フォックス・ニュース

FOX News バイデン政権、銃ディーラーへの圧力キャンペーン 安全な街を取り戻せるのか?

6月23日、FOX NEWSは ©2021トムソン/ロイター 全著作権所有(© 2021 Thomson/Reuters. All rights reserved.)のニュース記事、

「バイデン政権が、暴力犯罪の急増に伴い、銃ディーラーを対象としたキャンペーンを開始」

を報じました。

翻訳に関する注意事項

FOX NEWS公式記事はこちら

バイデン政権が、暴力犯罪の急増に伴い、銃ディーラーを対象としたキャンペーンを開始

©2021トムソン/ロイター。 全著作権所有
2021年6月23日水曜日05:16 PM

ジョー・バイデン大統領は水曜日、大都市で殺人率が急上昇したため、違法な銃ディーラーを追い詰め、地元の法執行機関への連邦政府の資金提供と支援を強化することを表明しました。

バイデンは「死の商人は利益のために法を犯している」と述べ、連邦法違反の責任を負う悪質な銃器販売ディーラーに対しては、政権は「許容範囲ゼロ」になるだろうと付け加えました。

彼はまた、政府はCOVID-19パンデミックから経済が回復するのを助けるために、州政府がすでに承認された資金を使ってより多くの警察官を雇うのを助けるだろうと言いました。

「あなたへの私のメッセージはこれです」とバイデンは言って、「故意に」法律を破る銃ディーラーに対して、「私たちはあなたを見つけ、銃を売るあなたの免許を追求します。私たちは必ずあなたが路上で死と騒乱を売ることができないようにします。」

共和党は、政府の対策を行き過ぎと非難し、それを警察による統制の範疇に関連付けました。

「その多くは、包括的な『警察の予算取り消し』運動と、いくつかの昨年の市民団体の混乱に関係していると思う」と語ったネブラスカ州知事のピート・リケッツ氏はフォックスニュースに、

「そして、その(警察機構の)基本的な基盤の弱体化が始まったとき、私たちを結びつけている絆を壊し始めることになり、それがあなたが犯罪の増加を見る理由の一であると思います。」と述べました。

ピート・リケッツ氏
Pete Ricketts

ネブラスカ州知事

Photo出典元

バイデンと司法長官のメリック・ガーランド氏はホワイトハウスで、政府は、司法省が火曜日に明らかにした、アルコール・タバコ・火器・爆発物局(ATF)による全米の違法な銃の密売を阻止する取り組みを強化する手順を繰り返すと述べました。

メリック・ガーランド
Merrick Garland

第86代米国司法長官

Photo出典元

4月、バイデンは、アメリカ合衆国司法省に、手作りの「未登録銃:ゴーストガン」の取り締まりを求める大統領令に署名しました。このような指令は、民主党が過半数のほんのわずかを保持し、共和党のほとんどが銃規制法に反対する議会を待たずに迅速に行動することを可能にします。

米国憲法修正第2条によって保護されている銃の権利は、銃による死亡率が他の裕福な国を上回っているアメリカで最も厄介な政治問題の1つです。

ホワイトハウスは、無党派の研究グループである刑事司法評議会の報告を引用し、2020年に米国の大都市での殺人は前年比30%増加し、銃による暴行はシカゴやヒューストンなどの大都市で最も速い率の8%が増加したと述べました。

全国的な全体の割合は、1970年代または1980年代の全国平均をはるかに下回っています。

ジョージ・フロイドが5月下旬にミネアポリスの警察官によって殺害された後、大規模な抗議行動の出現と、殺人事件の急増は同時に起こった」と報告書は述べ、警察の暴力と、地域社会の暴力の抗議との間には「単純な関係ではない」と付け加えました。

ジョージ・フロイドの殺人

Photo出典元

強盗や窃盗などの所有物犯罪は、2020年に大幅に減少しました。

会見前に、バイデンとガーランドは、メリーランド州のボルチモアと、サウスダコタ州のラピッドシティーの市長、及び、ルイジアナ州のバトンルージュの警察署長、その他の専門家と会い、地域の安全対策について話し合っています。

米国財務省は、州と地方自治体が、暴力犯罪に対応するために、地域社会型警察への投資など含め、米国救助計画法から3,500億ドルを引き出す方法に関する情報を発表しました。

バイデン政権は、政権の初日に「疫病」に対する処置を講じるという誓約でキャンペーンを行った後、銃による暴力と戦うためにより迅速に行動することを望む、銃規制活動家からの高まるいらいらに直面しています。

研究グループの銃犯罪記録文書によると、今年、20,989人のアメリカ人が6月23日までに銃による暴挙で亡くなり、その半分以上が自殺で亡くなりました。

共和党は、バイデンの民主党政権は「民主主義に立ち上がるべきでした」と、法執行機関を十分に支持していないとの声明を発表しました。

米国の銃販売は、2020年のコロナウイルスのパンデミックの間、警察による黒人殺害をめぐる社会不安と、大統領選挙が争われた中で急増しました。当時、一部の専門家は次は殺人が急増する可能性があると警告していました。

ハーバード大学のデビッド・ヘメンウェイ教授( David Hemenway )は、傷害予防を研究している同校の傷害管理研究センターの所長で、10月にロイター通信に語りました。

銃の販売と殺人の関係を裏付けるいくつかの「予備的証拠」がありますが、「さらなる研究が必要」と刑事司法評議会の報告書で述べています。

バイデンは上院議員として、1980年代と1990年代の犯罪の急増に対する過剰反応と見なされる条項を詰めた1994年の法案を含め、いくつかの主要な防犯パッケージを作成しました。

批評家たちは、これらの法案が黒人アメリカ人の大量投獄を導いたと言い、バイデンの関与は彼の2020年のキャンペーンの発火点となりました。

バイデンは、いくつかの法案の側面について再考を表明し、多くのアフリカ系アメリカ人に対するその有害な影響を認めました。しかし、彼と彼の仲間は、家庭内暴力に対処するために、攻撃兵器と、地域社会の警察に資金の提供を禁止するための法律の条項を依然として持ちこたえています。

以上。

FOX NEWS公式記事より

WAU MEDIA翻訳者コメント:

ここまで読み進めていただいた方の貴重なお時間に心から感謝いたします。

©2021トムソン/ロイター。全著作権所有。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です