ニューズマックス

ニューズマックス「中国、台湾問題でリトアニアとの関係を縮小」EU執行部は、中国からの持続的な強圧的措置に直面しているリトアニアを支持

Photo 出典元

米国時間11月21日Newsmaxvia Thomson/Reuters.

日本語解説:WAU

「中国、台湾問題でリトアニアとの関係を縮小」EU執行部は、中国からの持続的な強圧的措置に直面しているリトアニアを支」

中国は21日、リトアニアとの外交関係を格下げしました。

記事によると、中国は台湾がリトアニアに事実上の大使館を開設したことで、バルト三国に対する強い不満を表明し、ワシントンに吸い寄せられるようにこの問題をエスカレートさせました。

中国は、すでに民主的に統治されている台湾を自国の領土と見なしており、非公式なものであっても台湾との関係を縮小または断絶するよう各国に圧力をかけています。

リトアニアは、中国の動きに遺憾の意を示しつつも、北京の「一つの中国」政策を尊重しつつ、台湾との協力関係を拡大する権利を擁護し、外務大臣がワシントンに行って貿易・投資プロジェクトについて協議すると述べています。

一方、台湾は、中国の核搭載可能なH-6爆撃機2機が日曜日に島の南部を飛行したと報告し、台北に圧力をかけるための中国による軍事的嫌がらせと見なしているパターンの一つです。

北京は今夏、中国と正式な関係を持つリトアニアに対し、台湾の名前を使った同国での事務所開設を認めたことで、すでに怒りをあらわにし、8月に中国大使を召還しています。

欧米にある他の台湾事務所では、「台北」という都市名を使用しており、台湾そのものへの言及は避けていましたが、リトアニアの「台湾代表事務所」は、木曜日にようやく開設されました。

中国外務省は、リトアニアが中国の「厳粛な姿勢」「国際関係の基本的な規範」を無視しているとし、中国との関係を、大使より一段階下の特使レベルに格下げすると発表し、次のような声明を出しています。、

「この措置は中国の主権と領土保全を損ない、中国の内政に大きく干渉したもので、国際的に悪い前例を作るものだ。リトアニア側には、すぐに過ちを正し、国家主権と領土保全を守るという中国国民の固い決意と断固とした覚悟を過小評価しないよう求める。台湾が何をしようと、台湾が中国の一部であるという事実を変えることはできない」

ワシントン訪問

リトアニアのイングリダ・シモニーテ首相は日曜日、正式な外交的地位を持たない駐在員事務所の開設は、誰にとっても驚きではなかったはずだとし、次のように述べています。

「我々の政府のプログラムでは、リトアニアは台湾との経済的、文化的、科学的な関係をより強化したいと考えている。私が強調したいのは、このステップが『一つの中国』政策との対立や不一致を意味するものではないということです」

イングリダ・シモニーテ首相

Photo 出典元

EUリトアニアの大隣国であるポーランドの首相は日曜日、シモニーテ首相の取った姿勢を支持すると述べ、EU委員会のスポークスマンは次のようにと述べています。

「夏以降、EU執行部は、中国からの持続的な強圧的措置に直面しているリトアニアを支持している」

台湾は、自分たちは公式名称である中華民国という独立国であり、中華人民共和国が自分たちを支配したことはなく、自分たちを代弁する権利はないとしています。

台湾の大陸問題委員会は、中国の内政問題ではなく、純粋に台湾とリトアニアの問題であるものに、北京がコメントする権利はないとし、中国の「無礼と傲慢」を非難した上で、中国の軍事的・外交的圧力に対して、特に米国とその同盟国の一部から国際的な支持が高まっていることに心を動かされています。

米国のウズラ・ゼーヤ国務次官は金曜日、ヴィリニュスで行われた記者会見で次のように述べています。

「リトアニアと台湾の関係に他国が干渉しようとすることを拒否する」

リトアニアのガブリエル・ランズベルギス外相は、火曜日にワシントンに行き、米国市場のリトアニア製品への開放と共同投資プロジェクトの開発について話し合う予定であると、同外相は日曜日に声明を発表しました。

ランズベルギス氏は、ホセ・W・フェルナンデス米国務次官(経済成長・エネルギー・環境担当)と会い、「互恵的な経済関係を拡大・深化させる可能性について議論する」としています。

ワシントンは、中国の圧力に耐えるための支援をリトアニアに提供し、リトアニアは今週水曜日に米国輸出入銀行と6億ドルの輸出信用契約を締結する予定です。

台湾と正式に外交関係を結んでいるのは15カ国のみですが、今月末に行われるホンジュラス大統領選挙では、主要野党が支持する候補者が世論調査でリードしていることから、台北は新たな同盟国を北京に奪われる可能性があります。

当選した場合、シオマラ・カストロ氏は中国との公式な関係を築くことを誓っています。

シオマラ・カストロ氏

Photo 出典元

以上。

スポンサー広告
コミコミ価格!1万円から新車に乗れる!【カーリース館】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です