ニューズマックス

Newsmax ロン・デサンティス アメリカの大いなる希望の登場!

2021年7月9日Newsmaxはデロワ・マードック (Deroy Murdock )氏の、オピニオン記事を報じました。

オピニオン記事寄稿者:
デロワ・マードック

Deroy Murdock
Fox News寄稿者
National Review Online寄稿編集者
スタンフォード大学フーバー戦争革命平和研究所メディアフェロー

Photo出典元

Newsmax公式記事

翻訳に関する注意事項

以下はデロワ・マードック氏のオピニオン記事の日本語訳です。

フロリダのロン・デサンティス 大いなる希望の登場!

Florida’s Ron DeSantis Emerges as the Great Right Hope

ニューヨークのアンドリュー・クオモ、カリフォルニアのギャビン・ニューサム、ミシガンのグレッチェン・ホイットマー等、民主党の知事は、彼らが触れるものすべてを破壊します。

逆に、ロン・デサンティスはすべてを正しく行います。

フロリダ州の共和党員がアメリカの知事に就任しました。

「私たちは仲間と共に正しいことを行います。」デサンティス氏は先月、フォックスニュースのホストであるタッカーカールソンに語りました。

あまりにも多くの共和党員が行ったように、税金を細かく切り取って規制を打ち切り、そして居眠りするのではなく、デサンティス氏は疲れ知らずの、全方位においての保守派です。

彼は、経済的、文化的、法執行の率先者となることを承認しました。

それはフロリダを勇気づけ、彼を大いなる希望に変えています。

彼は就任後の最初の2か月で3億3500万ドルの税金を削減し、フロリダ議員団の官僚主義を改めさせ、特に職業免許の要件を主導しました。

デサンティス氏は、75歳の定年に達した3人の州最高裁判所判事をデサンティス氏の推薦候補に入れ替えました。

これによって、判事はリベラル派4人と保守派3人から、リベラル派1人と保守派6人に移行しました。

デサンティス氏のCOVID-19への対応は、ロックダウン派の左翼を激怒させ、自由を支持する保守派を応援しました。

彼はマスクの着用を強制せず、ビジネスを再開した最初の知事の一人であり、対面学習を続け、COVIDキャリアから高齢者を保護し(クオモは逆なことをやり、15,000人の高齢のニューヨーカーが死亡した)、平均以下の感染率と致死率をもたらしました。

デサンティス氏は、暴動を起こした者を刑務所に入れることを要求する法律に署名しました。彼はまた、警察の予算をカットする市に罰則を科しました。

フロリダ州は、2020年の選挙投票日の夜に1140万票を集計し、信頼できる選挙結果を報告しました。

その後、デサンティス氏は新しい選挙完全性法案に署名しました。

5月6日に署名されたロン・デサンティス知事によって署名された選挙完全性法案であるSB90には、遺産学者に推奨される多数の条項が含まれています。これによりフロリダは、今年、選挙をより安全にするために行動したジョージアやアリゾナのような州の仲間入りをしました。

すべての投票ボックスの場所を24時間直接監視すること、有権者に投票者票の提出を求めることなど、遺産学者が推奨する多数の条項が含まれています。 詳細

デサンティス氏は、公立学校でのスポーツで女子の身体能力を保護するための法律を承認しました。フロリダ州の女性競技者の間では、トランスジェンダーのペニスはもはや運動器具として許可されていません。

5月、デサンティス氏は学校の選択プログラムを劇的に拡大しました。

学校の選択プログラム(School choice Program)は、大学入学前の公教育オプションの用語であり、一般に学生が家族の住居の場所によって割り当てられる公立学校の自主的な代替案を学生とその家族に提供するさまざまなプログラムです。

米国では、プログラムの数と参加する学生の数の両方で最も一般的な学校選択プログラムは、個人または企業が非課税者への寄付と引き換えに州税に対する税額控除を受けることができる奨学金税額控除プログラムです。 詳細

6月、デサンティス氏はフロリダ州の州教育委員会に、政府のキャンパスで「批判的人種理論(CRT)」を廃止するよう要請し、満場一致で可決しました。

批判的人種理論(CRT)とは、米国の公民権学者や活動家の学術運動であり、米国の人種問題と交差する米国法を批判的に検討し、人種的正義に対する米国の主流リベラル派によるアプローチを指しています。詳細

「私たちの教室には、批判的人種理論(CRT)のようなもののための余地はありません」と、デサンティス氏は宣言し、アメリカで最も熱狂的な論争に勇敢に飛び込みました。 「私たちの国を憎み、自分自身を憎むように子供たちに教えることは、納税者に1セントの価値もありません。」

デサンティス氏は、非アメリカ的な教師組合、教育委員会、およびその他の文化的マルクス主義者が、政府の教室に送り込んでいるガラガラヘビの毒と戦いながら、一方で解毒剤も供給しています。

「私は2019年に高校の公民教育を要件として課しました」とデサンティス氏は言いました。

そして、極左の批判的人種理論(CRT)のようにアメリカを破壊するのではなく、フロリダのカリキュラムに「共産主義と全体主義イデオロギーの悪についての指導」を含むように拡大しました。

「私たちはすべての学生に違いを理解してもらいたい」とデサンティス氏は6月22日にジャーナリストに語りました。

「なぜサメが出没するような海を越えてまで彼らは逃げだすのでしょうか?」デサンティス氏は尋ねました。

「なぜこれらの人々は共産主義の国を去り、ここに来るために命を危険にさらすのでしょうか?生徒たちはそれを理解することが重要です。」

デサンティス氏が署名した関連法案であるHB5は、「これらの共産主義政権の恐怖を体験した人」が、この国にやってきた後、「本当の愛国者」を紹介する「愛国心の肖像」ライブラリも作成しています。

HB5:公共施設や施設、教育、連邦資金、雇用、住宅、信用、陪審制度などの分野で、性別、性的指向、性同一性に基づく差別を禁止します。具体的には、この法案は、差別または人種差別の禁止されたカテゴリーの中で、性別、性的指向、および性同一性を定義を含んでいます。詳細

2月下旬、マスクをしたマンハッタン貴族が微生物や粉雪をかわしている時、早々とフロリダ州のオーランド、サンクトペテルブルク、パームビーチ、マイアミは、豊富な太陽光線、活気に満ちた施設、笑顔、そして希望を市民に提供していました。

私はフロリダへの1週間の避寒旅行を、個人の自由と人間の繁栄の象徴を体験するために18日間に延長しました。

私はマンハッタンに帰る途中、「東ベルリンに戻るのか」と嘆きました。

6月に行ったパームビーチとマイアミはさらに活気に満ちていました。

民主党の知事はデサンティス氏から多くを学ぶことができました。

民主党内部の難民議員が、自由と晴天を求め、無きに等しい州の所得税を享受するための民主党の州から逃げ出したこと、これらすべてがフロリダ州が新しい国勢調査で2つの米国下院の議席を獲得するのに役立っています。

但し、彼らがデサンティス氏とフロリダ州の人たちが最近構築したすべてのものを食い荒らすシロアリのような民主党員を選出しないように、投票の悪癖を捨ててくる必要があります。

そして、サンシャイン州(フロリダ)の42歳の最高責任者への質問は、彼が自分のアイデアとリーダーシップを、1600ペンシルバニアアベニュー(ホワイトハウス)にもたらすことを熱望しているかどうかです。

そして、ドナルドJ.トランプはこれをどう見ているのか?

彼がよく言うように、今後、何が起こるか見てみましょう。

以上。

Newsmax公式記事より

WAU MEDIA翻訳者コメント:

ここまで読み進めていただいた方の貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です