ニューズマックス

Newsmax トランプ氏、アリゾナ州の選挙監査に一言「ルーターをよこせ!」

上の写真は昨年の10月31日、フェニックスで行われたマリコパ郡選挙局のスタッフによる手書き監査のために脇に寄せられる投票用紙。(Courtney Pedroza/Getty Images)

7月19日、Newsmaxはエリック・マック(Eric Mack)氏のオピニオン記事を掲載しました。

オピニオン記事寄稿者:
エリック・マック

Eric Mack
フリーランスのライター、エディター

Photo出典元

FOX NEWS公式記事

翻訳に関する注意事項

以下はエリック・マック氏の意見記事の日本語訳です。

トランプ氏、アリゾナ州の選挙監査に一言「ルーターをよこせ!」

Trump Weighs In on Arizona Election Audit: ‘Give the Routers!’

ドナルド・トランプ元大統領は、2020年の大統領選挙の監査の中で、マリコパ郡が完全な透明性を認めようとしないことで、郡の選挙管理者が何か隠し事をしているのではないかと、再び懐疑的になっていると述べています。

「アリゾナ州のRINOマリコパ郡監督委員会は、なぜルーターを渡さないのか?」

トランプ氏は月曜日に自身のSave America PACの声明の中で問いかけました。

「彼らは何を隠そうとしているのか?彼らは生きるか死ぬかの戦いをしている。何をやっているんだ?」

米国の政治活動委員会(PAC)とは、会員からの選挙資金をプールし、その資金を候補者や投票イニシアティブ、法案の賛否を問うキャンペーンに寄付する527の組織のことです。 PACという法律用語は、米国の選挙資金改革を目指して作られました。

この用語は、米国における選挙資金調達のすべての活動にかなり特化しています。他国の民主主義国家では、選挙費用や政治的競争のための支出という単位で異なる用語が使われています。

米国の連邦レベルでは、2002年の超党派キャンペーン改革法(別名:McCain-Feingold法)によって改正された連邦選挙キャンペーン法に基づき、連邦選挙に影響を与える目的で1,000ドル以上を受領または支出し、連邦選挙委員会(FEC)に登録した組織がPACとなります。詳細

最近の情報要求では、監査役がマリコパ郡にルーターの閲覧を求めています。

「ルーターを渡せ!」

トランプ氏の声明はこのように続きます。

「これは、彼らの発言とは裏腹に、投票機がインターネットに接続されていたことを意味するのではないか?

2020年の大統領選挙における不正投票は記念すべきものであり、事実は日々明らかになっている!」

共和党政権下のアリゾナ州上院は当初、郡の投票所からインターネットルーターを召喚しましたが、郡は交換に600万ドルかかると主張して要求を拒否しました。

同様の主張により、アリゾナ州のケイティ・ホッブス州務長官に、監査官が検査した投票機を破棄させました。

不正選挙に懐疑的な政府関係者は、ホッブス氏が投票機が監査人によって危険にさらされる可能性があると主張したことは、投票機が実際に改ざんされやすい証拠だと主張しました。

監査を受けた投票機は今後の選挙では使用されないとホッブス氏は述べましたが、アリゾナ州の共和党員は、州内で実施されている検査と認証のプロセスを受けていただろうと指摘しています。

また、ルーターの召喚に関して、マリコパ郡保安官のポール・ペンゾーン氏は、法執行機関のセキュリティが脅かされただろうと述べている、とアリゾナ・ミラー紙は報じています。

監査役は、選挙の脆弱性に関する完全な報告書を仕上げるためにはルーターが重要だと主張していますが、マリコパ郡の選挙管理者は、投票機はインターネットに接続されていなかったと述べています。

ミラー紙によると、監査を行っている下請け会社の1つであるCyFir社のCEOベン・コットン氏によると、ルーターを検査のために提出してもセキュリティは損なわれないということです。

以上。

FOX NEWS公式記事より

WAU MEDIA翻訳者コメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です