ニューズマックス

Newsmax 中国:2032年に電磁パルス (EMP)ハルマゲドン?

7月20日、Newsmaxはピーター・プライ(Peter Pry)氏のオピニオン記事を掲載しました。

オピニオン記事寄稿者:
ピーター・プライ

Peter Pry
国家・国土安全保障タスクフォースのエグゼクティブ・ディレクター
米国核戦略フォーラムディレクター

Photo出典元

Newsmax公式記事

翻訳に関する注意事項

中国:2032年に電磁パルス (EMP)ハルマゲドン?

China: EMP Armageddon By 2032?

サウス・チャイナ・モーニング・ポストの報道の見出しに、

「中国の核科学者が電磁パルス攻撃への準備を促す」
by South China Morning Post 2021年7月12日)

とある。

記事内、

中国の核兵器専門家の最近の研究によると、

「高層帯で核兵器を爆発させれば、人間を殺すことなく電力や通信を麻痺させることができる電磁波を発生させることができる。」

「中国の軍事研究機関によると、中国は重要なインフラが将来、電力網や通信を一掃する電磁パルス(EMP)攻撃に耐えられるよう、防衛力を強化すべきである。」

「中国の研究者が最近の米国政府や軍の文書を分析した結果によると、米国は非常に強力な電磁パルスによる被害を受けやすいが、2032年までには重要なインフラをそのような攻撃から守る能力を構築しているという。」

「米国の電磁パルス(EMP)攻撃能力は、米国の重要インフラがEMPから保護されれば、”世界の大国間の戦略バランスを変える可能性がある。”」

理論的には、EMP攻撃は、重要なインフラを麻痺させることで、人々を殺すことなく核戦争に勝利する方法であり、中国だけでなく、ロシア、北朝鮮、イランの軍事計画者にとっても非常に魅力的な選択肢である。

EMP委員会の報告書と私の報告書「ロシアEMPの脅威」(2021年1月)と「北朝鮮 EMPの脅威」(2021年6月6日付)を参照してください。

EMPは、長期的には間接的に何百万人もの命を奪う可能性があります。

電力網や生命維持のための重要なインフラを数週間、数ヶ月、あるいは永遠に停電させ、飢餓や社会崩壊を引き起こします。

また、敵国にとっては、核外交や対米脅迫の目的で、EMPによる巨大な死を脅かすことは魅力的です。

さらに、EMP攻撃を受ければ、米国の軍事力投射能力は直ちに失われ、米国大統領は、台湾の防衛や第三次世界大戦への参戦ではなく、何百万人ものアメリカ人が死ぬ前に、国防総省を含むすべての国家資産を使って、米国の重要インフラを復旧させることに集中せざるを得ないようになります。

中国は、20年以上前から米国へのEMP攻撃を計画していました。

私のレポート「中国 EMPの脅威」(2020年6月10日)を参照してください。

新しいのは、中国の核専門家が、米国が2032年までに電気グリッドやその他の重要なインフラをEMPから守り、おそらくスーパーEMP兵器を持ち、核によるEMP攻撃で中国を倒せるようになると恐れているという主張です。

ニューヨーク・タイムズアトランティックデア・シュピーゲルなどの批評家によれば、かつての名門紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは、現在はアリババ・グループが所有しており、2016年以降は中国のプロパガンダの道具となっているという。

このサウス・チャイナ・モーニング・ポストの記事は、欧米の反核団体が米国の重要インフラのEMP対策に反対することを意図しているのではないでしょうか?

ジェフリー・ルイスのような著名な軍備管理活動家は、最近、戦略的防衛を制限するよう米国に呼びかけていますが、これは、戦略的防衛がロシアや中国との核軍拡競争を促進していると考えられるからです。

しかし、そうではないでしょう。

全体主義国家は、我々と同じように、脅威を評価するうえで「ミラーイメージング」を行ういます。

私たちと違って、彼らの戦略文化は、機能不全の楽観主義ではなく、機能不全の悲観主義、つまりパラノイアです。

その結果、中国がスーパーEMP兵器を保有し、米国に「EMPパールハーバー」を計画していることから、米国がスーパーEMP兵器を開発し、中国への奇襲攻撃を計画している(あるいはすでに保有している)と考えるのです。

猜疑心の強い中国の諜報員が証拠を精査しているところを想像してみてください。

彼らは、米国の電力網やその他の重要インフラをEMPから守るためのトランプ大統領の「電磁パルスに対する国家の回復力の調整に関する大統領令」(2019年3月26日)を見るでしょう。

彼らは、米国は中国と同じで、米国政府は大統領令に応じて重要インフラのEMP強化を全速力で進めていると考えるでしょう。

なぜなら、中国では習近平国家主席が中国の重要インフラのEMP保護を命じれば、そうなるからです。

中国の諜報員はおそらく、最近機密解除された統合参謀本部の報告書「Joint Nuclear Operations」(2020年4月17日)を読んだのだろうが、その中には標的オプションとしてEMP攻撃を記述した一文があります。

「10万フィートを超えるいくつかの高層帯爆発は、広範囲の電磁パルス(EMP)効果を発生させるだろう……」

中国の諜報員は、おそらく米国議会のEMP委員会の報告書を読み、中国独自の軍事教理に基づいて、米国とその同盟国へのEMP攻撃を描いたシナリオを記述しています。

中国の偏執狂的な諜報員は、これらのデータやその他のデータを総合して、米国も中国と同様にEMP攻撃を生き延びるだけでなく、先制攻撃の準備をしていると結論づけるでしょう。

そして、サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙に掲載されたような報告書を作成するのです。

中国の諜報員は、米国政府がいかに無能であるか、米国のEMPに対する備えは紙一重であること、政治・軍事の指導者たちは自国の核兵器を恐れており、米国がスーパーEMP弾頭を開発する可能性はゼロであることを知りません。

冷戦時代、ソ連のパラノイアはしばしば西洋の能力を過大評価し、米国を「10フィートの高さ」と見なしていましたが、それは間違いでした。

中国やロシアが「米国の脅威」を大幅に誇張する「ミラーイメージング」は、我々が生き延びるための唯一の手段かもしれません。

北京が2032年までにEMPの先制攻撃を行う前に、アメリカはEMPから重要なインフラを守るために、全速力で前進する必要があります。

以上。

Newsmax公式記事より

WAU MEDIA翻訳者コメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です