Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「『スリーピージョー』が目を覚ました。バイデン氏には2期目の大統領就任のチャンスがある」

Photo 出典元 © AP Photo / Alex Brandon

日本時間9月9日14:11 RIAノーボスチ
by レナト・アブドゥリン
Renat Abdullin

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に紹介しています。

「『スリーピージョー』が目を覚ました。バイデン氏には2期目の大統領就任のチャンスがある」

日本語:WAU

米国では中間議会選挙が近づいているが、アナリストによると、この選挙が2024年の大統領選挙の結果を左右することになるという。

現職の国家元首であるジョー・バイデンは、評価を高めるだけでなく、同僚の民主党議員や多くの共和党員の支持を得ることに成功した。

一方、主なライバルであるドナルド・トランプ氏は、スキャンダルでますます泥沼化し、戦友を不安にさせている。

RIAノーボスチは、米国の政治情勢について次のように取り上げている。

■評価の変化

最近の世論調査によると、ジョー・バイデンはドナルド・トランプに大差をつけている、とニューズウィーク誌は報じている。


写真は、2022年4月30日、ホワイトハウス特派員晩餐会でスピーチするバイデン米国大統領© AFP 2022 / Nicholas Kamm

Photo 出典元

79歳の米指導者は2024年に2期目の出馬を予定していると繰り返し発言しているが、76歳のトランプは演説やインタビューで常にその可能性に触れているものの、正式に再選出馬の予定は確認されていない。

一方、多くの民主党議員はバイデンの将来性についての低評価と年齢を心配している。

しかし、人気の支持は数週間のうちに変化してきている。

先日、ウォール・ストリート・ジャーナルが発表した新しい世論調査では、バイデンがトランプに6ポイント差をつけていた。

民主党の大統領は登録有権者の50%から支持され、共和党の前大統領は44%から支持されただけだった。

同紙が3月に行った世論調査では、両氏はそれぞれ45%の支持を受けていた。

その後、真夏の時点では、バイデンよりもトランプに投票しようとする有権者が10%多かった。

政治家の行動に対する支持率もほぼ同じだった。

同紙によると、現職の国家元首は前任者に1パーセント差をつけて45対44である。

8月下旬に実施されたエマーソン大学による世論調査でも、バイデンが43%、トランプが42%だった。

一方、その2週間前のハーバード・ハリス(ハーバード大学と分析会社のザ・ハリス・ポール)の調査では、トランプが明らかにリードしていた。

バイデンとトランプの個人的な争いは、党派を超えた膠着状態にも反映されており、「ロバ」(民主党)は1カ月で「ゾウ」(共和党)から3パーセントも奪ったのだ。

■民主党は雪解けした

いくつかの要因がバイデンに作用した。

第一に、アルカイダ第二の指導者アイマン・アルザワヒリ(※)の殺害が、バイデンの元上司であるバラク・オバマの最大の功績であるオサマ・ビンラディン殺害と比較されるようになったことである。

第二に、バイデンは8月中旬に「インフレ抑制法」を議会で承認させた。

この大規模な法案は、医療、気候変動対策、消費者物価の抑制のために4300億ドルを提供するものである。

その結果、両院を通過したことは、党派的な反対派や一部の共和党員の支持を得た大統領にとって大きな勝利となった。

有権者もこの法律を好意的に受け止めた。

アナリストたちは、このバイデン構想によって、今後7年間で100万人以上の新規雇用が創出されると予測した。

また、処方薬や健康保険のコストを削減すると同時に、国内の大企業には増税を行う(法人税の最低額は企業利益の15%となる)。

こうした成功を背景に、8月初めにはバイデンを疑っていた「ロバ」たちも、目に見えて彼を温かく迎えている。

11月に上下両院の議席を争う人たちから、すでに選挙集会に招かれている。

一ヶ月前までは、ホワイトハウスを選挙戦に巻き込むことは、益となるよりも害となることを恐れて、急がなかったのである。

最後に3つ目は、バイデンが、スパイ活動法を含むいくつかの法律違反の疑いのあるドナルド・トランプをめぐるスキャンダルを巧みにカードにしたことである。

同時に、現大統領は非公式なMAGA(Make America Great Again-トランプの選挙スローガン)運動に属さない穏健な共和党員との橋渡しを積極的に行っている。

■トランプは失脚に近い

バイデンはウィスコンシン州で開かれた労働者の日の集会で、

「すぐにはっきりさせておきたいのは、すべての共和党員がMAGA共和党員というわけではないということだ」

と述べた。

「すべての共和党員がこの極端なイデオロギーを共有しているわけではありません。私はキャリアを通じて共和党の主要メンバーと仕事をしてきたので、このことをよく知っています」

バイデンのレトリックは明らかにオバマの言葉を借りたもので、彼は繰り返しトランプ派と習慣的な共和党員を分ける必要性を訴えた。

後者であれば、少なくとも交渉することは可能だと強調した。

バイデンはさらに踏み込んで、ある集会で前任者の思想を「準ファシズム」と特徴づけた。

トランプ主義思想の悪魔化は効果を発揮している。

イプソスの世論調査によると、共和党員の4人に1人を含む58%のアメリカ人が、MAGAは米国の民主的基盤に対する脅威であると考えている。

そして、国会議事堂の情報筋によれば、多くの「象」が2024年の選挙で党の候補者に代わる準備ができている。

しかし、誰と交代させるかはまだ明確ではない。

その後、ピッツバーグの集会でバイデンは、

「単なる元敗戦大統領」

とトランプを呼び、再び非難した。

この言葉に観客は熱狂的に反応し、「Run, Joe, run」(「走れ」、つまり大統領選に出馬せよという意味)と唱和した。

その後、ウィルクスバリ (ペンシルベニア州)の公式行事でバイデンは、襲撃型モデルの禁止を含むより厳しい新しい銃規制を訴え、銃ロビーに迎合する急進的な共和党を非難した。

トランプに対する言わずと知れた「中傷」は、集まった人たちの熱狂を再び呼び起こした。

■国家の敵であること

アナリストは、現在のバイデン陣営は大統領選よりも活発で積極的でさえあるように見えると指摘する。

最近の集会の成功に触発され、米国の指導者のアドバイザーは、11月の議会選挙に向けて、週に2、3回、国内を巡回することを計画している。

トランプ氏は従来、ライバルを「国家の敵」と呼び、体制側に対するソーシャルメディア上の非難を展開してきたが、バイデン氏は立法化の構想をまくしたてている。

特に、台湾危機で供給減が予想される半導体の米国での生産活性化について語った。

米国の両党もこのプロジェクトを支持したことがうかがえる。

その結果、「赤い波の怖れ」(共和党)を経て、民主党は中間選挙を楽観視する理由が増えたとCNNは言う。

かつての「眠れるジョー」はその行動で民主党全体に影を落としていたが、今では一部で更生している。

暗黙の了解とはいえ、民主党と共和党の結束は、選挙の結果にかかわらず、ワシントンの外交政策の方針が変わることはないことを疑わせない。

トランプを政治の舞台から追い出すことは、反ウクライナ感情が蔓延するMAGA「運動」の立場を弱めることになる。

他方、親ウクライナ派の共和党員、つまり「タカ派」が客観的に勝利を収めている。

一方で、バイデンが彼らのアジェンダを、彼ら以上に積極的に推し進めている。

一方、ウクライナへの援助がアメリカ人の批判を招いた場合、それは民主党大統領のせいにできる。

以上。

WAUメディアからのコメント:ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語訳について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。