フォックス・ニュース

フォックス・ニュース「ヒラリー・クリントン、ダーラム提訴に反論、『トランプ氏とフォックスニュースが必死に偽のスキャンダルを紡ぎ出している』」

Photo 出典元 クリントンvs.トランプ CNN

米国時間02月17日FOX NEWS

「Fox News(フォックス・ニュース)は、アメリカの多国籍保守派のケーブルニュースチャンネルです。

1996年10月7日に1700万人のケーブル加入者を対象にスタートしたフォックス・ニュースは、1990年代後半から2000年代にかけて成長し、米国で圧倒的な視聴者数を誇るニュースネットワークとなりました。 米国2018年9月時点、米国の約87,118,000世帯(テレビ加入者の90.8%)がフォックス・ニュースを受信しています。

フォックス・ニュースは、民主党を否定的に描く一方で、共和党やその政治家、保守派に有利な偏った報道を実践していると評されていますが、フォックス・ニュースの公式見解は、ニュース報道は意見や解説番組とは独立して運営されているというものです」

by ブルック・シングマン
Brooke Singman

日本語解説:WAU

「ヒラリー・クリントン、ダーラム提訴に反論、『トランプ氏とフォックスニュースが必死に偽のスキャンダルを紡ぎ出している』」

ブルック・シングマン氏の記事によると、ヒラリー・クリントン元国務長官は、トランプ元大統領ロシア疑惑の真相調査特別顧問のジョン・ダーラム氏の最新の提訴に反応し、

「トランプ元大統領とフォックス・ニュースが彼の本当のスキャンダルから目をそらすために、必死に偽のスキャンダルを紡ぎ出している」

と批判しました。

2016年の民主党元大統領候補は水曜日にツイートし、フォックス・ニュースが土曜日に最初に報じた、ダーラム氏の2月11日の連邦裁判所への提訴資料に反応する初めての公式声明を発表しました。

ダーラム氏は、ロドニー・ジョフと名乗る「技術系幹部-1」と、ヒラリーの大統領選挙キャンペーンの弁護士で、すでに、FBIの弁護士と、連邦捜査官に虚偽の陳述をした罪で現在起訴されているマイケル・サスマンを含む仲間が、「特定の医療機関」「トランプタワー」「トランプ氏のセントラルパークウェストのアパート」「米国大統領執務室」のインターネットトラフィックを「悪用」し、トランプ氏とロシアを結びつける「推論」と「物語」を連邦政府機関に提出したとしています。

「トランプとフォックスは、彼の本当のスキャンダルから目をそらすために、必死になって偽のスキャンダルを作り上げています。それも、Yでの記事が出た日で終わります」

とヒラリーは水曜日のツイートで

「彼の悪行が暴かれれば暴かれるほど、彼らは嘘をつくようになる。現実に興味がある人のためにバニティー・フェアに掲載された記事をリンクし、彼らの最新のナンセンスを見事に論破している」

と述べています。

Twitter
ヒラリー・クリントン
@HillaryClinton
トランプとフォックスは、彼の本当のスキャンダルから目をそらすために、必死に偽のスキャンダルを紡ぎ出しています。それも、Yでの記事が出た日で終わります。

彼の悪行が暴かれれば暴かれるほど、彼らの嘘は増えていきます。

現実に興味のある方は、彼らの最新のナンセンスな情報を否定する良い記事をご覧ください。

vanityfair.com
信じられないかもしれませんが、ヒラリー・クリントンは実際にはトランプのホワイトハウスをスパイしていませんでした。より少ない速報では、ドナルド・トランプは相変わらずバカです。午前4時48分 – 2022年2月17日

ヒラリー氏のツイートは、ダーラム特別顧問が提訴した数日後に行われたもので、連邦捜査官に虚偽の陳述をした罪で起訴されているクリントン陣営の元弁護士マイケル・サスマン氏の弁護に関連する利益相反の可能性に焦点を当てたものでした。


写真は、ジョン・ダーラム氏とマイケル・サスマン氏 by Perkins Coie)

