フォックス・ニュース

フォックス・ニュース「ウィスコンシン、ウォーキショー市のホラー、犯人のダレル・ブルックスはネバダ州での令状があるにもかかわらず、今年に入って2回も保釈されていた」

Photo 出典元

米国時間11月23日FOX NEWS
by マイケル・ルイズ
Michael Ruiz

日本語解説:WAU

「ウィスコンシン、ウォーキショー市のホラー、犯人のダレル・ブルックスはネバダ州での令状があるにもかかわらず、今年に入って2回も保釈されていた」

記録によると、2人の裁判官による低額の保釈金で犯人のダレル・ブルックスを2回釈放していたことが分かりました。

一件は、前年の夏に自分の甥に向けて銃を撃ったとされる事件で、今年2月に500ドルで保釈され、今月11月初めには、ある女性を殴った挙句、ウォーキショー市のクリスマス・パレードに突っ込み、5人が死亡、48人が負傷したとされる同じSUVで、女性を轢いたとして訴えられた後、再び1000ドルで保釈されていました。

犯人のブルックスは、1999年から暴行事件や銃器犯罪を起こしており、2006年にはネバダ州で15歳の少女とセックスをし、法定重罪である「性的誘惑」で有罪判決を受けています。被害に遭った少女は妊娠しており、ブルックスは3年間の保護観察処分を受けた「性犯罪者」としてネバダ州の犯罪者リストに登録されていました。

さらに2016年、ネバダ州当局は同州の性犯罪法違反で再びブルックスを起訴し、保釈金を免れて地域を逃亡したとされています。ネバダ州当局は、ブルックスがウィスコンシン州に潜んでいると考えていましたが、ブルックスの居場所に関する情報は得られなかったということです。

しかし、その後、ウィスコンシン州で2度身柄を拘束されたものの、ネバダ州の捜査当局への引き渡しを免れ、2度とも自由を得て、日曜日のパレード襲撃事件の後、ウォーキショー警察に捕まったのです。

このような状況の中で、ウォーキショーの地方検事であるスーザン・L・オッパー氏は、Fox News Digitalの取材に対し、

「ウィスコンシン州では保釈金なしで容疑者を拘束することはできないが、クリスマスに起きた大事件に関連して、保釈金を支払う可能性がないほど高額に設定するよう裁判所に求める予定です。火曜日の午後に正式な殺人事件として告発する予定です」

と述べています。

オッパー氏のミルウォーキーのカウンターパートである地方検事ジョン・チホルム氏の事務所は、その日のうちに、ブルックスの直近の事件における独自の保釈勧告について調査を開始し、今月初めにわずか1,000ドルで自由になることを許すべきではなかったと述べています。

しかし、チホルム氏の事務所はその金額を推奨し、裁判所はそのように設定したと記録されています。

チホルム事務所は声明で次のように述べています。

「この事件における州の保釈勧告は、ブルックスに対する最近の告発と係争中の告発の性質に照らして、不適切に低いものでした。この事件の保釈勧告は、暴力犯罪に関わる問題に対するミルウォーキー郡地方検事局のアプローチは一緒ではありません」

ジョン・チホルム氏

Photo 出典元

また、チホルム氏のオフィスは、未解決の令状についてのフォローアップの質問には答えませんでした。

元連邦検察官で、現在はロサンゼルスを拠点とする裁判弁護士であるニーマ・ラーマニ氏は、11月に裁判所がブルックスにこのような低い保釈金を与えたことは「意味がない」と述べ、

「1,000ドルの保釈金は、ブルックス被告のように、暴力を振るったり、地域社会に危険を及ぼしたり、逃亡の危険性があったりする重大な犯罪歴を持つ被告には、まったく不適切です。この金額は、軽犯罪や交通事故の場合によく見られるものです。暴力的な被告が裁判を受けるまで自由でいられるように保釈制度を改革したことの問題点が浮き彫りになりました」

と、フォックス・ニュース・デジタルで月曜日に語っています。

同氏は、コロナの影響が2月のスピード裁判問題の原因になっている可能性を指摘し、その際にデビッド・フィス判事はブルックスの保釈金を7,500ドルからわずか500ドルに引き下げています。

デビッド・フィス判事

Photo 出典元

今回のウォーキショー市の事件では、18人の子供を含む数十人が地元の病院に運ばれ、亡くなった大人は、バージニア・ソーレンソンさん(79歳)、リアンナ・オーウェンさん(71歳)、タマラ・デュランさん(52歳)、ジェーン・クーリッチさん(52歳)、ウィルヘルム・ホスペルさん(81歳)の5人です。

以上。

スポンサー広告
豊富な栄養素をもつ2大健康素材配合【マカ+クラチャイダム】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です