ニューズマックス

ニューズマックス「議事堂警察、警官が共和党員をスパイしているという主張を否定」

Photo 出典元 (Getty)

米国時間02月09日Newsmax via The Associated Press

日本語解説:WAU

「議事堂警察、警官が共和党員をスパイしているという主張を否定」

記事によると、1月6日の国会議事堂での暴動から1年が経ち、下院の共和党員からの指摘で、国会議事堂警察が、政治的に動かされたスパイとして活動しているという、ますます激しい疑惑に直面していると言います。

最新の騒動は今週火曜日に発生し、テキサス州のトロイ・ネールズ議員(共和党)が、11月に議事堂警察が彼のオフィスを「違法に」調査したと非難しました。

ネールズ議員はフォックスニュースのインタビューで、民主党のナンシー・ペロシ下院議長が、

「連邦議会警察を武器にして、私を調査し、私を黙らせ、脅し、そして正直に言って、私を破壊しようとしている」

と主張しました。

トロイ・ネールズ議員

Photo 出典元

ペロシ氏は水曜日に、

「自分には連邦議会議事堂警察に対する権力はない」

と述べています。

1月6日の暴動を振り返る委員会に多くの注目が集まっている一方で、議事堂警察は、情報や運営上の失敗を修正するための静かな改革プロセスを進めていると言います。

警察は、より多くのデータを収集し、脅威に関する情報を共有し、それに基づいて行動するためのプロセスを改変しています。

二十数名の共和党員は水曜日、国会議事堂警察のトム・マンガー長官に宛てた手紙の中で、

「議員や議会スタッフに対する調査や捜査活動に関連する記録を保存するよう要求する」

と書いています。

火曜日にAP通信の取材に応じたマンガー長官は、ネールズ氏や他の人々に対するそのような調査はないと述べ、警察官が党派的な目的のために利用されているとして、

「率直に言って、私は21年以上警察署長をしていますが、政治が私の決定に影響を与えることは一度もありません。米国連邦議会議事堂警察の男性と女性が党派的な違いに引きずられているように感じています」

と付け加えています。

マンガー氏は、警察官がネールズ氏(ヒューストン郊外フォートベンド郡の元保安官)をスパイしていたことを強く否定し、そのような説を広めることは、警察官を危険にさらすことになりかねないとして、

「このように、真実ではない、公平ではない形で警官を描くことは、一般の人々の警官に対する信頼を損なうことになります。そしてそれは、この部門の男性と女性に対する冒涜である」

と同氏は述べています。

議事堂警察による公式の説明によると、

「11月20日にロングワース・ハウス・オフィス・ビルディングの議員オフィスのホールをパトロールしていた議事堂警察が、ネールズ氏のオフィスのドアが開いていることに気づき、侵入者がいないか確認するためにオフィスに入った。

侵入者はいなかったが、ホワイトボードには隣のレイバーンオフィスビルの地図が手書きで書かれており、そこには「X」のマークがついていた。ホワイトボードには 『防護服』に関するメモもあった。

警官はホワイトボードの写真を撮り、『防護服に言及した不審な書き込み』と記したレポートを提出した。2日後、警官はネールズ氏のオフィスに戻り、ホワイトボードについて彼のスタッフに話を聞いた。その後、事件は解決した」

とあります。

マンガー長官は、

「メンバーやスタッフへの調査は一切ありませんでした。翌日、私は議員に電話してこう言いました。あなたやあなたのスタッフが調査を受けたことはありません。誰もあなたのオフィスに侵入して何かを妨害していないか確認しただけですと言いました」

と述べています。

ネールズ氏が火曜日にAP通信に語ったところによると、ロングワースの製氷機が使えなかったため、スタッフがインターンにレイバーンの製氷機の場所を示すために地図を描いたとのことです。また、ネールズ氏のオフィスでは、法執行機関のための防護服の入手に関する法案を作成していたと言います。

ネールズ氏は、オフィスに入るべきでない人がいないかどうかを確認するために、警官がオフィスに入る法的権利があったことを認めており、

「私はマンガー長官にはっきりと言いました。私は警官が私のオフィスに入る法的権限を疑ったことはありません」

と言ったものの、警官はホワイトボードを見るべきではなかったと述べ、マンガー長官に写真の公開を求めました。

「彼らには私のオフィスを撮影する権限はなく、ましてや私や私のスタッフを調査する権限もありませんでした」

とその後ネールズ氏はTwitterに書き込んでいます。

多くの大都市の警察と同様に、国会議事堂警察は、法執行業務と、予算や政策を監督する選挙で選ばれた議員の要求とのバランスをとっています。

警察官の中には、民主党と共和党の両方からの政治的な要請により、より良い装備や訓練、必要なセキュリティ対策の要求が抑えられていると感じている者もいます。

議事堂警察は、ドナルド・トランプ前大統領がジョー・バイデン大統領に敗れたことを内部の議員が確認する際に、トランプ前大統領に忠誠を誓うデモ隊が議事堂に集結するという明確な警告に対処しなかったことを認めています。

その警察官は、警察の列を突破して建物に突入した何千人もの人々を阻止する準備ができないままでした。

1月6日には100人以上の警察官が負傷しました。 この暴動により、バイデン大統領の勝利宣言が数時間遅れることになりました。

それ以来、警察官は数々の脅威に対処してきました。

例えば、爆弾を持っていると言って国会議事堂の前に現れた男は、避難と数時間の睨み合いになりました。

議員や議事堂への脅威も急増しています。

昨年、国会議事堂警察は、議員に対する約9,600件の脅迫を調査しました。

2017年には4,000件以下だったのです。

連邦警察によると、警察官はソーシャル・メディアのプロフィールやその他の公開情報を利用して、イベントや会議が潜在的に危険であるかどうか、あるいは脅威をもたらすかどうかを評価するといいます。

議事堂警察は、一般教書演説のような大きなイベントや、議会事務局から特定の要請があった場合を除き、個々の議員を調査したり、出席者や議員、スタッフの犯罪歴を調べたりすることはないと述べています。

「私たちは人々をスパイしているわけではありません。スタッフのスパイでもありません。会う人の身元調査をしているわけでもない。そのようなことは一切していません」

とマンガー長官は主張しています。

以上。

スポンサー広告
裁断、組み立て、縫製に至るまですべてが日本国内で行われている
こだわりの革小物を取りそろえるバンビ公式オンラインストア【BAMBI Craft】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。