しています。

ABCニュースによると、アメリカの成人70%以上が完全にワクチンを接種しており、最近では、トランプ前大統領もバイデン大統領も、より多くのアメリカ人にワクチンを接種するよう勧めています。

ドナルド・トランプ大統領は、2021年3月に「ニュースマックスTV」で、自分の政権が取り組んでいる「ワープスピード作戦」「世界を救うことになる」と語っています。司会のグレッグ・ケリー氏との対談で、トランプ氏は、

「4つのワクチンがあり、おそらくもうすぐ別のワクチンが出るだろう。すべて私の政権下で行われた。私が行ったのは、かなりの程度、FDA(食品医薬品局)に、率直に言って、彼らが知らなかったことをやらせたからだ」

と述べていました。

同様に、共和党のトミー・タバービル上院議員(アラバマ州選出)は、2月にグレッグ・ケリー氏に、

「8〜9ヶ月でワクチンを入手できたのは奇跡的だ。ワクチンを打ってください。何らかの理由で受けない人がまだいますからね」

ワクチン接種の増加は、コロナ・パンデミックの進行を遅らせ、最終的には終息させると専門家は予測しているようです。

3. 米国政府の数兆ドルの支出

Photo 出典元

米国政府は今年、1.9兆ドルの米国救済計画法や1兆ドルの超党派インフラストラクチャー法などの議会法案で、記録的な金額を費やしています。ジョー・マンチン上院議員が議会で配布したメモカードによると、

「2020年3月以降、議会はパンデミックへの対応として記録的な5.4兆ドルを提供した。さらに、議会は超党派のインフラストラクチャー法でさらに1.2兆ドルを提供しました。この20ヶ月間で、議会は年間予算を上回る6.6兆ドルをすでに提供していることになります。参考までに、以下をご覧ください。マーシャルプラン:1510億ドル(インフレ調整後)、第二次世界大戦:4.5兆ドル(インフレ調整後)」

過去最高額の政府支出がインフレの大きな要因となっているとの見方が多い中、ジェームズ・コマー下院議員(共和党、KY)は、11月10日(水)にニューズマックスに、

「政府がお金を印刷し続け、お金の価値を下げれば、それはインフレを引き起こすことになり、インフレは貧しい人たちへの究極の税金になります」

と述べています。

4.コロナ・ビリオネア

Photo 出典元

アメリカの644人のビリオネアの富は、2020年3月以降、間違いなく歴史上前例のない速度で天文学的なレベルで複利化しています。コロナは、CNBCジム・クレイマー氏によると、

「人類史上最大の富の移転」

を生み出しました。

CNNによると、コロナのワクチンだけでも、ワクチン製造による利益のおかげで、新たに9人の億万長者が誕生したといいます。

2020年3月の時点で、アマゾン創業者のジェフ・ベゾスとマイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツの純資産は、それぞれ1,130億ドルと980億ドルでした。2021年10月の時点では、彼らの純資産は1920億ドルと1320億ドルに膨れ上がっています。イーロン・マスク氏とマーク・ザッカーバーグ氏の場合は、さらに劇的な数字となっています。

テスラのCEOであるマスク氏の純資産は、2020年3月に246億ドルだったのが、2021年10月には2090億ドルという驚異的な額になり、わずか19カ月で751%も増加しました。Facebookの創業者であるマーク・ザッカーバーグの資産は、547億ドルから1,176億ドルに増加し、19カ月で約115%の増加となりました。

オハイオ州の上院議員候補である共和党のJDヴァンス氏は、ニューズマックスのインタビューで、

「コロナのロックダウンは、中小企業や労働者に最も大きな打撃を与えているが、ビッグテックやウォールストリートなどの産業にとっては非常に良い影響を与えている」

と語っています。言い換えれば、コロナは、金持ちがより金持ちになるために良い仕事をしてきたということです。

ヴァンス氏はこう説明します。

「例えば、ステップ1、ジェフ・ベゾスはロックダウンの必要性を主張します。ステップ2では、中小企業が閉鎖され、人々がアマゾンに流れ、ステップ3では、ロックダウンされた人々が彼の製品を使うことで、ジェフ・ベゾスが非常に裕福になる。これらの政策の多くは、普通の人々がより貧しくなる原因となっています。多くのエリートの問題点は、平均的なアメリカの労働者の苦境を気にしないか、政府の小切手を追加で配ることで対応していることです。ほとんどの人は、家で景気刺激策の小切手を集めることを望んでおらず、仕事、良い家族、健全なコミュニティを望んでいるのです…. 我々のエリートたちは、問題を解決するための真のソリューションを提供していない」

