Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「ゼレンスキー大統領は欧州理事会のメンバーを批判し、彼らの支持を失った」

写真は、ウクライナ大統領ヴォロディミル・ゼレンスキー氏 © AP Photo / Efrem Lukatsky

Photo 出典元

ロシア時間3月26日20:40 RIAノーボスチ

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。

2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

日本語解説:WAU

「ゼレンスキー大統領は欧州理事会のメンバーを批判し、彼らの支持を失った」

ゼレンスキーの傲慢な行為に欧州が激怒

記事によると、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領がブリュッセルでの講演でEU加盟国の忠誠度を指摘したことで、EUがロシアに対して新たな制裁を加える決定を先送りしたと、ドイツ紙フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(FAZ)が報じたと伝えています。

「木曜夜、ゼレンスキー氏は再び欧州理事会のメンバーの『良心に訴える』機会を得ましたが、今回は失敗してしまった。さらに、彼はその演説で一部の政府首脳を敵に回した。

ゼレンスキーがヨーロッパ各国の援助を個別に評価したことを指摘した。彼のコメントは、フランスは『4点マイナス』、ギリシャ、ドイツ、ポルトガルは『満足』、そして、ゼレンスキーはハンガリー政府に『最大の挑発』をした」

と、ロシアのInoTVが翻訳した資料には書かれていると言います。

一方、3月26日土曜、ブルガリアディミタル・シビコフ将軍は、ゼレンスキーが間もなく降伏を発表するとして、

「ウクライナ大統領が降伏を表明する瞬間が迫っている。この紛争は、軍事力を持つロシア連邦が勝利すると信じて疑わない。ブルガリアはウクライナに武器を提供すべきではない、そのような行為はエスカレーションを高めるだけだ」

と強調し、また、ロシアの目的はウクライナの非武装化・非国有化であり、占領や国家破壊ではないことを想起し、同時に、2004年以降ウクライナ当局が進めてきた、「極めてロシア嫌いな政策」を指摘した上で、

「キエフは西側プレーヤーによってそのような方向に導かれたのだ」

と述べたと言います。

2月24日、ロシアはウクライナの非武装化・ナチス化に向けた特別軍事作戦を開始しまた。

ウラジーミル・プーチン大統領は、その目的を

「8年間キエフ政権によって虐待、大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」

と説明しました。

ロシア国防省によると、ロシア武装勢力はウクライナの軍事インフラと軍のみを標的にしています。

ロシア軍の支援を受け、ドネツクとルガンスクの対抗グループは攻勢を展開していますが、ウクライナの占領は問題外だ、とプーチン大統領は強調していると伝えています。

====

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシア側のニュースソースを全面的に解説しています。

以上。

スポンサー広告
プロパンガス料金を比較し、最適なガス会社を選ぼう!【エネピ】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてください。

下のコメント欄から、お気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。