ニューズマックス

ニューズマックス 「アマゾン・ベゾス氏の宇宙開発競争を支持:彼は自分の資産でそれをやってるんだよ、あなた!」

Photo 出典元(Joe Raedle/Getty Images-on NewsmaxS)

8月4日、Newsmaxデニス・ニール(Dennis Kneale)氏の投稿記事。

「アマゾン・ベゾス氏の宇宙開発競争を支持:彼は自分の資産でそれをやってるんだよ、あなた!」

Defending Jeff Bezos’ Space Race: It’s His Money, Honey!

みんな揃って、ジェフ・ベゾス氏を叩くのはやめませんか?

アマゾンの創業者の贅沢な(そして個人的にも危険な)宇宙への旅には、敵意と嫉妬の声があふれています。

これは、政治的にも道徳的にも、ここ数年で私たちアメリカ人が国として歩んできた道のりを醜く示しています。

ベゾス氏と3人のクルーは、4分間の無重力状態を体験するために66.6マイル〈約10万6000メートル)の高さまでロケットで移動しました。

ベゾス氏は2000年以降、50億ドル(約5,500億円)以上の投資を行っており、今回の偉業は民間宇宙旅行における大胆なブレークスルーであり、大胆な革新と創意工夫の成果でもあります。

彼は少年時代の夢を十分に実現したのである。

ツイッター上の不機嫌な連中は、甘やかされたとっちゃん坊屋が男根のような滑稽なロケットに乗って粗末なスタントをしているのを目撃し、それを、労働者を搾取する資本主義の象徴であり、気候変動から私たちを守ろうと奮闘する人々への侮辱であり、アマゾンの従業員の侮辱であると非難しました。

リベラル派たちは自分の本を語るための材料ができました。

「地球上の貧困をなくすことが、億万長者の宇宙旅行よりも重要だと考える人は私のほかにいませんか?」と、クリントン政権当時の労働長官ロバート・ライヒはツイートしました。

マサチューセッツ州選出のエリザベス・ウォーレン上院議員は、ベゾス氏を非難し、億万長者に初めて富裕税を課し、法人税を上げ、国税庁の捜査官を増やすことを要求しました。

名声を求めるAOCは、目を見開いて何も知らず、必要な厳粛さをもって次のようにツイートした。

「そう、アマゾンの労働者はこの代償を払ったのです。低賃金、組合潰し、狂暴で非人道的な職場、そして配達員は健康保険に加入していません。」

まるで彼らがより良い仕事を見つけるのを妨害された奴隷であるかのように。

マルクスもこれをさぞ気に入ったことでしょう。

かつて私たちは、アメリカを「チャンスの国」と称賛しました。

今、私たちの指導者、メディア、社会正義の戦士たちの多くは、「嫉妬の国」に住んでいます。

彼らは、富の不平等、体系的な人種差別、白人至上主義(今では白人が多数を占めるものすべてに適用されている)を非難することで、怒りを煽ろうとしています。

例えば、アメリカの国そのものも対象です。

ベゾス氏はこの攻撃を先取りするかのように、CNNのコメンテーターであるヴァン・ジョーンズと、彼が運営する「Dream Corps」(前科者やマイノリティがハイテクやグリーンエネルギーの分野で仕事を得られるよう支援することを目的とする)、そして自然災害やその他の危機に瀕した人々に食事を提供する「World Central Kitchen」の創設者であるホセ・アンドレスに、それぞれ1億ドル(約110億円)という驚くべき寄付を発表しました。

ベゾス氏は、意外にもターゲットになりにくい人物です。

彼は、リベラルなメディアの要であるワシントン・ポスト紙を所有しています。

彼は何もないところから生まれ、私が生まれ育ったのと同じフロリダ州ハイアリアという街で、キューバからの移民やカストロの難民の中で育ちました。

ジェフが4歳になる頃には、母親は離婚し、キューバからの移民であるミゲル・マイク・ベゾスと結婚しました。

ミゲル・マイク・ベゾスは継子のジェフを養子に迎え、後に有名になる苗字を与えました。

2002年、フォーブス社に在籍していた私は、フェニックスで開催された技術会議で、25人の招待客だけの夕食会を開きました。

そこにジェフ・ベゾス氏が押しかけてきて、2時間ほど私のテーブルに座っていました。

彼は当時、15億ドル(約1,650億円)の資産を持ち、フォーブス誌の世界の富豪ランキングで293位にランクされていました。

私たちは、ビジネスやハイアリアで育ったことについて話しました。

彼の笑い声は今まで聞いたことがないほど楽しそうで、浮かれていました。

彼は親しみやすく、魅力的で、人の話に純粋に興味を持っていました。

そして、自分がやっていることすべてに興奮していました。

20年後、ベゾス氏は自分が設立した会社への出資に関連して、アマゾンの株価とともにその富を急上昇させました。

1998年に18ドルで上場したAMZNは、現在、1株あたり3,300ドル以上で取引されています。

これは、S&P500指数が5倍にしかならなかった時代に、約200倍になったことになります。

ベゾス氏の財産もほぼ同じように200倍になっています。

嫉妬する人たちは、真珠を握りしめて、一人の人間が2,000億ドル(約21兆円)以上の価値を持つことができるという考えを呪うことができるでしょう。

それはとんでもない額の富だが、それを判断するのは一体誰なのだろうか?

彼らはこの男を自由にさせるべきです。

彼のお金なのですから。

現在、アマゾンは1.7兆ドル(約190兆円)の価値があります。

ジェフ・ベゾス氏はその10%を所有していますが、これは彼が他の人々に1.5兆ドルの富をもたらしたことを意味します。

その人たちとは、アマゾンの株を持っている人たちです。

さらに、アマゾンで販売している500万以上の中小企業です。

そして、連邦政府の最低賃金の2倍である時給15ドルで働く130万人のアマゾンの従業員です。

そして、1日、あるいはそれ以下の時間で彼らの自宅のドアまで無料で届けることができる高品質の商品を、激安価格で購入してくれる何百万人もの顧客です。

この金持ちの宇宙開発競争を批判する人たちは、いったい何を創造したのでしょうか?

以上。

オピニオン記事寄稿者:

デニス・ニール
Dennis Kneale
デニス・ニールは、CNBCとFox Business Networkで6年間キャスターを務め、The Wall Street JournalとForbesで25年間勤務した後、ニューヨークでライター兼メディア戦略家として活躍しています。

Photo出典元

Newsmax公式記事

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています!

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です