5. 先見的なイーロン・マスク

Photo 出典元

イーロン・マスクは2021年のTIMEPerson of The Yearに選ばれましたが、マスクは1年を通してヘッドラインを集め続けました。Dogecoinを宣伝するツイート、SpaceX社の大規模な契約の獲得、エリザベス・ウォーレン氏とのTwitterでのやりとりなど、マスク氏は2021年、ウォール街、ワシントンD.C.、宇宙、そして国民の精神面で複数の方法でその存在をアピールしました。

先に述べたように、マスク氏は、2020年3月に246億ドルだった資産が、2021年10月には2090億ドルと、わずか1年半余りで751%という驚異的な増加を見せ、アメリカ人の中で最も劇的に資産が増加しました。

さらに、南アフリカ出身の富豪によるインフラ企業「Boring」の計画は、「ニューズマックス」によると、フロリダ州フォートローダーデール市が「ダウンタウンとビーチの間でテスラに乗って移動できる地下交通システム」の建設に合意したことで、実現に一歩近づいています。

最後に、常に野心的なマスク氏は、自身のブレインインターフェース技術の会社であるNeuralink社が、来年のある時点で脊髄損傷者にマイクロチップを埋め込む計画を発表しました。

マスク氏は12月6日付のザ・ウォールストリート・ジャーナル紙に対し、

「FDAの承認が得られれば、来年には最初の人間、つまり四肢麻痺や四肢麻痺などの重度の脊髄損傷者にこの技術を導入したいと考えています。この装置を埋め込むための当社の基準は、FDAが要求するものよりもかなり高いものです」

と述べています。

6. 暗号通貨の狂気

Photo 出典元

暗号通貨は2021年に爆発的に普及し、ビットコインやイーサリアムなどのコインの史上最高値が、業界の主流への移行を後押ししました。DogecoinShiba Inuなどのミームコインが急速に普及し、AT&T、スターバックス、PayPalなどの小売業者が、支払い手段として暗号通貨を受け入れることを発表しました。また、エルサルバドルナエブ・ブケレ大統領は、エルサルバドルがビットコインを法定通貨として使用する史上初の国になると発表し、暗号を大きくアピールしました。

エリザベス・ウォーレン上院議員(民主党、マサチューセッツ州)は、暗号通貨がもたらすリスクについて何度も警告していますが、暗号スタートアップ「cmorq」のCEOであるホセイン・アザリ氏は、Newsmax社のインタビューに応じ、

「暗号は何十億人もの人々に採用されるだろう。世界の79億人のうち、スマートフォンを持っているのは64億人です。より多くの人が暗号を採用するでしょう。時間はかかりますが、いずれにしてもそうなるでしょう。私たちは、今後5年から10年のうちに実現すると確信しています。私たちは、何十億もの人々が求めるものに反応する金融システムを構築したいと考えています」

また、アザリ氏は、現在、伝統的な銀行を利用できない世界中の何百万人もの人々が、暗号を利用できるようになる可能性があると確信していると述べています。

アザリ氏は、deVere Groupの創設者であるNigel Greenのように、暗号の将来に強気なアナリストが多くいる中で、その仲間入りを果たしました。2021年は、暗号通貨の上昇の始まりに過ぎないと考えられます。

7. レッドホットな不動産市場

Photo 出典元

2021年にブームとなった不動産市場は、いまだに冷める気配がありません。全米不動産協会(NAR)によると、一戸建ての中古住宅価格は前年比平均で18%上昇し、過去50年間で最も速いペースで上昇しました。上昇の理由として、以下のことが挙げられています。その理由として、

「堅調な雇用の増加、歴史的な低金利の住宅ローン、不十分な住宅建設とパンデミックによる供給のボトルネック」

が挙げられています。

伸びの多くは、2020年のロックダウンと、2021年の再開によるものです。

NARによると、2020年7月から2021年6月の間に、1989年以降で最も速いペースで住宅が売れました。これに合わせて住宅価格も上昇し、2021年の販売価格の中央値は30万5,000ドルとなり、2020年の27万5,000ドルから上昇しました。

この上昇は、NARが2002年にデータを追跡し始めて以来、最高の上昇率を示しています。Realogy Holdings社マイク・ミドラー氏は、11月中旬にウォール・ストリート・ジャーナル紙に対し、

「これまで見捨てられていた人々がたくさんいるので、確実に需要が溜まっている。第3四半期に住宅メーカーが着工した賃貸目的の住宅は1万6,000棟にのぼり、米国国勢調査のデータによると、少なくとも1990年まで遡って、四半期ごとの賃貸目的の住宅の着工件数としては最高となっています」

