ニューズマックス

ニューズマックス「バイデンの『不法移民大量流入』政策は、民主党にとっては最大の成功」

写真は、2021年12月7日、メキシコから国境を越えてアリゾナ州ユマに入り、運河沿いを歩くベネズエラからの移民の一団 (John Moore/Getty Images)

Photo 出典元

米国時間02月10日Newsmax

「ニューズマックスはアメリカの保守派を代表するニュースとオピニオンサイトです。 1998年9月16日にクリストファー・ラディー氏によって設立され、当初より、ニューズマックス メディア社によって運営されています。一般、健康・衛生、経済全般、国際の、4つの主要セクションがあり、2010年時点で、 消費者視聴行動分析会社 ニールセン・オンラインは、 ニューズマックスは最もトラフィックの多い保守サイトであり、毎月約400万のユニークビジターがいると述べています(詳細)」

by デロイ・マードック
Deroy Murdock
デロイ・マードックは、ニューヨーク、マンハッタンを拠点とするフォックス・ニュースの寄稿者であり、ナショナル・レビュー・オンラインの寄稿編集者でもあります。また、スタンフォード大学フーバー研究所(戦争・革命・平和)のメディアフェローでもあります。

日本語解説:WAU

「バイデンの『不法移民大量流入』政策は、民主党にとっては最大の成功」

デロイ・マードック氏によると、 ジョー・バイデン大統領のノーボーダー政策は、南部の「辺境」での不法入国者の逮捕と逃亡を爆発的に増加させました。

何百万人ものアメリカ人は、これをバイデン大統領の最大の失敗の一つと考えており、アフガニスタンからの撤退という大失敗に次ぐものだと考えています。

しかし、この大失敗はバイデンの最高の時間でもあります。

就任から11ヶ月後、バイデン政権下での「国境」は機能的には消滅していないものの、広く開かれたままです。

不法滞在者が次々と入国し、2021年2月1日から12月31日までの間、つまりバイデンの監視下で、税関・国境警備局は南部の「国境」で記録的な195万6596人の不法入国者を逮捕しましたが、ドナルド・J・トランプ大統領時代の1年前には51万1192人だったので、283%も増加しました。

バイデンは不法入国者に無料の交通機関チケットを与え、アメリカ内陸部の奥深くまで連れて行くバスに乗せるのです。

テキサス州ブラウンズビルの不法滞在者には、空港までのタクシー代を無料にして、アトランタやヒューストンなどの内陸都市に飛んで行かせます。

また、独身男性を含む不法滞在者は、ニューヨークのウェストチェスター空港などに閉館後に着陸する秘密の夜行便に乗り込んでいます。

まるで「サタデー・ナイト・ライブ」のブラックユーモアのように、書類を持たない不法滞在者は、逮捕状を身分証明書として航空機に乗り込むことができるです。

具体的には、ICE Form I-200 – Warrant for Arrest of Alienと言う書類です。

そしてこれらは、米国税関・国境警備局が傍受した不法入国者にすぎません。バイデンは推定50万人の「逃亡者」を米国内に逃がしてあげたのです。

彼らがどこにいるのか誰も知りません。

バイデンには、この急速に悪化する混乱を改善するための丸一年がありましたが、彼は何の手も打たなかったのです。

1年間何もしなかったのだから、これがバイデンの望みだと結論づけざるを得ないわけです。

しかし、なぜ?

なぜバイデンは米国とメキシコの境界線を故意に消し去り、何百万人もの不法入国者を米国へ吸引するのでしょうか?

私は、開かれた「国境」は、未来のアメリカの民主党員を最大限に取り込むためのものだと考えています。

バイデンとその仲間たちは、これらの人々を潜在的な有権者と見なし、その過半数が民主党員になると考えているのです。

米国政府機関である移民問題研究センターの政策研究部長であるジェシカ・M・ヴォーン氏は、

「左派にとって、これらの政策は事実上、夢を実現したようなものです。民主党は、長い目で見れば、これらの新しい移民は、特定の議会地区に新鮮な移民を供給するだけでなく、忠実な民主党の有権者になると考えています」

と言います。

ジェシカ・M・ヴォーン氏

Photo 出典元

アメリカ民主社会主義協会の名誉会長であるサービス従業員国際労組のエリセオ・メディナ氏も同意見のようです。

彼は、移民の流入により、

「民主党は選挙期間だけではなく、長期的に政権を担う連合体を作ることができる」

と述べています。

ヒラリー・クリントンの元コミュニケーション・ディレクターであるジェニファー・パルミエリは、不法滞在者で基盤を拡大しようとする民主党の悪巧みをほのめかしました。

彼女は、80万人の(若年移民に対する国外強制退去の延期措置法:DAC)の被指名者(親に不法に引きずられて米国に入国した者)を、

「民主党が将来的に選挙で成功するための重要な要素」

と呼んでいます。

パルミエリ氏は、2018年、経済・社会問題に関してリベラルな視点を提示する公共政策研究・提言団体のセンター・フォー・アメリカン・プログレスのメモの中で、このいわゆる「ドリーマーズ」について書いており、

「もし民主党の政治家がこの集団を擁護しなければ、ラテン系住民が彼らを真の味方にできず、結果的に重要な選挙を辞退してしまうリスクがある」

と付け加えています。

ジェニファー・パルミエリ氏

Photo 出典元

民主党の本音は、テキサス州選出のダン・クレンショー議員(共和党)が提出した法案への反応にも表れています。

この法案は、

「不法移民の投票権を認めることは、選挙権の価値を下げ、米国市民の投票力を低下させるという議会の見解」

を宣言したものです。

これに対し、故ジョン・ルイス下院議員(共和党)はこう答えました。

「我々は、政治的プロセスを開放し、すべての人々を受け入れる準備ができている」

共和党の動議は、2019年3月8日に民主党が支配する下院で、民主党は227対6という圧倒的な数で、不法滞在者に投票用紙を渡すことを決めました。

191対1で、共和党は満場一致で(ミシガン州のジャスティン・アマッシュを除いて)、米国市民に投票権を留保することを選んだのです。

もし、バイデン氏の「投票権法案」が可決されれば(神に誓って)、連邦政府が課した新しい即日登録によって、これらの人々は選挙当日に投票所に近づき、投票券を得ることになります。

職員は彼らの市民権の有無を確認する時間はないのです。

有権者証明書の発行が禁止されると、選挙管理者は、これらの人々が自分の言うとおりの人物であることを証明する書類(逮捕状でもよい)を求めることができなくなります。

また、連邦政府や郡が外国語の投票用紙を要求しているため、不法入国者が中国語、スペイン語、タガログ語(フィリピン語)、ベトナム語などで投票することも可能になります。

インフレ率の上昇、犯罪の増加、タリバンのテロリストが数十億ドルの米軍の遺品を持っていることなど、ジョー・バイデン氏の失敗は数え切れないほどあります。

しかし、アメリカの「破られた国境」と、それに伴う不法滞在者の洪水は、その中には含まれていないのです。

実際、この政策はバイデン氏にとって最も見事な成功例であることを知らなければなりません。

以上。

スポンサー広告
著名人にもご好評を頂いている入浴剤ブランド【FRO(フロー)】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。