Photo 出典元

サスマン氏に対する起訴状によると、

彼は2016年の大統領選挙の2ヶ月も前の2016年9月に、当時のFBIゼネラルカウンセルのジェームズ・ベーカーに、

「自分はいかなるクライアントのためにも仕事をしていない」

と話しながらも、トランプ・オーガ二ゼーションとクレムリンとつながりのあるアルファ銀行との間の、秘密の通信チャネルを示したとされるデータや『ホワイトペーパー』を提示する会議を要求し、開催したとされています

しかし、ダーラム氏が2月11日に提出した「事実関係の背景」という項目では、サスマン氏が米国の「インターネット企業-1」「技術系幹部-1」クリントン陣営など、少なくとも2つの特定の顧客のために疑惑を作り上げ、FBIに伝えていたことが明らかになっています。

また、サスマン氏の「請求記録によると」、彼は「ロシア・バンク-1」疑惑に関する仕事をクリントン・キャンペーンに繰り返し請求していたといいます。

しかし、サスマン氏と彼の弁護団は月曜日、裁判所に対し、ダーラム氏の提出書類の「事実上の背景」の部分を「削除」するよう要求し、何故なら、それが「陪審員たちを看過する」と主張しました。

「残念ながら、特別顧問は単に潜在的な利益相反を示す文書を提出しただけではありません。それどころか、特別顧問は、彼の申し立てや起訴された犯罪とは無関係な、不必要に偏見に満ちた虚偽の申し立てをこの件で再び提出しており、この件を政治的に利用し、メディアの報道を煽り、陪審員たちを汚すことを明らかに意図しています」

とサスマン氏の弁護士は述べ、

「悲しいことに、特別顧問は、サスマン氏の事件について、不公平で偏見に満ちた報道を扇動することに成功しているようだ」

と付け加えています。

サスマン氏の弁護団は、

「裁判所の固有の権限である『司法手続きを乱用する行為に対する適切な制裁措置を講じる』に従い、特別顧問の申し立ての『事実関係』の部分を取り消すこと」

を裁判所に求めました。

ダーラム氏の提訴の「事実関係」の部分では、サスマン氏と技術系幹部-1が、クリントン陣営の法律顧問を務めていた別の法律事務所のパートナーと会い、連絡を取っていたとされています。

情報筋がフォックス・ニュースに語ったところによると、その弁護士とは、法律事務所パーキンス・コーエに勤務していたマーク・エリアス氏だといいます。

マーク・エリアス氏

Photo 出典元

ダーラム提訴によると、2016年7月、「技術系幹部-1」は、「法律事務所1」がクリントン陣営のために依頼した米国の調査会社であるサスマン、多数のサイバー・リサーチャー、複数のインターネット企業の従業員と協力して、「疑惑データとホワイトペーパーを組み立てる」作業を行ったと言います。

「これらの作業に関連して、技術系幹部-1は、非公開および/または専有のインターネットデータへのアクセスを悪用した。また、技術系幹部-1は、連邦政府とのサイバーセキュリティ研究契約に関連して、大量のインターネットデータを受信・分析していた米国の大学の研究者に協力を求めました。

技術系幹部-1はこれらの研究者に、当時のトランプ候補とロシアを結びつける『推論』と『物語』を確立するために、インターネットデータを調査するように命じた。その際、技術系幹部-1は、法律事務所-1の個人やクリントン陣営を指して、特定の『VIP』を喜ばせようとしていることを示した」

ダーラム氏は述べています。

ダーラム氏はまた、サスマン氏の裁判において、政府は技術系幹部-1氏とその仲間が悪用したインターネットデータの中に、

「(1)特定のヘルスケアプロバイダー、(2)トランプタワー、(3)ドナルド・トランプ氏のセントラルパークウェストのアパート、(4)米国大統領執務室(EOP)」に関連するドメインネームシステム(DNS)のインターネット・トラフィックがあったことを立証するだろう」

と書いています。

ダーラム氏は、技術系幹部-1が勤務していたインターネット企業が、

「EOPにDNS解決サービスを提供するという微妙な取り決めの一環として、大統領府の専用サーバーにアクセスし、維持するようになっていた。技術系幹部-1とその関係者は、この取り決めを悪用して、ドナルド・トランプ氏に関する軽蔑的な情報を収集する目的で、EOPのDNSトラフィックやその他のデータを採取した」