と語っています。

8. エネルギー価格の上昇 + インフレ

Photo 出典元

家庭用暖房のエネルギー価格やガソリン価格の上昇は、2021年のアメリカの消費者に大きな影響を与えました。AAAによると、1ガロンのガソリンの全国平均は3.22ドルとなり、2014年10月以来の上昇率を記録しました。原油価格は2022年も上昇を続けると予測されており、ゴールドマン・サックス社のエネルギー調査部門責任者であるダミアン・クールヴァリン氏は、原油が1バレル100ドルに達する可能性があると予測しています。

米国エネルギー情報局(EIA)によると、今冬のエネルギー価格は30%以上上昇すると予想されています。米国エネルギー長官のジェニファー・グランホルム氏は、11月7日にCNNで家庭用暖房費の高騰について次のように語りました。

「今年は昨年よりも価格が高くなるでしょう。燃料については、サプライチェーンと同じ問題を抱えています。つまり、石油・ガス会社が需要の要求に応じて迅速にスイッチを入れていないのです」

この冬以前から、エネルギー価格の上昇は明らかでした。9月にCNNが報じたところによると、天然ガスは過去1年間で180%以上上昇し、2014年2月以来の高水準となりました。EIAによれば、

「米国の家庭の約半数が空間暖房や給湯に天然ガスを使用している」

とのことで、天然ガスの上昇は何百万人もの米国人に影響を与える可能性が大いにあります。

インフレの進行

The Hillによると、インフレ率は年間6.8%と過去40年間で最も高い数値を示しており、エネルギー価格上昇の主な要因と考えられています。バンクレート社のワシントン支局長であるマーク・ハムリック氏は、ニューズマックスに次のように語っています。

「インフレは明らかに消費者の心を圧迫しており、多くの低所得世帯が、食料、交通、住居などのコストを上げるために、できる限りの節約をしています。インフレが続くかどうか、そして連邦準備制度理事会(FRB)と選良の対応が間違っていたかどうかは、歴史が決めることでしょう。しかし、インフレが予想以上のレベルで発生し、予想以上に長く続いているという事実に間違いはありません」

さらにハムリック氏は、今年アメリカと世界の両方で起こったサプライチェーンの混乱について言及し、

「インフレ上昇の主な原因は、商品の需要と供給のミスマッチであり、その結果、世界的なサプライチェーンの混乱が起こっている」

と述べています。

フォーブスによると、エネルギーは混乱を免れない業界であり、石油、液化天然ガス、石炭などのエネルギー分野全体で輸送コストが大きな影響を与えていると、アルモンティ・インダストリーズ社のCEOであるルイス・ブラック氏は語っています。

9. 中国の劇的なパワー・ムーヴメント

Photo 出典元

中国の経済は2021年のパンデミックから急速に回復したが、鉄鋼業界や不動産開発会社のEvergrandeをはじめとするロードブロックの影響もあり、第3四半期の成長は鈍化しました。中国は台湾への攻撃を強めており、多くの専門家や台湾政府自身が、中国が台湾に侵攻する可能性を口にするようになりました。

2021年、中国は極超音速ミサイルを世界に向けて発射したり、新疆ウイグル自治区で人権侵害を続けたり、暗号通貨を違法にしたりと、多くのニュースの中心となりました。

中国での活動経験が豊富な弁護士であり、国際法の専門家であるジェントリー・サヤドは、ニューズマックスに次のように語っています。

「中国の経済は透明性がなく、GDPに関してもあまり透明性がありません。インフレに関しては一般的な問題を抱えていますが、大きなインフレ問題を抱えているにもかかわらず報告していません。エバーグランデは中国の不動産バブルの一例で、以前にもありましたし、現在もあります。

一般的に経済については、少なくとも第3四半期はあまり良くないと言われています。多くの数字は架空のものです。彼らの経済は悪い状態にあり、Evergrandeは不動産バブルが再び起こっている一例です。彼らの対外的な投資は限られており、ジャック・マーについてはしばらく聞いていません。最近も対外的な投資については聞いていません」

10. 電気自動車

Photo 出典元

電気自動車(EV)は、2021年に人気と露出度が高まり、ノースカロライナ州グリーンズボロ、テキサス州オースティン、ケンタッキー州、テネシー州などで、自動車やバッテリーの新しい製造工場が発表されました。これまで以上に多くのアメリカ人がEVに興味を持ち、購入しています。

テスラだけではなく、リビアン、ニオ、ニコラなどのEV企業も急成長しています。また、FordGMのような既存の企業も、電気自動車を生産しています。

10月に発表されたYouGov社の調査によると、アメリカ人の23%が電気自動車を購入すると回答しています。これは、現在の電気自動車の市場シェア(新車販売台数の3%)をはるかに上回る数字です。この調査によると、アメリカ人が電気自動車を購入する理由のトップは、「環境保護」でした。

以上。

スポンサー広告
FXを始めるなら≪DMM FX≫!

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です