Extra ニュース

ロシア・トゥデイ(RT) 「英国女王とロシア。ガガーリンからプーチンまで」

写真は、1994年10月17日、エリザベス2世女王のロシア・モスクワ訪問。ボリショイ劇場でボリス・エリツィンと並ぶエリザベート王妃© Gamma-Rapho via Getty Images

Photo 出典元

日本時間9月9日 01:37 ロシア・トゥデイ(RT)

「ロシア・トゥデイ(RT)について」

ロシア・トゥデイ(RT)は、ロシア連邦予算からの公的資金で運営されている、自律的な非営利団体です。2005年に最初の国際ニュースチャンネルを開設したRTは、現在、9つのテレビチャンネルでニュース、時事問題、ドキュメンタリーを放送する24時間体制のグローバルなニュースネットワークであり、6つの言語によるデジタルプラットフォームと、姉妹ニュースエージェンシーのRUPTLYを擁しています。

現在、RTは5大陸、100カ国以上で視聴可能です。主流メディアが見落としているストーリーをカバーし、時事問題に対する新たな視点を提供し、主要なグローバルイベントに対するロシアの視点を国際的な視聴者に伝えています。 2021年1月の時点で、RTのウェブサイトは合計で1億5000万以上の月間アクセス数を記録しています。2020年、RTは世界のTVニュースネットワークとして初めて、YouTubeのチャンネル全体で100億ビューを達成しています。

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう(フェイクニュースも少なくありません)。

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する 国のニュースソースを全面的に紹介しています。

「英国女王とロシア。ガガーリンからプーチンまで」

日本語:WAU

1952年に英国王室に即位したエリザベス2世は、海外の国家元首や著名人との会談を数多くこなしてきた。

ロシアとも親交を深め、要人を招いたり、自ら国賓として訪問したりする機会があった。

しかし、本誌ロシア・トゥデイ(RT) が説明するように、これらの機会は必ずしも厳密な王室儀礼に沿ったものではなかった。


写真は、世界ツアー中にロンドン塔を訪れるユーリ・ガガーリン(1961年7月) © Sputnik

Photo 出典元

■ユーリ・ガガーリン

宇宙へ旅立った最初の人物であるロシアの宇宙飛行士ユーリ・ガガーリンは、ソビエト連邦だけでなく、広く世界にその名を知られることになった。

当時、西側とソ連の関係は緊迫していたが、ガガーリンはミッションから帰還後すぐに世界ツアーに出発し、その途中でイギリスを訪れた。

1961年7月14日には、英国女王とその夫であるフィリップ皇太子に謁見している。

タス通信によると、ガガーリンが紅茶のカップからレモンの輪切りを食べる場面があり、女王はそれを真似たという。

さらに、アンドリュー・モートンの著書『The Queen』によると、宇宙で初めて飛行した男は、女王の膝のすぐ上の脚にさえ手を置き、おそらく彼女が本物であることを確認するためだったと主張している。

エリザベス2世は2021年3月、一緒に過ごした時間を振り返り、ガガーリンについて、

「彼は魅力的でした。特に最初の一人ということで魅力的だったのでしょう」

と述べている。


写真は、1989年4月7日、ゴルバチョフの英国公式訪問の最後にウィンザー城で英国のエリザベス2世と会話するソ連の指導者ミハイル・ゴルバチョフ(左)© AFP / Andre DE WET

Photo 出典元

1989年4月7日、女王陛下はソビエトの指導者ミハイル・ゴルバチョフウィンザー城に迎え入れた。

ゴルバチョフは、英国王室をロシアに招待することを申し入れ、女王は、後日、都合のよいときに訪問することを希望すると答えた。

2年後、ソ連は解体され、ゴルバチョフは大統領を退いた。


1994年10月20日、宴会のために王室ヨット「ブリタニア号」に乗り込むフィリップ王子、ナイナ・イェルツィーナ、エリザベス2世、ボリス・エリツィン大統領。© Graham Picture Library/Getty Images

Photo 出典元

■ボリス・エリツィン

ソ連崩壊後のロシア初の指導者ボリス・エリツィンは、女王に二度会った。

一度目は1992年11月にロンドンを訪問した時である。

外務省の通訳者よると、ロシア大統領は過剰な愛情表現で何度も儀礼を破ったという。

エリツィン大統領は「ヨーク公爵に半分抱きついた」ほか、「女王の腕を2度取り、腰を包もうとしたこともあったが、(悪びれもせず)長年の訓練で難なく阻止された」と通訳者は回想している。

■唯一のロシア訪問

2年後の1994年10月17日、女王夫妻は歴史上、唯一となる公式にロシアを訪問した。

英国王室がロシアに足を踏み入れるのは、この3日間が初めてであった。

ロシアでも欧米のマスコミでも、女王の訪問はモスクワと欧米の関係が大きく改善されたことを示す歴史的な出来事であるとさかんに報道された。

ソ連、赤の広場を訪れたエリザベス女王2世(1994年)↓

エリツィン大統領は、この機会にふさわしい豪華な晩餐会を催した。

特に、ロシア滞在中に女王がどんな宝石を身につけるかが注目された。

なぜなら、女王のコレクションの多くは帝政ロシアに由来するものだからだ。

エリザベス女王の祖母であるメアリー女王が、1917年の革命後にロシアから避難してきた貴族の子孫から買い取った宝石類である。

しかし、エリザベス2世は最終的に、ロシア史のドラマチックなページとは関係のない宝石を選んだのである。

当時、メディアは、これは特に不快感を与えないようにするためであったと指摘している。


写真は、ロシアのプーチの大統領。2003年6月24日、バッキンガム宮殿にて、ロシアのプーチン大統領とエリザベス2世。© Corbis via Getty Images

Photo 出典元

エリツィンの後を継いだプーチン大統領も、2003年6月24日、英国を公式訪問した際に女王と面会している。

英国メディアの報道によると、ロシアの指導者は、君主との会談に14分遅れたという。

その2日後、スペンサーハウスでの晩餐会でプーチンは、ロシアとイギリスが 「成熟した有望なパートナーシップ」のレベルに到達したことを賞賛した。

「新しい関係によって、両国の潜在力を結集し、共通の問題に取り組むことが可能になった」

と、ロシア政府は当時述べている。

以上。

WAU MEDIAからのコメント: ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語解説について

高品質iPhone販売【ハピネスネット】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。