と述べています。

技術系幹部-1であるとされる「ジョフ」氏のスポークスマンは、火曜日に彼の仕事を擁護しました。

火曜日に発表した声明の中で、

「このたびの申請の申し立てとは反対に、ジョフ氏は、米国政府に数十年にわたって奉仕してきた非政治的なインターネットセキュリティの専門家であり、政党のために働いたことはなく、別途、大統領府(EOP)にDNSサービスを提供していた個人顧客から得たDNSデータへのアクセスを合法的に提供しました」

と述べています。

「契約の条件では、セキュリティ違反や脅威を特定・分析するためにデータにアクセスできることになっていました。2015年と2016年にそれぞれEOPとDNCのサーバーがハッキングされた結果、2016年の選挙に潜入しようとするロシアの試みについて、深刻かつ正当な国家安全保障上の懸念がありました」

また、ダーラム氏の提出書類によると、サスマン氏は2017年にロシアの銀行データを含む「最新の疑惑」と、トランプ氏に関する追加の疑惑を「米国政府の第二機関」に提供したとしています。

ダーラム氏によれば、この申し立ては、技術系幹部-1らが、

「ドナルド・トランプ氏のニューヨーク市のアパートであるトランプタワー、EOP、前述の医療機関に関連して集めたDNSトラフィックに、部分的に依存していた」

としています。

技術系幹部-1の広報担当者は、2番目の連邦政府機関が「CIA」であることを示唆しています。

「トランプ陣営とEOPに近接するロシア製Yota携帯からのDNSクエリを確認した際、尊敬するサイバーセキュリティ研究者たちは、データがみられる異常性を深く懸念し、調査結果の報告書を作成し、その後CIAと共有しました」

と広報担当者は述べと言います。

ダーラム氏は、サスマンが2番目の米国政府機関と面会した際、

「これらの機関がロシアの携帯電話プロバイダーに関連するインターネットプロトコル(IP)アドレスの疑わしいDNSルックアップを反映していると主張するデータを提供し、トランプ氏および/またはその関係者が、ホワイトハウス周辺やその他の場所で、珍しいとされるロシア製の無線電話を使用していることを主張したが、特別顧問事務所は、これらの疑惑を裏付けるものを確認していない。調査では米国では珍しいものではなかった」

「例えば、技術系幹部-1とその仲間が収集したが、代理人-2には提供しなかったより完全なデータによると、2014年から2017年頃の間に、米国に拠点を置くIPアドレスを発信源とするロシアの電話所有者-1のIPアドレスの調査で合計300万件以上あったことが反映されている。これらのうち、トランプタワーに関連するIPアドレスに由来するものは、1,000件にも満たなかった」

とダーラム氏は述べています。

技術系幹部-1が収集したデータは、オバマ政権時代であり、トランプ氏が就任する数年前の2014年には調査が始まっていたことも判明したと付け加え、これは

「疑惑が省略したもう一つの事実」

だと述べています。


写真は、マンハッタン5番街にあるトランプタワーの広角正面図

Photo 出典元

ダーラム氏は、

「被告は、代理人-2の従業員との会合でも、FBIの顧問弁護士に言ったのと実質的に同様の虚偽の発言をした。特に、被告は上記の申し立てを伝える際に、特定のクライアントを代理していないと主張しました」

「真実と事実において、被告は技術系幹部-1を代理していた。被告はその後、2017年12月の議会での証言において、クライアントの名前を特定することなく、宣誓してその事実を認めた」

とダーラム氏は書いています。

CIAの広報担当者は、フォックス・ニュースのコメント要請にすぐには応じませんでした。

現時点でダーラム氏は、捜査の一環として3人を起訴しています。

2021年9月にサスマン、2021年11月4日にイゴール・ダンチェンコ、2020年8月にケビン・クリンスミスです。

ダンチェンコは虚偽の供述をした罪で起訴され、反トランプ文書のためにクリストファー・スティールに提供した情報の出所についてFBIに嘘をついたとされています。

また、ケビン・クリンスミスも虚偽の陳述をした罪で起訴されました。

以上。

スポンサー広告
ソニー/多機能型シーリングライト

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。