トランプ大統領のメッセージ

Save America トランプ氏「覚醒しているものは全てダメになる、我がサッカーチームは確かにそうだ」

Photo 出典元 on The Office of Donald J. Trump

8月5日、第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ氏の声明が掲載されました。

公式声明サイト

翻訳について

トランプ氏「覚醒しているものは全てダメになる、我がサッカーチームは確かにそうだ」

もし狂信的な左翼の過激グループが率いる我国のサッカーチームが「覚醒」していなかったら、彼らは銅メダルではなく金メダルを獲得していただろう。

「覚醒」とは負けることを意味する、「覚醒」しているものは全てダメになる、我がサッカーチームは確かにそうだ。

しかし、何人かの愛国者は国家斉唱の際に立っていました。

残念ながら、彼らには国と国歌を尊重すること以上のことが必要だ。

覚醒者を愛国者に置き換えて、再び勝ち始めるべきだ。

紫の髪の女性のプレーはひどかったし、急進左派の政治について考えることに時間を費やし、自分の仕事をしていない。

8月5日 ドナルド・J・トランプ

覚醒(Woke)とは:

もともとはアメリカで生まれた言葉で、人種的な偏見や差別に対する意識を意味していました。

その後、ジェンダーや性的指向など、他の社会的不平等に対する意識を含むようになりました。

2010年代後半からは、有色人種やLGBT、女性のアイデンティティ・ポリティクスを重視する左翼的な政治運動や考え方の総称としても使われるようになりました。

アメリカでは、1930年代に「stay woke」という言葉が生まれました。

アフリカ系アメリカ人のバナキュラー・イングリッシュの中で生まれたこの言葉は、アフリカ系アメリカ人に影響を与えている社会的・政治的問題、特に人種的な偏見や差別に対する意識を意味していました。

2014年にミズーリ州ファーガソンでマイケル・ブラウンが射殺された後、ブラック・ライヴズ・マター(BLM)の活動家たちが、アフリカ系アメリカ人の警察官による銃撃事件への関心を高めるために、このフレーズを広めました。

2020年の大統領選挙の年、再び「覚醒」という言葉が注目され、主に「白人至上主義のアメリカ国家」を批判する動きが広がっています。

2017年にはオックスフォード英語辞典にも登録され、覚醒(Woke)の定義は、「Wokeであることは、コミュニティで何が起こっているかを知っているということです(人種差別や社会的不公正に関連する)。とされています。詳細(英語)

以上。


今回の米大統領選で、大規模な不正を働く勢力がアメリカに存在しているということが、世界中に知れ渡った。米市民は「我々の知っている米国政府とは別の組織が米国を操っているのではないか」と怪しみだした。主要メディアも・・・・


トランプは本当に負けていたのか?アメリカは完全に内戦状態!奪われた言論と民主主義の実態とは?シカゴ発! 在米30年の著者が実体験をもとに送る渾身の現地リポート!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です